一目均衡論で「投資」に勝てるようになる為のブログ

誤解されがちな「一目均衡表」の使い方を、一からお教えします。
一目均衡論が利用できれば「投資で利益」を出せるようになります。


テーマ:

おはようございます。

今日は、相場の「半値戻し」と「半値押し」についての解説を行いたいと思います。

相場は、上げ相場・下げ相場・動かない相場の3つに分類されます。

動かない相場では利益は取れません。

上げ相場ならば「買う」・売り相場ならば「売る」のが当然の行動です。

しかし、上げ相場でもずっと上げているのではありません。

ある程度まで上げると「利益確定」の売りが入り下がりだします。

これを下げ相場に変わったと誤解される方が多いのですが、これはあくまでも

押しであり、本格的な下げ相場に変わったわけではありません。

チャートをご覧ください。

これは、下げ相場の戻りですが「132.733」から「122.935」まで下げた相場が「128.726」まで

戻っています。

ここを買っていく方がいますが、これは「売るところ」を探すべきとこです。

半値戻し(50%の戻り)を超えたあたりから少しずつ売り始めるのです。

そうすれば利益がでます。

しかし、なぜここが戻りだと分かるのか?

疑問を持たれる方も多いと思います。

これにはちゃんとした理由があります。

その理由とは「波動論」です。

この波動論と押し・戻しの関係で現在の相場がどのような状態なのか?

ハッキリと分かります。

次回は、波動論と押し・戻しについて解説したいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

あけましておめでとうございます。

今年最初のブログになります。

今日は、新値足について解説したいと思います。

まず、チャートをご覧にいただき解説したいと思います。

上げている箇所をご覧ください。

新値を10本切っています。

下げている箇所もご覧ください。

新値を8本切っています。

このように、新しく下げる・上げる本数には平均して決まりがあり「8本」~「10本」で

反転することが多いです。

この新値足と「基本数値」「対等数値」に加え「値幅観測論」の総合判断で天井や底を探ることが

出来ます。

仮に「113円581」が値幅観測論で導きだされた数字で、新値足が「10本」くらいまできたら

上げてる相場なら「売り」にいけます。

下げてる相場なら「買い」にいけます。

もちろん、ここに基本数値と対等数値の総合判断も必要となります。

みなさんには、この新値足の本数を常に考えるような癖をつけていただきたいです。

これだけでも、「もう新値が8本いってるから追うのは止めよう」となります。

変なところで仕掛けることが格段と減ります。

新値の数は15~18までいくときもありますが。これは相場の動きが小さいとき

または、本格的な反転の際に起きます。

これは、また時間を取って解説したいと思います。

次回は、押しとも戻しの基準になる「フィボナッチ係数」と「半値押し」「半値戻し」についての

解説をしたいと思います。

では、みなさん良いお正月をお過ごしください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。