1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-01-08 00:04:35

肺と柔軟体操

テーマ:サッカー
年末以来、2週間ぶりぐらいにサッカーしたら肺が苦しかった。
いつもより運動量は少ないが、肺の酸素摂取量が少ない感じ。
息が切れやすいというか。
やる前にちょっと柔軟体操をしたら、伸びがかなり悪いし。
でも、伸びてる感じが気持ちよかった。
正月は初詣に行った以外はほとんど動いてないから、それもしょうがない。
明日は試合だけど、体力が持つかどうかが心配。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-23 00:56:45

PITAPAキャラクター

テーマ:サッカー
大阪の地下鉄を利用していると、至る所に現れる、たぬきみたいなのが気になる。
実は以前から、何となくその存在は知っていたのだけれども、どこにでも目に付いて、じっくり見る前から食傷気味だった。
でも、電車の中の広告で、「な!」って言ってるこいつを見て、その意味がわからなくて、気に入った。
「な!」って何だよ!
何が「な!」だよ!
その顔、怒ってるのか笑ってるのかわからんよ。
その他にもたくさんのバリエーションがある。
こいつはたぶん、何もわかっていないのだろう。
頭が悪そう。
なんか好き。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-16 01:00:33

末期のかさぶた

テーマ:サッカー

どうも右肘の上あたりが痒いと思ったら、かさぶたがはがれようとしている。
先週ぐらいにサッカーでこけた時に擦りむいた傷だ。
かなり手をひねらなければ、見にくい場所だった。
血が出ていたが、その時は大した傷ではないだろうと放置した。
しばらくして服の生地が擦れると痛いので、もう一度手をひねって見てみると、意外に深い傷だったのか、傷がなかなか固まらないようだった。
それでも治りかけていたので、放置を続け、今日に至ったというわけだ。


それにしても、明日は夜にサッカーをする予定だが、そのことを考えるだけで寒気がする。

明日は満月らしいので、晴れるとかなり明るいだろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-05 00:36:10

試合中止

テーマ:サッカー
今日はサッカーの試合があるはずだったのだが、雨のために中止になった。
今回対戦するチームは、以前に負けた「ユニフォームのないチーム」だった。
下手だという話は聞いているが、勝たないうちは負け惜しみのままである。
それにしても残念。
前回も雨で中止。
年内決着は無理だろうか。
今年は忘年会前の試合日だけだ。
昨日の練習でも、結構体のキレ、よかったんだけどなー。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-12-04 02:36:27

ガンバ大阪、優勝おめでとう!

