「だます」達人になる!!

テーマ:
雨の月曜日ですね

基本はお天気が好きですが、雨の時には
死んだ父が言っていた
「良いことがふりこむ」と言う言葉を思い出します。
(晴れでも雨でも嬉しいという事ですね)

さて、いきなり

「だます」

ですが、人をだましてはいけません。

そう、自分をだますのです。
 
携帯会社のCMは、どこも力を入れていますが、

「白い犬」=「お父さん」
 
最初、「なんで犬なのに?」「家族構成が無茶だわ」と思いましたね。
 
しかし、今では何の抵抗もなく「ふーん」と見ることができるばかりか、

白い犬を見ると「あ、お父さんみたいな犬」となるほど。
 
その原因とは
 
そう
 
「なれ」です
 
「なれ」ることで、思えないことが思えるようになり、その通りにしか思えなくなったら?
 
そこを使うのが上手な人は、セルフイメージが高くなったり、行動しやすくなりますね。

イメージしてみてください
 
「自分はこれが得意だ」「誰よりも向いている」「凄いチャンス」と思えたら?

やりたい事にチャレンジしやすくなりますね。
 
いろんなことに、挑戦している人と、なかなか動かなくて、残念な時間を費やし、チャンスを逃す人の差は、こんなところから広がります。
 
自分の脳をだますのです。
 
「白い犬」=「お父さん」
 
こんなことが普通になるのですから、大抵のことは思えるようになるでしょう

その簡単な方法が、繰り返しです
 
他にも色々な方法で、自分のイメージをあげて行くことをサポートしたりもします。

先日経営者の方が「なかなか自分の理想のイメージに追いつけない」「周りの人の自分に対してのイメージの方が高く、自分が自分を低く評価している」と話した時に、
ちょっとした例えとして、「白い犬」=「お父さん」の話をしたのです。

わかりやすかった。イメージを育てる。
と、喜んでいたので、では、ブログに一部掲載して良いですか?と許可をもらい掲載しました。

さぁ、自分のイメージを高く作ってみてください。
欲張った方が良いです。と、言うか
しっかり欲張ってください。
 
「白い犬」=「お父さん」よりは、大抵のイメージは簡単なはずです。

それでも、難しい方は、
 
 
 

そこをサポートするのがコーチングでもあります

 

〜 一人では難しい方 〜

 

コーチングでサポートできますよ

 

心臓病で引退して、絶望の中、やりがいを見つけ歩き出して積み重ねてきた私だからお伝えできること

 

「心臓が悪くなったおかげで、今の私がある。ついてる。心臓が悪くなったおかげだ」

 

って、本気で思えるのです。

 

不思議ですね。

 

絶望感の中、毎日泣いて暮らしていた、あの日の私に教えてあげたい

コーチングをして、前に進むことをサポートしてあげたい

本当にそう思います

 

そんな私が、代表を務めるコーチングスクールが全国で3つ

 

GCS青山校・GCS岡山校・GCS広島校

 

大切なコーチングをお伝えする大切な場所です

 

各校で無料体験講座も実施しています

 

まずは、無料体験講座にお越しください

 

それぞれの学校のページをごらんくださいね

GCS青山校 http://www.ginza-coach.com/school/area02/aoyama.html 

GCS岡山校 http://www.ginza-coach.com/school/area06/okayama.html

GCS広島校 http://www.ginza-coach.com/school/area06/hiroshima.html 

さぁ、今週は明日から1週間東京滞在なので、愛犬ランちゃんとの散歩の時間をできるだけしっかり取ろうと思い、まだ暗いうちから散歩に行きました。
とても便利な、散歩用ライト。

ピンクを私が、黄色を愛犬ランちゃんにぶら下げてます。


今週は、金曜日に青山でのイベントがあったり、GCS青山校での無料体験講座があったり、と楽しみなイベントが盛りだくさん。
会いたい方たちとのランチ会もあり、むふふな1週間です。

と、考えるか、「忙しくて大変そうだ」と捉えるかは、本人次第と言うお話し

 

行ってきまーす

 
 
AD

自分と仲良くなる方法とは?

