FUJITA'S BAR
2006-10-30 14:31:51

新札肖像画は歴史的経済功労者で

テーマ:ビジネス
新札肖像画は歴史的経済功労者で

 日本国政府の日本銀行は、新紙幣の顔として、新1万円札は、明治時代の思想家で慶應義塾大学を設立した福沢諭吉であり、新5000円札は、明治時代の小説家、歌人の樋口一葉であり、新1000円札は、細菌学者で黄熱病研究を成した野口英世で発行致しました。

 日本のお札の歴史として、1600年に伊勢商人の間で流通した、「山田羽書」が最初であるとされております。

 日本で初めての全国通用の政府紙幣は、1868年明治元年に「太政官札」が最初であります。

 日本国の紙幣は、教育や文学者達であります。

 アメリカの最高額紙幣である100ドルの顔は、ベンジャミンフランクリンであります。アメリカの資本主義の顔であるベンジャミンフランクリンは、印刷屋から後に暦、新聞発行で資本的に成功をしました。

 ベンジャミンフランクリンには、アメリカ経済の歴史で、最初に、人の倫理と資本主義的成功を両立させた功績が存在する事であります。

 歴史的世界最初の株式会社が、東インド会社であるなら、歴史的世界最初の先物相場は、大阪の堂島米市場であります。

 江戸時代の豪商淀屋が開いた米の取引市場が最初であり、大坂の「淀屋」の庭先で、蔵米の入札が始まりました。1730年には、大坂堂島に日本で最初の公許米相場会所が誕生しまた。

 堂島米相場会所は、ヨーロッパで誕生しアメリカで発展した先物取引でありますが、世界の取引市場の先端である、シカゴ商品取引所より、なにわ商人は、100年も前にそのシステムを作り上げたのであります。

 日本の紙幣には、アメリカ経済の功績者である「ベンジャミンフランクリン」の様に、その当時の先物取引を発展させた「淀屋」「住友家」「鴻池家」「三井越後屋」などの肖像画が望ましく思考します。

 日本国の歴史的経済功労者の肖像画は、経済を日本国民の多くで理解し、更なる日本の経済発展に貢献する事でありましょう。

 「お金」は、人を「幸福」にする「道具」であり、公務員も、僧侶も、如何なる民も「お金」で報酬を頂戴している事でありましょう。

 「お金」を正確に認識し、前向きに思考する事であります。民の為にも、「お金」を教育に取り入れる事であると思考します。

 「お金」の正確な認識で、民の健全な「幸福」が訪れる事でありましょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。