テーマ:サッカー

今日は、長居競技場で、セレッソ大阪対FC東京戦を観戦した。
特別にセレッソが好きだったわけではなく、どちらかと言えばガンバの方が好きなのだが、サッカー好きとしては、優勝が決まるほどの試合のチケットが手に入って行かない訳はない。
優勝争いに絡みだした最近は特に、ガンバの試合をテレビで好んで見ており、ガンバに関して少しはわかるようになった。
例えば、今年は大黒が日本代表でブレイクし、私自身も彼をかなり推したものだが、リーグ戦を見ていると、ポストやパスの選択に難があることがわかり、代表で90分通じて使うのは厳しいかもしれないといったことはわかった。
もちろん、スペースへの動きは熱心に行うし、よい特徴はたくさんあるのだが。
ただ、フェルナンジーニョはアラウージョをパス先に選択することがほとんどで、大黒の動きはなかなか報われないなというところもある。
話は脱線したが、それにしても、ガンバの熱心なサポーターからすれば、ただテレビだけの俄かファンもはなはだしい。
自分自身、阪神やロッテの俄かサポーターぶりには、若干覚めてみていたくせに、こうして俄かファンが誕生するのかと、身をもってわかった次第なのだ。
今日の試合はもちろん、セレッソ大阪を応援した。
大阪にJリーグに優勝を持ち帰るためには、セレッソが一番近いところにいたことは確かだからだ。
ガンバには悪いが、ここ数試合を見ていると、勝てるかどうかは期待半分で、それよりも鹿島や浦和などの関東勢に優勝をさらわれるのは、もうたくさんなのだった。
優勝を狙うチームの中で、特に浦和は得失点差の上で有利な立場にあり、セレッソとガンバが引き分け以下ならば優勝できた。
もちろん、心の中では、ガンバが勝っていればとの思いはあったが、どうしてもそれを信じることができず、それよりも、他の関東チームが優勝をかっさらうのを恐れるばかりからのことであった。
セレッソの試合は一進一退だったが、後半も44分まで2対1で、もはやセレッソの優勝はカウントダウンの状態であった。
しかし、そこは1点が重いようで軽くもあるサッカーだった。
セレッソは勝利を目前にしながら、あっさりと同点ゴールを許してしまう。
どんなにきれいな形で相手を翻弄して得点しても、あるいはどんな偶然で得点しても、1点は1点。
今日の今野の同点ゴールはよいゴールだったけれども、セレッソは1点を守ることができなかった。
1点とは重いようで軽く、やっぱり重い。
隣にいた奴はtotoでこの試合を引き分けと予想して喜んでいた非国民な奴だった。
この同点ゴールに喜んでいやがるのがかなり鬱陶しい。
そして引き分けのまま試合は終了。
セレッソは、勝てば問題なく優勝であったが、引き分けだと勝ち点で並ばれた時に、得失点差が比較して少ないので、優勝はなくなってしまう立場であった。
試合が終わった選手たちは、泣いている者もいた。
他会場の結果はまだわからないのだが、引き分けでは優勝はほとんどないことを知っているからだった。
他会場の試合の結果を私も固唾を飲んで見守っていた。
ガンバが勝っていれば優勝だからだ。
アナウンスが流れて、他会場の結果が電光掲示板に示された。
ガンバは川崎フロンターレに4対2で勝っていた。
鹿島も浦和も千葉も勝っていた。
それぞれが優勝を目指して最善を尽くした結果であった。
ただ、セレッソは引き分けた。
今日の試合も含めて十何戦か負けなしであったが、今日の引き分けは負けを意味した。
ガンバは優勝するにふさわしいチームだった。
世界的な趨勢を見ても、攻撃的だと言われるチームが目立っている。
バルセロナしかり、チェルシーしかり。
もちろん守備の重要性は、1点が重いサッカーの特性上攻撃以上なのであるが、一時期目だった守備偏重の戦術はサッカーのおもしろさを奪うものでもあった。
ガンバの優勝もその流れにあるものとして位置づけることができる。
優勝おめでとう!

gamba

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-20 01:58:58

今日になって書けたこと

テーマ:サッカー
昨日はサッカーをした。
少し寒いぐらいだけど、動くのにちょうどよい。
なかなか調子がよくて、いつもよりよいプレイができた。
ただ、少し攻撃的な精神状態だったので、若干ラフプレイになるところがあった。
こんな精神状態なった原因とそれを増幅させた原因はわかっているんだけれも、止まらない時は止まらない。
しかも、ミニゲームの判定で少し言い争いまでしてしまった。
ミニゲームごときで、譲ればいいとわかっているのだが、昨日はやってしまった。
いつもはこんなことしないのに。。。
しかし、相手に怪我なんかさせたら大変である。
気をつけねば。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-14 02:02:13

少し古い話なんだけれども

テーマ:サッカー

先月Jリーグの浦和対柏の試合で、田中達也がタックルを受けた際に大怪我を負った。
最初にテレビで見たときから、右足首が普通じゃない方向に曲がっていて、一目で大変な怪我であることがわかった。
映像はしばらく続いていて、激怒する選手や、何とか冷静に事態を落ち着かせようとする選手などがわかった。
タックルをした選手は、呆然とその場に立ち尽くしており、涙を流していた。
怪我は右足の脱臼骨折ということらしいのだけれども、完治してサッカーができるようになるまでには、半月以上かかるようだ。
田中達也は日本代表級の選手であるだけに、本人や周囲はとてもつらいだろう。
彼はこの件に関して、コメントを出している。