 

日々いろいろな方とお話しさせていただきますが、いつも思うことの一つに

「幸せ」かどうかと言うこと

 

仕事の成功や経済面のゆとり、周囲との人間関係。

 いろいろな要素がありますが、

そして今「幸せ」かどうかと言うこと

 

コーチングを通じて関わっている方に

 

「今、幸せって感じますか?」と質問すると

 

「幸せですね~」と答える方と

 

「良いことも時々あるけど、でも」と答える方もいます

 

本人の感じ方次第ですが、客観的に見ていて

「幸せって感じるでしょうね」という方と「幸せなんだ・・・」と思う環境の方がいるのも確かです

 

そして、それは客観的な状況とは比例していないこと

 

幸せだろうな、という環境の方でも、残念な部分に意識がいきすぎて幸せと感じられない方がいます

 

かなりの、荒波を越えて来られましたね、という方が「幸せですよ」と言って、努力しているところを見ます

 

繰り返しますが、客観的な環境とは比例しません

 

「本人の感じ方次第」

これだけです

 

そして、「幸せですよ」と答える方たちの特徴

 

「自分の事を大切にしていて、自分を好きでいること」

 

当たり前なのです

 

大切にするから、真面目に取り組むし、結果を出そうとします

好きだから、好きな自分のために努力できたりします

 

そして、そんな自分を認め、「頑張ったな、成長したな」と繰り返していくのです

 

これは、コーチングのお客様から、「このコーチングが自分を動き出させてくれた」とよく言っていただく

「自分との信頼関係を強化する」コーチングです

 

イメージしてみてください

 

「自分の事が大好き」

 

 、といつも思えたら幸せですよね

 

「幸せと思うから、頑張れるのか」「頑張るから、幸せなのか」どちらが先でも構いません

 

環境のせいではありません

 

感じ方のせいです

 

だから、自分と仲良くし始めるのです

仲良しな自分に優しくして下さい

自分に親切にして下しさい

仲良しな自分にご褒美あげてください

お母さんに優しくしてください

子供に優しくできるようになります

お母さんに優しくしてあげないのに

子供にだけ優しくしなさいと言わないであげてください

 

辛くなっているお母さんからお話聞きます

 

さぁ、自分と仲良くして下さい

 

 

一人では難しい方

 

コーチングでサポートできますよ

 

心臓病で引退して、絶望の中、やりがいを見つけ歩き出して積み重ねてきた私だからお伝えできること

 

「心臓が悪くなったおかげで、今の私がある。ついてる。心臓が悪くなったおかげだ」

 

って、本気で思えるのです。

 

不思議です。

 

絶望感の中、毎日泣いて暮らしていた、あの日の私に教えてあげたい

コーチングをして、前に進むことをサポートしてあげたい

本当にそう思います

 

そんな私が、代表を務めるコーチングスクールが全国で3つ

 

GCS青山校・GCS岡山校・GCS広島校

 

大切なコーチングをお伝えする大切な場所です

 

各校で無料体験講座も実施しています

 

まずは、無料体験講座にお越しください

 

それぞれの学校のページをごらんくださいね

GCS青山校 http://www.ginza-coach.com/school/area02/aoyama.html 

GCS岡山校 http://www.ginza-coach.com/school/area06/okayama.html

GCS広島校 http://www.ginza-coach.com/school/area06/hiroshima.html 

 

さぁ、自分にご褒美にチョコレート買おうかな?
 

AD

目標達成の達人たち

テーマ:

プラス思考+○○=素敵な人生(一流な方が多い)

プラス思考のみ=残念な人生(二流な方が多い)

 

いきなり、毒の強い表現なのですが本当です。

 

先日スタートしたばかりのコーチのお客様。

 

コーチは、自分のコーチングのチェックをしてもらいながらコーチを受けたり学んだりする「メンター」と言われるコーチをつけること多いのです。

 

私は、コーチの育成に力を入れていますのでメンターは出来るだけ日程調整して受け入れるようにしています。

 

(事例を、個人が特定されない範囲で、掲載してよいと言う条件で金額を抑えて契約しているコーチです。

コーチングの実例を聞きたいと言うリクエストにお答えしての、特別枠です。もう一名募集しますので興味のある方は個別メッセージくださいね)

 

 

Aさん 「失敗したら、バチが当たったのかな、と思うんです」

 

私 「ふーん、バチね。そう思うんだ」

 

