後輩をちゃんと育てるって?

テーマ:
こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

歌うように、愛する喜びを伝える♪

輝くいのちの応援団長
フリーランス保育士の井手愛美です。


私が保育園の先生をしている時は
いわゆる「若手」の時期が長かったので、

「後輩を育てる」

という役割を任された記憶が薄いです。

あー。
先輩面していた記憶なら、
はっきりあります…(  ̄▽ ̄)


できない後輩(子)へのイライラ
その怒りの根っこにあるものは…。

「言われなきゃやらない」

「何回言ってもできない」

「今年の新人、使えない」

こんな風に、新人を評する先輩っていませんか?

私が新人時代で思い出すのは

『思い通りの後輩に育てようとする先輩』


すんごい怖かった(´д`|||) 


怒られるのも怖いけど、
誰かが怒られているのを見るのも怖い。
目が合うのも、監視されてるみたいで怖い。
優しくされるのは、もっと怖い。

あの頃のことを思い出すと…
今だに、これを書いている今でも、
胸がバクバクする。手が震える。

勤務後に、同期が保育室で先輩たちに囲まれてるのをたまたま見てねー

あれは、後輩指導なんかじゃないって思ったな。。

言えなかったけど、いつも思ってた。

お前は、新人の時に完璧だったのかよ?


あの頃は私も、先輩に対して反抗的で戦闘モードだった。
イライラされている理由が分からなくて、イライラしてた。
実際に闘ってはいないけど、私も信頼できない人の話は素直に言うことを聞くタイプじゃないのでね。
そりゃー可愛くないか(-。-;

子どものこころのコーチング講座で学ぶようになってから、

先輩たちにも後輩に対する期待があり、
マイルールがあって、その中で悩んだり苦しんだりしながら指導していたのかもしれないな。

ちゃんと後輩を育てなきゃ、自分の評価が下がるから困る!っていう不安があったりしたのかも。

そして、私も数年後には、
同じような思いを子ども達にさせてしてしまっていたんだ。
人のこと言えん、反省…。

なんて、今ようやく、あの頃とは違う角度から少し見られるようになってきました。

事実は変わらないけど、
自分の思考が変われば物事の捉え方が変わることがあります。
どんなに嫌な記憶でも少し見つめられるようになると、ちょっと楽だなぁと感じています(*^^*)


初級講座の2日目は、
期待やマイルール・怒りの根っこをみていきますよ♪


どんな一日も、毎日スペシャル♡
今日も読んでくれてありがとうございました!
また会いましょう≧(´▽`)≦

******************

子どものこころのコーチング講座・初級

すべての日程でお申し込み受け付けております。

横浜第1期  
5月12日(金)  10:00~12:30 終了
5月26日(金)  10:00~12:30
6月9日(金)    10:00~12:30

横浜第2期   【残席6名】
初級2DAY講座
5月27日(土)  10:00~13:30
6月24日(土)  10:00~13:30

横浜第3期  
6月2日(金)      10:00~12:30
6月16日(金)    10:00~12:30
6月30日 (金)   10:00~12:30

横浜第4期    【残席6名】
初級1DAY講座
6月10日(土)    11:00~18:00

講座の申し込みはこちら

{2F143DDA-B3E1-4B47-A3F4-A2EECA3F966B}

AD