すごい冒険の話

テーマ:
夢を見たときに、おいしいものが出てきて、食べたためしがない。
夢が続いていても、場面はまったく変わっていて、さっきおいしいものを食べようとしたことだけは覚えている。
どこかの(誰かはわからないが理想的な)女の人と、キスする直前までは覚えているが、また場面は変わっている。
誰かに追いかけられるような悪い夢でも、捕まったことはない。
それより、その追いかけてきた人間と普通に話し合っている場面に切り替わることもあった。
夢の間には、とんでもない冒険がつまってるのだろう。
AD

コメント(1)