Aさん はい、「やっぱり無理だったんだよね」「 分不相応だったんだわ」と諦める理由を探してがっかりしながら、ショックを小さくしようと思うんです。

 

私 「そして、その後どうなるの?」

 

Aさん 「未練があって、なかなか諦められないので、諦める理由や、しょうがない」と思う理由をたくさん見つけて諦めます。

 

私 「そうしたいの?」

 

Aさん 「いや、もうそんな自分で来て30年、変わりたいんです」だからコーチング申し込んだんです。

 

私 「なるほどね。どうなりたいの?」

 

Aさん 「諦めるの、結構辛いし、エネルギー使うんです。でも上手になってきて、怖いんです」

 

私 「上手になってきて、怖いんだ」

 

Aさん 「そうなんです、怖いんですよ」

 

私 「怖いんだね、そして、どうなりたいの?」

 

Aさん 「諦めない人になりたいんです。」

 

私 「諦めない」ね。他には?

 

Aさん 「 決めたことができる人になりたいんです」

 

私 なるほど、「決めたことができる人ね、そして?」

 

Aさん 「○○の人が前に進むサポートをしたいんです。

 

私 「決めたことができるAさんがするサポートは今と何が変わるの?」

 

Aさん 「それは、全然違いますよ。○○を見せる時にも・・・・・』

 

と、楽しい成長した姿をイメージする第一段階に入って行きました。

 

この方は、ある専門職で経験のある女性

外からは「できる人」と思われている。そのイメージと自分のギャップも辛いとの事。

 

目標を話す時に

 

「諦めない人」と言うように「○○でない人」や「緊張しないようになりたい」と言うような

「~ない」という表現する方多いです。

 

これ、バツです。

 

イメージの力を使えませんからね

 

「怒らないお母さん」→「楽しいお母さん」と言うように肯定的な表現にしましょう。

 

「緊張しないようになりたい」→「堂々とふるまいたい」と言うようにね。

 

「諦めない人」→「決めたことができる人」です

 

そして、考え方のクセを見つけます。

 

過去に嫌な思いをしたり、痛い思いをしたから、そこから立ち直る時に

 

「やっぱり無理だったんだよね」「 分不相応だったんだわ」と思って立ち直った経験があるのです。

 

一つのパターンでないといけないことはないよね。

 

決めたことができるAさんなら、何かあった時にどう考えていそう?

 

と、未来の自分の思考をイメージしていきます

 

自分でイメージするので、違和感がないのです

 

「こうしたらよいよ」と言われると考えなくてよいので楽かもしれません。

 

でも、完璧な一致は難しいでしょう

 

そして、人に言われたことと、自分で決めたこと。

 

どちらが、実行できるか過去の自分に聞いてみてください

 

なりたいイメージを作り、実践していく。

 

そうすることで、早くなりたい自分にたどり着けますよ。

 

しかも、楽しみながらね。

 

この方も、楽しみながら進み始めましたよ。

 

自分の行動に、ブレーキをかけるのは、自分であることが大きいです。_

 

感情が、時間が、年齢が、お金が・・・・・

 

たくさんの、諦める理由を見つける事が上手になると、動けなくなります

 

そのエネルギーを、進む力に使えたら?

 

そのお手伝いがコーチングでできます

 

さぁ、イメージしてみてください

 

「これ、得意だ」「できそう」「すごいやりたい」と、思えたら。

 

可能性はグンと広がりますね。

 

さぁ、今日は雪の中移動しています。

 

寒い~、健康に動ける自分に感謝~。

さぁ、自分の考えを味方につけます

自分が「できる」「やりたい」「得意」と思えたら、無敵です。

 

そして、思うだけではダメ。

 

惜しい人は

考えは変わりますが、行動がぶれるので結果に結びついていません

 

いつもいつも、さぁ、やります

 

と、前向きな表現をしながら結果がでkていない方、進んでいない人は要注意

 

前向きな思考に「行動」がプラスされて初めて結果が出るのです。

 

そこをサポートするのがコーチングでもあります

 

 

〜 一人では難しい方 〜

 

コーチングでサポートできますよ

 

心臓病で引退して、絶望の中、やりがいを見つけ歩き出して積み重ねてきた私だからお伝えできること

 

