愛知ミニ聖地巡礼

テーマ:
 昨日の上田聖地巡礼に引き続き、今日は愛知県のミニ聖地巡礼を行いました。


 前回訪れた鳳来寺山と、ゼロ磁場地帯ということで、テレビでも放映され有名になりつつある百間滝などを巡りました。


 詳しい内容はこちらをご参照ください。 
http://www.joyu.jp/hikarinowa/pilgrimage/012013/0072512.html



 今回は鳳来寺山の山頂まで登ってみました



水野愛子のつれづれ草 
           駐車場からの眺め



水野愛子のつれづれ草 
             鳳来寺山



 昨日が1日雨だったということでしたので、心配していましたが、快晴のお天気に恵まれ、問題なく登山できました。


 利修仙人が文武天皇の病気平癒の祈願のために開いた山で、かつては修験道の行場でもありました。



 また、徳川家康の母が子授けの祈願をしたところ、家康を授かったと伝えられる所です。



        水野愛子のつれづれ草 
                東照宮入り口


 
水野愛子のつれづれ草   
                 東照宮



水野愛子のつれづれ草 

   鳳来寺本堂  利修仙人作といわれる
薬師如来がご本尊


 
 上りも下りも起伏に富んでいて、なかなかの運動量でした(^_^;) 
 

 7月の出羽三山登山の準備になったように思います。



水野愛子のつれづれ草 
               勝岳不動


 
水野愛子のつれづれ草 



水野愛子のつれづれ草 
           頂上付近からの眺め


水野愛子のつれづれ草 
               頂上です



 その後、ゼロ磁場地帯の百間滝に初めて行ってきました。180mくらい道を下って行きます。


 
水野愛子のつれづれ草 



 所々、地場が強いと言われる場所で、石に手を近づけると、びりびりした電気のような感じがしました。


 
水野愛子のつれづれ草 



 いくつか、こういうポイントがありますが、驚いたのは、中央構造線をの上を水が流れており、百間滝の滝壺まで構造線が続いているのを間近でみることができることです。


 
       水野愛子のつれづれ草 
 
           水が流れている所が断層です
          写真上の真ん中(白い所)が滝壺です
            断層を直接見られるとはビックリマーク


         
        水野愛子のつれづれ草 
          滝壺あたりから上を見上げての景色  
               右下が滝壺です




 この、真ん中の水が流れているところが中央構造線の断層なのだそうです。左右の岩石の種類も違うのです。


 この滝は200mほどの落差がありますが、全景を見ることはできません。



 突然、大きな水音と共にものすごい勢いの滝が現れました(昨日1日雨が降ったので普段に比べて水量が多かったそう)。



この滝の勢いにも圧倒されました。うねるような水は龍の如く、また、一気に流れ落ちる水柱の豪快さ!


       
水野愛子のつれづれ草 



       水野愛子のつれづれ草 


       
水野愛子のつれづれ草 
               滝壺で     



水野愛子のつれづれ草 
              クリックプリーズ! 

 この白っぽいもの、何だかおわかりですか? 滝壺からの水しぶきですよ!


 マイナスイオンのシャワーのようで、すごく気持ちがいい所です。とにかくこの辺は独特のエネルギーです。



水野愛子のつれづれ草 



水野愛子のつれづれ草 



        水野愛子のつれづれ草 


 
 参加者の皆さんで、体が熱くて・・・という方が複数いらっしゃいました。

 体がすっきりしたという方も・・・。
 
 屋久島に似ている(上祐代表コメント)



 長く居かったのですが、夕方から説法会となるため、私たちは一足先に道場に帰りました。


 心身ともにリフレッシュした感じがします。 

 
 
次は6月1~2日諏訪・戸隠聖地巡礼がございます。

 信州(神州)でもとびきりの聖地です。 生気あふれる杉並木を一緒に歩いてみませんか。


 詳しいお知らせはこちらをご覧くださいませ。


http://www.joyu.jp/hikarinowa/pilgrimage/012013/0072612.html



AD