だとーの艦これレポ

主に艦これのプレイレポ、攻略レポを投稿していきます。


テーマ:

提督のみなさん、お疲れ様です。

夏イベの告知がされましたね…恐らく次こそは大規模となるでしょう。さて今回は、大規模イベントを、特に甲乙の出撃識別札を意識した場合どれぐらいの戦力を必要とするかを話してみたいと思います。

当内容は先程ツイッターでも話しましたが、非常に長くなってしまいましたのでこちらにもまとめておこうと思います。

 

 

【過去の大規模イベントを振り返る】

前の大規模はどれだけの艦を出撃させたのか

 

 次の大規模イベントを考えるには、以前の大規模イベントを振り返るのが良いでしょう。上記の図の様に、過去の大規模イベである15夏、16春、そして同様に4つの識別札となり最新のイベである17春も合わせて、各海域毎にどんな編成で出撃し、結果何隻の艦が必要だったのかを整理しました。

 ※16春については、WG42の数や充分に育成しきった駆逐でなければ攻略が難しい編成がありましたので、横に他の有効編成も載せてそちらで積み上げた結果も併記しました。 また、同カテゴリの艦をほぼ全て使ったり、非常に多くの数を求められた艦種を赤字としました。

 

改めて以下にも記載します。

 

【15夏】

 空母10

 戦艦9(内高速戦艦1金剛型3)

 航戦2

 軽母4

 重巡5

 航巡2

 軽巡2

 あきつ丸/秋津洲/速吸

 駆逐10

合計:47隻

 

【16春】

 空母10

 戦艦7(内高速戦艦2以上)

 航戦2

 軽母2

 重巡3

 航巡6

 雷巡3

 軽巡3

 水母2

 あきつ丸/秋津洲

 駆逐22

合計:62隻

※他有効編成時の数は画像参照。

 

【17春】

 空母9

 戦艦8(内高速戦艦2以上)

 航戦1

 軽母3

 重巡2

 航巡5

 雷巡3

 軽巡2

 駆逐15

 潜水1

合計:49隻

 

 15春、16春共に空母を10隻、また戦艦は7隻や9隻も用いています。識別札もありますが、支援艦隊として同時に出撃させるため一度に多くの艦を必要とするため多くの数となりやすい傾向にあります。 

 16春は対地攻撃が多かったため、航巡を当時実装されていた6隻全て運用しました。

 また16春では非常に多くの駆逐艦を求められました。実に22隻もです。輸送連合マップやE1のルート固定、E-5の中央ルート固定編成等で大量に投入を必要としました。ただ、駆逐艦の数については一見すると相当多く見えますが、全ての艦が極めて強力な駆逐艦を必要としたわけではありません。内訳としては、

対ボスへの重要な火力となったり、極めて危険なマップを進む最精鋭艦:

9隻 
連合第二編成だがボス火力としてはそれほどいらない準エース艦:

6隻 
輸送連合第一用、ギミック解除用でそれほど高い能力はいらない3軍艦:

7隻 

となります。

 

【次の大規模イベで求められる戦力】

 さて、これらを踏まえて大規模イベントを甲乙で挑む場合に必要な戦力を考えてみましょう。

 まず、16春で既に62隻(59隻)の投入を求められたのですから、当然次は62隻以上の規模の戦力を求められると考えておくべきでしょう。15夏から16春にかけて、15隻も必要とした艦艇が増えています。順当に行けば、16春に対して次の大規模イベントはさらなる戦力増を必要とするのが自然ではないでしょうか。

 必要な戦力の内訳としても、16春や15夏と同様に、まず多数を必要とする空母、戦艦、駆逐艦について、戦力に数えられる艦を増やしていくべきでしょう。

 空母と戦艦については、上記の通り札と支援艦隊出撃艦が数を求められる原因です。空母については、最悪数が足りなければ軽母、特に鈴谷や熊野の航改二で代替することはよいと思います。戦艦は、重巡で代替すると火力低下に繋がりますので、やはり充実した数を用意すべきです。

 駆逐艦については、上記の通り全ての艦が最精鋭戦力として求められるわけではありませんので、まず最深部や高難度マップの前面に立たせる最精鋭艦を極めて高い練度とし、他の準エース艦、3軍艦はある程度の練度の艦を多数揃える、という所でしょうか。練度の具体的な目安は難しいですが、準エース艦や3軍艦は甲難度なら最低50~60程度、最悪でも改にし近代化改修MAX(許容できるのはせいぜい1隻や2隻ぐらいまで)としておく感じでしょうか。

 他の艦種については、16春と同数以上、なるべく多く戦力として数えられる数を育成しておく形になるでしょう。昨今のWゲージシステムやギミック対応等で、同マップでも艦隊編成を入れ替えさせられるケースは多くなると思いますし、16春と同じ数持っていればOK、と考えるのは危険だと判断します。

 

 

如何でしたでしょうか?

改めて16春で62隻も投入していた事を認識して自分でも驚きましたが、次はこれ以上の戦力を求められる事になりかねません。特に、初めての大規模イベントとなる提督の方で、甲乙以上の難度に挑もうとされている場合は、手持ちの投入できる戦力を充分に踏まえた上で、後想定一ヶ月間の育成期間で、少しでも多くの艦を投入出来る戦力とできるよう、育成を進められることをオススメします。

 

 

それではまた。

 

※画像が乱れていましたので貼り直しました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。