「心臓が悪くなったおかげで、今の私がある。ついてる。心臓が悪くなったおかげだ」

 

って、本気で思えるのです。

 

くふふ、不思議です。

 

絶望感の中、毎日泣いて暮らしていた、あの日の私に教えてあげたい

コーチングをして、前に進むことをサポートしてあげたい

本当にそう思います

 

そんな私が、代表を務めるコーチングスクールが全国で3つ

 

GCS青山校・GCS岡山校・GCS広島校

 

大切なコーチングをお伝えする大切な場所です

 

各校で無料体験講座も実施しています

 

まずは、無料体験講座にお越しください

 

それぞれの学校のページをごらんくださいね

GCS青山校 http://www.ginza-coach.com/school/area02/aoyama.html 

GCS岡山校 http://www.ginza-coach.com/school/area06/okayama.html

GCS広島校 http://www.ginza-coach.com/school/area06/hiroshima.html 

 

AD

辛いことは必ずプラスになるという事

 

今日は

ちょっとご縁のあるアスリートの関係者と話をしました。

 

今、負傷していて

 

とても、辛い

 

本人も、サポートする周りの人も

 

そう、みんな辛い

 

でも、まぁ

どうやっても一番辛いのは本人

 

そして、いざ勝負がかかった時の決断とは?

 

「アイリコーチは怪我した時の判断は?」と聞かれた時

 

「良くない無茶な判断」をしていますね

 

一般的にはね

 

しかし、後悔はしていないのです

 

 

18歳以下の世界大会にブラジルへアジアチャンピオンとして出場し、準決勝で負けてしまい、3位決定戦に回りました。

「何としてもメダルを」と言う勝負のかかった試合の2日前。

今思い出しても腹がたつ、控え選手だったOさんがネット下から飛び出してきて、その足の上に着地してしまった私は、左足首の靭帯断裂しました。

彼女は練習中に結構飛び出すことが多くよく注意されていましたので、余計に腹がたつのです。(その話はまたいつか・・・)

 

すったもんだの末、2日後の3位決定戦レギュラーとしてフル出場しました。

、靭帯の切れた足で移動攻撃(片足で踏み切るスパイク)をやらされました。

 ありえない

 

おいおい、私の選手生命に影響しまくるじゃん

 

と、今は思います

 

おかげで、疲れてくると足首の動きが悪く、つま先が上がらなくて、何もないところに躓いたりします(歳のせいかも?)

 

日々、自宅でのタオルギャザーは欠かせません(タオルギャザーとは、足の指を使ってタオルを寄せ寄せするリハビリメニュー)

 

 

そして、後悔していないこと

 

私の周りのスタッフは、「いけます」と言うと出場させてくれました。

 

出場しない方が、体のためには絶対に良かったはず

 

でも、あの時、精一杯やっていた私には

 

「やらない」選択肢はありませんでした

 

そして、「あんな事があってもできた」、本気でやれば大抵のことはなんとかなる

 

と、感じさせてくれました

 

辛い経験、嫌です

 

そしてね、乗り越えると、それは、大きな財産になること

 

お勧めはしませんが、そこまでかけてやったということ

 

「やるかやらないか」の判断、難しいです

 

そして、やりたいことはなんとかしてやったほうが良いこと

 

「やった後悔」「やらなかった後悔」全く違います

 

「やった後悔は小さくできます」

「やらなかった後悔は大きくなります」

 

これは、よくプロ選手が話すことです

 

限られた選手としての時間。普通ではない判断が求められます。

 

自分で決めること。自分で責任を取ること。自分で背負うこと。

 

たくさんの事を加味して判断します

 

まぁ、才能溢れる、180cmくらいある大型選手なら次のチャンスに備えて「大事を取る」と言う

選択肢もあったのでしょうね

 

170cmでちびっことして入っていた私には目の前のチャンスを逃すわけには行かなかった事も大きく影響しているでしょうね

 

どこまでも、真剣に真摯に取り組む経験尊いです

 

辛いことは必ずプラスになるという事

起こったことは起こったこと

それを、良かったことに育てることができます

 

辛い経験が、次の困難の時に自分に力を与えてくれます

 

さぁ、辛いことがある方

 

なんとかなります

 

