1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-07-31 02:43:41

オールナイトの月

テーマ:日常

さっき、車のCDを整理しようと外に出た。
東の低い空の方に、ごみ屑みたいな月があった。
雲に遮られているのかどうか知らないが、虫に食われたチーズみたいな顔色で、寝起きのノーメイクの女の顔みたいだった。
少しばかり暑いせいかもしれないが、油断しすぎだった。


作業を終え車から出て、もう一度月を見ると、さっきより少しはましな様子だった。
顔色は少し黄色みがかり、輪郭もまだぼんやりしていたが、さっきよりはシャープな三日月だった。
慌ててやった化粧ののりはよくないみたいだけど、これならどこに出してもなんとか大丈夫だろう。
そう言えば、月はこれからオールナイトで空を横切るんだった。
明日の朝、ぼくが起きている時間に、まだ西の空にいたら、また会おう。
でも、もうこんな時間(午前2時30分)なので、たぶん無理だと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-30 02:15:36

ちびっ子と遊ぶ

テーマ:日常

家に帰ると姪の二人組が遊びに来ていた。
ぼくが帰ってきたのがわかった様子であったが、わざと家のなかに上がらないで、じっとしていた。
すると案の定ちびっ子はそっと玄関をのぞきに来た。
そこを、ぼくが「わっ」と驚かすと、「きゃっ」っと笑って家の中に入っていた。
ぼくはその後を追って家の中に入った。


じゃんけんがしたいというので、じゃんけんを始めた。
「最初はグー」の時にぼくはわざとパーを出してみた。
「違うー」
負けたのが嫌だったのか、予定調和を乱されたのが嫌なのか、姪たちは一斉にぼくに非難の声を浴びせた。
ぼくはニコニコ笑っていた。
「最初はグー」でぼくは、足でグーを出した。
二人は喜んで、今度は足でじゃんけんをすることになった。


何の拍子かぼくと小さいほうの姪はダンスを踊っていた。
ぼくが前に行くと彼女は後ろにステップし、ぼくが後退すると彼女は前にステップを踏んだ。
ダンスの基礎などは知らないが、二人が面白がっていると、うまく息が合うものだ。
大きいほうも気づいたので、三人で輪になってぐるぐる回って踊ってみた。
手をみんなで上げたり、逆回りしたりした。
つまらないことで楽しんでくれると思いつつ、ぼくも楽しんでいる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-29 00:19:58

蝉のアーチ

テーマ:日常
通勤に使っている駅まで続く道は、木が両脇から枝を広げ、ほとんど空に覆いかぶさっている。
それが数十メートル続くので、その場所を通る時は前後左右から集中砲火を浴びるみたいに蝉の鳴き声がうるさい。
自転車を漕いでいるので、鳴き声にドップラー効果が起こり、特に暑い日は、空間が歪んでいるみたいに、音が奇妙な遠近感のリズムを持って聞こえる。
鳴き声が大きい場所ほど木陰が濃いので、自転車のスピードで空気を押しのける顔面が心地よい風を受ける。
この瞬間に、永遠に自転車をこぎ続けることができたら気持ちいいだろうと考えたことがある。
目の前に、ぼくが乗るべき電車の一本前の電車が駅を出て行くのが見えているにもかかわらずだ。
絶対に続かないことがわかっている蝉のアーチをくぐりながら永遠をふと思うのはどうした訳だろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-27 01:25:35

針の穴からスペースシャトル

テーマ:ニュース
午後11時39分にスペースシャトルが打ち上げられた。
スペースシャトルはぼくが子供のころから宇宙への憧れを象徴していた。
アニメでは流線型の宇宙船が飛び回っており、スペースシャトルがその形に一番近かった。
たぶんこの機体が宇宙を飛び回るプロトタイプになるのだと思った。
この人類の宇宙への一歩を、広い砂浜に最初に足跡をつけた瞬間みたいに興奮していた。
前回までは打ち上げの失敗や延期などがあって、今回はテレビの画面から異変が伝わってこないか注意深く見ていた。
発射直前にロケットが点火されると、信じられないほどの煙がシャトルの下部から吐き出された。
舞台作家だとしたら、この過剰な演出は賛否が分かれるに違いない。
機体はぴくりと動いたと思うと離陸を始めた。
地球からゆっくり引き剥がされるみたいに、機体は上昇した。
地球から生まれた物質の塊も、ぼくたちのように宇宙に出るのは不安なのだろうか。
機体は爆発的な煙を噴出し上昇していく。
この光景を見ているうちに、機体が燃えないほうがおかしいと思った。
重力から抜け出すという針の穴のような一点に向かって、プロジェクトは進行しているのだ。
午後1時現在、どうやら針の穴をくぐり抜け、スペースシャトルは宇宙に到達したようだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-26 02:01:02

台風が来る

テーマ:ニュース

とうとうこのシーズンがやってきた。
国土交通省リアルタイムレーダーで、ぐるぐるが見られる。
その前に、防災点検は忘れずに!