「昨日、柏レイソルとの試合中に土屋選手との接触で怪我をしてしまい皆様にご心配をおかけしています。
怪我をした直後はショックと痛みで冷静さを欠いていましたが、時間が経つにつれ平常心を取り戻しつつあります。
これからは気持ちを切り替えて一日でも早くピッチへ戻れるようリハビリに務めていきたいと思っています。
しばらくの間、皆様の前でプレー出来なくなってしましたが、今シーズンは、まだ終わった訳ではないですし、今まで通り熱い声援をよろしくお願い致します。
そして、柏レイソルと土屋選手への誹謗中傷はおやめくださいますよう合わせてお願い致します。
我々、プロサッカー選手は常に全力でプレーし、皆様に最高のプレーをお見せすることに務めています。
その上でのアクシデントは付き物だと私も十分理解しています。
土屋選手にも昨夜、怪我については気にしないようにと伝えていますので、どうぞご理解下さい。
それが、今一番の気がかりとなっています。
最後に、必ずピッチに戻りますので、また、応援よろしくお願い致します」
オフィシャルサイトより。
浦和レッズ 田中 達也


本人はどれだけ悔しいかわからないが、プロのサッカー選手として模範的なコメント過ぎて、少し泣ける。
かつて僕もサッカーのプレイ中に、骨を折る怪我をしたことがある。
サッカーのレベルは全然違うけれども、手術前の不安や、手術の朝のこと、リハビリ、怪我の後始めて歩いたこと、走ったこと、サッカーしたことなんかを思い出した。
少し古い話なんだけれども、やはりこの怪我は他人事じゃなく、遅ればせながら今日書かせてもらった。
彼の一刻も早い回復を願う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-22 02:12:58

困った出来事

テーマ:サッカー
最近、サッカーする公園に先客がいて今日は11時ごろまでずっとやっていた。
公園の場所取りは、花見と同じで早い者勝ちなのはわかる。
しかし、こちらも5年以上同じ場所で続けてきているし、チームは働いている人が多いためそんなに早く集まることができないことを考えると、少しは場所を譲って欲しいと思う。
こちらも、時間を割いて集まっているわけだし、少し早めに切り上げてもらうとか、サッカーが好きなもの同士、どこかでうまく妥協できないだろうか。
でも、やっぱり公園は早い者勝ちだという論理には勝てない。
困った。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-20 00:53:26

満月のトランシーバー

テーマ:サッカー

会社帰りの暗い道を歩きながら、満月を見ていた。
空気がとても澄んでいるので、眩しいぐらいに明るい。
満月を見ながら思い出すのは、いつも彼女の顔だった。
特に一緒にじっくりと眺めたわけでもないのにどうしたわけだろう。
夜空のうち、99.9%の暗闇を、0.1%の光で空を明るくするのは月だから。
もっともらしく、そんな風に彼女と月を重ねて理由を考えたが、それは嘘で、実はこんな風に考えているからだ。
遠い場所で同じ時刻に彼女も月を見ていたら、月をトランシーバーにして僕らはぴったりつながっているかも知れない。
この瞬間に電話もしなければ、メールもしない。
明日に時々「昨日、満月だった」と言うだけだ。
晴れが続く日は三日ぐらいはおおよそ満月だと言ってもいいので、彼女とぴったりつながっている日も三日はある。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-16 01:17:12

くそう

テーマ:サッカー
先週は雨で、昨日は仕事と雨でサッカーできなかった。
こんなにしてないのは久しぶりだ。
やはり好きなことを抑制すると、そのことへの思いは強まるようだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。