厳密に言うと、

 「なんとかなった」と感じるように物事を育てるのです。

 

一人では難しい方

 

コーチングでサポートできますよ

 

心臓病で引退して、絶望の中、やりがいを見つけ歩き出して積み重ねてきた私だからお伝えできること

 

「心臓が悪くなったおかげで、今の私がある。ついてる。心臓が悪くなったおかげだ」

 

って、本気で思えるのです。

 

くふふ、不思議です。

 

絶望感の中、毎日泣いて暮らしていた、あの日の私に教えてあげたい

コーチングをして、前に進むことをサポートしてあげたい

本当にそう思います

 

そんな私が、代表を務めるコーチングスクールが全国で3つ

 

GCS青山校・GCS岡山校・GCS広島校

 

大切なコーチングをお伝えする大切な場所です

 

各校で無料体験講座も実施しています

 

まずは、無料体験講座にお越しください

 

それぞれの学校のページをごらんくださいね

GCS青山校 http://www.ginza-coach.com/school/area02/aoyama.html 

GCS岡山校 http://www.ginza-coach.com/school/area06/okayama.html

GCS広島校 http://www.ginza-coach.com/school/area06/hiroshima.html 

 

さぁ、今日は、母の誕生日です。

 

いつもサポートしてもらっていますので、美味しいものを食べにお出かけします。

 

 

自分のモチベーションをコントロールできたら?

私は、コーチなのでいろいろな分野のお客様と話をします。

共通の課題に、「モチベーションのコントロール」があります。
 
イメージしてみて下さい。

「すごく、得意なことだ」
「これは、自分に向いている」
 
そんな風に思えたら、チャレンジしやすかったり、やる気になりますよね。

しかし、きちんとした根拠で

「すごく、得意なことだ」
「これは、自分に向いている」
 
と、感じていることはごくわずか。

何ができて、どう実績があって、誰の何に比べて得意なのか?

実は、非常にあいまい
 
 
私のお客様のプロスポーツ選手が

「すごい、むいている。自分はこれが得意だ」と思ってやってきたら
プロに入ってから

「あれ、勘違いだった。でも、もうやるしかない」って思ったんだよね。
 
と、笑いながら話してくれた方がいます。

これは、実はよくあること。

もちろん、それからは人よりもずっと努力したのですよ。

でもね、その前の、
 
「やってみよう」「頑張ろう」とモチベーションを上げられて、頑張り続けられたことは?
 
そう
 
「勘違い」
 
良いのです、勘違い。
大歓迎
 
そんな風に、自分が頑張りたいことに
 
「私は、向いている」

と、勘違いして頑張れたら?
 
もっと、沢山のことにチャレンジできるかもしれませんね
 
そんな風に、自分に対しての思いをコントロールできるようになるのも

コーチングの嬉しい効果。
 
さぁ、そんな思いで

「広島校」「岡山校」に次いで、「青山校」開校します。
 
東京青山の、銀座線外苑前駅から徒歩3分の抜群の立地で、コーチングを学びませんか?

今月のゲストは
 
スポーツつながりで

「元全日本バレーボール選手の益子直美さん」テレビでもご活躍。
 
2月24日金曜日19時から
青山校オープニングイベントとして、コラボセミナーをします。

詳細は↓

青山校オープニングイベント
益子直美、末国愛里
元全日本バレーボール選手2人による
共創オープンセミナー
2/24(金)19-21時 参加費3千円
http://www.entrelect.co.jp/other/openseminar170224.html
 
人数の制限がありますので、参加希望の方はお早めに

また、青山校でコーチングを学びませんか?
こちらも、すでにお申し込みいただいています。
講師は、特別なキャリアのある講師ばかり

GCSコーチングスクール青山校のホームページも御覧ください。
(無料体験講座のお申し込みも受付中)
 
さぁ、私も自分にコーチングします。
(セルフコーチングって、ものです)

自分の人生、楽しい時間を増やしましょう
結果を出さなければ意味がないのですよ
 
 
 
 