それにしても、今日のレアルマドリードとベルディの試合は盛り上がらなかったなあ。
完全に足が止まってるんだもん。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-25 01:17:36

隔週ドライブ

テーマ:日常
母が図書館で借りた本を返すために図書館まで車で行く。
本の返却期限は2週間なので、隔週に図書館までの短いドライブが恒例となっている。
ぼくもついでに借り始めたので、今となっては半分はぼくのドライブでもある。
このドライブは図書館に立ち寄るだけでは終わらない。
帰りに必ずスーパーかコーナンか、あるいはブックオフに立ち寄る。
母の生活圏を越えている場所ばかりだ。
図書館でいつもは読まない作家の小説を借りるみたいに、思い切っていつもは買わない商品を買うことも多い。
今日は見知らぬスーパーで、果汁100%の温州みかんのジュースを買った。
家に帰って、氷を入れて飲んだらおいしかった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-24 02:02:47

プロ野球オールスター観戦

テーマ:阪神タイガース

今年のオールスターは第2戦が甲子園で、チケットが手に入ったので見に行った。
実はオールスターは初めてだ。


ホームラン競争があって、福岡のズレータの打球がよく飛んでいた。
金本も1本打った。
セリーグの投手は藤本だった。
まだ明るい空を白い打球が飛んでいく。
プロの選手はほんとにすごい。


試合は最初阪神の選手が6人ぐらい出ていて、他チームの選手やファンには少し気の毒。
試合内容は安打が出るわりに、タイムリーヒットが少な目の試合だった。


それにしても、面白いのは、各球団の応援だ。
今日はぼくの二段前がロッテファンだった。
ぴょんぴょん飛んだり、手を回したり楽しそう。
フランコの時は「フランコ、オイオイ!」って叫んでいるだけなのだが、おもしろい。
でも一つ問題が。。。
立ち上がるので前が見えない。。。
いつもならロッテファンが固まってワーワー立ち上がっているのだろうが、今日みたいな色んな球団を応援する人が座っているスタンドではかなり観戦の邪魔になる。
すぐ後ろの人はほとんど見えなかっただろう。
後ろのおっちゃんは一度座れと注意したがしばらくするとまた立ち始めた。
自分たちの応援を見せるのを楽しみにしているのはわかるし、周りがほとんど立たない今日の状況は気の毒だ。
しかし、せめてロッテ選手のときだけ立ち上がって欲しかった。
楽しい応援なだけに少し残念だった。
清原の時はみんながタオルを頭の上に掲げて、長渕剛「とんぼ」を「うぉーうぉーうぉーうぉぉおおう」とやっていた。
そのタオルが阪神のものばっかりだ。
前田の時は、みんな交互に立ったり座ったりする、広島の応援を満員の外野全体がしていた。
たぶん、こんなに大勢の人にこの応援をしてもらったのは初めてなのでは。
7回裏は、やっぱり風船。
いつもの阪神の公式戦の時と変わりないぐらいすごかった。
それから、大きな近鉄の応援旗が振られていた。
かつての近鉄の応援団が来ているようだ。
去年まで普通にずっと応援していた球団が今年にはまったく消滅してしまったという異常な事態を経験した人たちだ。
小笠原の応援もよくわからんが気合が入っていた。
今日は全球フルスイングの三球三振。
めっちゃ気持ちのいい空振りだ。
かっこいい。
みんないつもはライバルの応援を真似て楽しそうなのが一番印象に残った。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-23 01:33:43

暑い暑い

テーマ:サッカー
暑いと何もしない言い訳にしたりして。
でも、サッカーだけは行くよん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-22 01:36:59

アメリカ最高裁判事

テーマ:ニュース
アメリカ最高裁判事をブッシュ大統領が指名した。
と言っても、このことについて詳しく知っているわけではなく、ニュースで聞いてへぇーと思ったことについて。
アメリカの最高裁判事は任期がなく、もう30年以上勤めている人もいるそう。
欠員が出たときにその時々の大統領が指名する。
今回は11年ぶりに退任者が出たので、大統領が指名することになった。
大統領は自らの思想信条に近い裁判官を選ぼうとするので、大統領の任期8年を越えて自らの影響力を残すことができるということ。
だから、アメリカでは非常に重要な人事になるそう。
指名前の裁判官の思想傾向はリベラル4人、中道2人、保守3人。
今回は中道派の人が退任し、保守派を人選した。
上院で採決されれば、まだ50歳の人が候補なので、30年以上保守派の人がその職務に居続ける可能性が大いにある。
時々ニュースを聞いてもわかるように、アメリカでは日本などと比べて厳格な三権分立が制度化されているので、裁判所の力も強い。
大統領の政策に影響を与えることも多々あったそうだ。
例えば1960年代の公民権運動など。
そう言えば、アメリカ大統領は世界最強の首長といわれているが、実は国内的な立場は案外弱い。
大統領に議会の解散権はなく、議会にしか法案の提出権がない(否決権はある)、議会に予算は仕切られているなど、だいたい日本の内閣にある重要な権限がない。
対外的な軍事力の行使など、行政権行使の実力が大統領の姿を国内以上のものにしているのだろう。
それにしても、アメリカの最高裁判所は、現代の元老院のようでもある。
すなわち、任期がなく、少数で、その精神の高貴さと叡智により権威と権力がある貴族制的制度だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-21 01:55:38

満月だろうか

テーマ:日常
今日は月の黄色みがくすんでいる。
深夜の月は、特に満月はいつも銀色に光っているんじゃなかったのか。
外に出てみると、ほんの少し家の中より風があり涼しい。
こうやってぼーっとしていると、いつも蚊に噛まれる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。