目標達成

テーマ:
目標達成
嬉しくって、ワクワクする


そう、目標は達成するためにある

そのために、いろいろな準備をして、挑戦する
苦労って、報われるとその瞬間に苦労ではなく、「必要なこと」「良い経験」になる

そう、その瞬間が好き



なんだか、ポエムのようになってしまいましたが・・・

昨年「青山でコーチングスクールを運営する」と、目標を立てました
いろいろな人に相談して、アドバイスをもらって、準備しました
いろんなことをアドバイスしてくれる仲間、手伝ってくれる仲間
沢山の信頼出来る仲間がいること自体がとても幸せ

そして、2月1日
GCS青山校オープンしました。
青山校ホームページご覧ください
http://www.ginza-coach.com/school/area02/aoyama.html

先日、クライアントと話をしているときに
「アイリコーチはできなかったらどうしよう?って思ったらどう気持ちを整理しますか?」と質問された。
すごくすごく考えてみたが、答えが出ない。
「できなかったらどうしよう?」・・・考えないなぁ

本当にやると決めたら必ずやります
だから、「できなかったらどうしよう」なんて思いません。

すぐに出来るかどうか?とか、締め切りに間に合うかどうか?
は、考えますよ。

そのもの自体を「できなかったらどうしよう」とは思いません。
できるまでやるから。

簡単な話

しぶといのです
諦めないとも言います


もう少し進んだら出来るかも、もう少ししたら何かがつかめるかも?

そんな、少しの成長を積み重ねたら、必ず辿り着けることを知っていますから

これは、自分との信頼関係

その物事ができる自信はありません。
しかし、諦めない自信はあるのです。


と、言うことは、いやでもいつかできるでしょう。
簡単なことです

いつもお伝えしますが、気持ちにも筋肉があるのです

一度には鍛えられません
筋トレを繰り返すように、気持ちもトレーニングを重ねるのです。

鍛えすぎたり、酷使すると、肉離れや、疲労骨折しますよ。


すこし、今の位置から背伸びしなければいけない位を繰り返すのです

気持ちの筋トレしましょう

私の腹筋は鍛えられていません。てへへ




バドミントンの選手がオリンピック出場を見送りになりました。

なんてこと・・・

どれだけ努力してきたことか・・・

はっきり言って、悪いことしたのですから、本人が悪いです。

判断が甘かったのです。危機管理能力、一般常識が足りない。

その通り、いわれても仕方ないです。

でもね、

いろいろと納得がいかないのですよ。

まず、バドミントン協会。

人気が出たり、メディアの露出度が増えると、ほいほいと利用し、前面に出し集客や収益につなげていたくせに、処分を下す方にさっさと入って。

協会には責任はないのか?
筋力が弱い選手には、筋トレの予算を組んで強化させるでしょう。
常識的な判断をする能力が弱かったのだよ。
なぜ、強化しなかったのだろう。
20そこらの、青年です。
責任はあるけれども、他のことを一切切り捨て、がむしゃらにやった結果、
スポーツの能力を磨き上げた代わりに、
一般的な判断や、処世術を身につけることが遅れたのだと思う。
だったら、協会が指導するべきではなかったのか?
しかも、あんな晒し者にして、会見をさせる必要があったのか?
処分を発表する事で十分だったはず。

また、悪いことをして、儲けようとする人たちに狙われたので、被害者でもある。
あえて、偏っていることを認めて書くが、彼らは被害者でもある。

詐欺にあったようなものでもあると思う。
野球賭博もしかり。

百戦錬磨の、なくすもののない詐欺師が、狙っているのである。
一般的な判断の甘い、世間をよく知らない金銭的に余裕のある若者を。

ひっかかるわ、そりゃ。

おれおれ詐欺にかかれば、全くの被害者だが、
彼らは犯罪者扱い。いや、犯罪者となった。
彼らの受けた制裁は重すぎると思う。

おまけに、みんな借金って。搾り取られているじゃない。

勝っていたらもっと叩かれたんでしょうか?
賞金を巻き上げられ、騒動に巻き込まれ、こんな制裁をうけ。踏んだり蹴ったりである。

儲けていたら悪くて、搾り取られていたら悪くない。
なんて、論点をずらす気はさらさらない。

何度も書くが、悪いのは、判断が甘かった本人たちである。

しかし、出場禁止や登録抹消。
そして、これからどうしろと?

いろんな協会が、悪いことした、汚い大人達を海外に飛ばし、海外のチームで監督をさせ、ほとぼりが冷めた頃に帰ってこさせるなんて事をたくさん見ましたよ。

選手に不適切な行為をした、犯罪者を。

全く、彼らの罪とは比べものにならんわ。

被害者がいないからね。

今回、協会はそこから先、どう行動すると良いのか指し示すことができるのだろうか?

例えば、友好的な国に、修行に行かせて、バドミントン漬けにすれば良い。
ハングリー精神と、チャンスをもらったことに感謝し、きっと数段成長するだろう。
なにか、チャンスをあげて欲しいと思う。

大きな失敗をしたけれども、大きな努力もしてきたのである。

一度も、悪いことしたことのない人で、世界ランク2位になったくらいの実績のある人だけ避難してもよろしい。

と、思う。

スポーツ選手や、知名度が高い人が何かやった時の対応は厳しい。

社会的に与える影響や責任があるのはよくわかっている。

しかし、あえて、かくならば、チャンスをあげて欲しい。

特に彼らのファンではなかったが、今回の対応は厳しいと思う。

協会が責任とって、面倒を見てあげて欲しいと思う。

すっきりしない、件である。
久々に熱いブログを書きますよ。

久し振りのアスリートと話をして、思い出しましたので。

今から数十年前、(本当に数十年前だからびっくりするわにひひ)私が全日本チームに入って間もない頃。

どこの国かも忘れましたが、治安の良い国の時は朝一人でランニングしたりもします。

前日の移動のスケジュールがありえない位に厳しく結構クタクタでしたが、「これはチャンス、さすがに
今日はランニングする人はいないだろう」と思い、疲れた体に鞭打ってランニングに出かけました。

「誰もやっていない日に、こんな睡眠時間が満足に取れないようなスケジュールの時にやれば他の人に差をつけられる~」と一人ニヤニヤしながら走りました。

小気味よく走り、少し汗ばみ、「あぁー私は頑張ってる~」と完全に自己満足で短いダッシュを何本かして、「さぁ、人に見られないように帰ろう。努力は見せるものじゃないからね」くふふ。

と、ホテルに向かって軽く走りながら帰りました。

すると、反対側から汗だくで走ってくる人が。

当時、レギュラーとして活躍して、もう既にベテランの域に達していたにも拘わらす
「吉原知子選手」が走って来ました。

しかも、短い髪の毛の耳の横のもみあげ?のところから汗の粒が垂れるような状態。

自分を追い込み真剣に走っていたのでしょう。

浮かれていた自分が恥ずかしくて、吉原さんが眩しくて眩しくて。

私に気がついてトモさん(吉原選手はトモさんと呼ばれていました)が
「あいりーあいりも走ってたの?。ごめんね私あいりって努力とかしない選手だと思ってた」

みたいなことを話しかけてきてくれました。
いつもの私は

「そうですよ、努力なんかしませんよ。つらいこととか頑張らないです」と精一杯の強がりで見栄をはるのですが、

真剣に、まっすぐ努力する人に嘘はつけません。

「はい、本当は努力してここまで上がってきました。ただ、努力は見せないように、いつもはかっこつけて見栄はって自分を奮い立たせています」と正直な話をしました。

「そうなんだ、わかった、あいり応援する」と笑ってくれました。

その後、今はもうありませんが東洋紡の寮で合宿をして4人部屋になった時に
年齢順では最年少になった私に。

お母さん:吉原さん
長女:山内美加さん
次女:佐伯美加さん
三女:私:末国愛里

となり、なぜかともさんはいまも私を
「さんじょ!」と呼んでくれます。

トモさんを見ていると、「努力のレベルが違う」と感じたことを思い出します。
自分の甘さを知り、努力にはレベルがあったのだと感じたことを思い出します。

「努力する」と言いますが「努力」にはレベルがあるのですよ。

一流の人は、「努力」も一流なのだと言う話。

さぁ、今年も父の残した20本の桜がたくさんの花を咲かせました。

花を咲かせるには、「努力」も必要です。

特別な花を咲かせるには「「努力」のレベルを上げることが必要かもしれませんね。



偽善者になる?

テーマ:
偽善者ぶるにひひ

はい、いきなり感じの悪い表現に見えますが事実です。

昨日はあちこちでお花見をしている方を見ましたが、我が家では、福山市役所前広場のイベントへ。

動物愛護のイベントです。

広島県は、残念なことに犬猫の殺処分がワーストワンだった年がありました。

恐ろしいやら、悲しいやら。

そして、活動を続けてくださるおかげで、殺処分0(ゼロ)へと動き出しました。

ありがとうございます。

我が家にも、保護されてきたワンちゃんと猫がいますので、他人事ではないのです。

昨日は娘を連れて、動物たちに会いに行きました。

そして、「お昼のランチ代を寄付するんだよ」と募金箱へ。

はい、良いことしました。

褒めて褒めて~

定期的に寄付をしています。

餌代がかかりますから。

保護している犬の数がものすごい団体なので、餌の数も半端なくかかるはず。

ボランティアしてます、なんて声高に言う人感じ悪いです。

しかし、しない人。

もっと感じ悪いです。

だから、いい事しました~って偽善ぶって寄付してください。

いい人じゃなくても良いので、動物に愛をあげてください。

偽善者大歓迎。

一緒に偽善者になりましょう。

まぁ、変な表現ですが、本当なんです。

少し、いい事すると、いいことしようかな?って感覚も育つと思いませんか?

あんまりいい人ではないかもしれませんが、「いい人」になってみたいと努力するのも良いものかと?

娘は、帰ってきてから

らんちゃん(ウチのわんちゃん)に

「かわいそうな子たちがいっぱいいたよ、らんちゃんもちょっといい子になろうね」

と、今日の話をしていました。

今日も、話しながら

「偽物でも、取り組んでいると本物になれるよね。やらないといつもでもなれない」

と、話した所です。

さぁ、一緒に偽善者になりましょう。

広島県の動物愛護団体です。

下から、寄付もできますよ。
まずは、。見に行ってみてくださいね。

http://peace-winds.org/zero/index.html?gclid=Cj0KEQjwoYi4BRDF_PHHu6rI7NMBEiQAKZ-JuMTduUv3Zrq_DX36PhmIWI13Rc6L8ck4cJxlXOk4cZEaAkyn8P8HAQ


繋がるご縁

テーマ:
新たにホームページを作り直していただいていますので、
ブログも数年ぶり!!に再開します。
(サボりすぎるにもほどがある・・・汗

さて、先日岡山で開催したセミナーに参加していただいた方から
「すごい写真がありますよニコニコ」と写真を見せていただきました。

それは20年前・・・

その写真には
先日出産してママさんプレーヤーとして復帰した

全日本選手で、
現在は上尾メディックスの荒木絵里香選手と
(結婚してお名前変わりましたね・現在四宮絵里香さん)と
会場をお借りした学校の監督さんの可愛らしいお嬢さんと20歳前後の選手時代の私。

この時は、小田急のチームの一員としてお邪魔したようです。
Vリーグの試合前に練習会場をお借りして練習後にファンサービスの時間の記念撮影のよう。

この時荒木絵里香さんはまだ中学生のはず、しかしすでに私よりも大きい・・・

はい、大きい子は最初から大きいのです。

話は逸れましたが、

「このお嬢さんのお母様が大切に持っている」と写真を見せてくださったらしいです。

20数年前です。

嬉しいですね。写真の劣化具合が時間を感じます。

そして、そのセミナーに来てくださった方から、新たなご縁がつながり、
モチベーションアップの企業研修の依頼が入りました。

楽しいご縁が繋がります。

20年前には、今の自分を想像できませんでしたね。
そして、20年前より

「今の自分が好き」

と、言える自分になりました。

たくさんの挫折や経験が大切なものになりました。

運の良い人のそばに行くと運がわけてもらえますよ。

実践してみてくださいね。

写真は、お嬢さんの顔を隠してのアップです。

「今の自分が一番好き」と言える自分になれたら?
今と何が変わりますか?

挫折も「あの経験のおかげ」と感じられたら?

大切な素敵な時間が増やせます。
楽しい毎日を手に入れることはそんなに難しくないかも?

その証拠に、私の周りには
「毎日楽しいよ。あんまり言うとひんしゅく買うけどねべーっだ!」と笑う友人がたくさんいますよ。

「今の自分が好き」って?

ちょっと、考えてみてくださいね。

ブログはちょっと真面目な内容を書いてみましょう。