ブログ卒業

先日夢クリを卒業し、昨日、産科に転院をしてきました。

これをひとつの区切りとし、このブログも卒業することにしました。

今まで1年半、本当にありがとうございました。


今後はマタニティ生活を中心に新たに綴って行きたいと思っています。

新しい日記はこちらです→★


***


ベビ待ち開始と同時にはじめたこのブログ。

今回、私に赤ちゃんを授けて下さったのは夢クリの院長ですが、

そのために肉体的サポートをしたのが鍼灸をはじめとした体作りで、

精神的に支えてくれたのは、このブログで出会った仲間でした。


顔の見えないPCの向こうの私を親身になって励まして下さったお友達。

実際に会い、何時間も互いの不安を理解しあい、語り合ったお友達。

同じ病院に通い、ともに苦労をわかちあったお友達。


もしもブログを始めていなければこの大切な仲間には出会えず、

一人でベビ待ちと戦い、もしかしたら途中でくじけていたかもしれません。

頂いたコメントの優しさに涙したことも度々でした。

本当にたくさんの方のおかげで、今があるのだと思います。


まだ安定期は先ですし、不安も心配もたくさんありますし、

思い出のたくさんつまったこのブログを卒業することは寂しいですが

以前から考えていたことなので、決心をしました。


みなさま、本当にありがとうございました。

そして、もしよければこれからも新しい日記で仲良くしていただけたら

とても嬉しいです。


みなさまの一番の夢が一日も早く叶うことを、心からお祈りしています。

陰ながら応援させてくださいませ。


またお会いしましょう。さようなら★



AD

D68、BT51日目、10w0dの診察でした。


<ホルモン値>

E2:1237、P4:20.3


<内診>

心拍数=197bpm

胎児の大きさ=29.8mm


<院長の診察>

今回で紹介ね。


(私:胎児の大きさ、心拍、出血などすべて問題なしでしょうか?

たまに下腹部の鈍痛やチクチク感が続いていますが。)


そうやね、特に問題なし。

おなかの痛みも自然なことやからね。


(私:今後はどのくらい安静にすればいいですか?)


ぼちぼち普通の生活をしてもええよ。

そのうち安定期にも入るしね。


目の前で丁寧に紹介状を書いて下さる院長。

(転院先の産科に院長のお知り合いの先生がいらっしゃるようで、何だか安心)

この姿に会えるのも今日で最後だと思うと、思わず涙が。。。

最後に握手をして頂き、笑顔で見送ってくださいました。


***


今日で無事、夢クリを卒業することができましたクラッカー

出産予定日は、来年の1月12日です。

(愛する甥っ子ちゃんの誕生日の数日違いで、すごく嬉しいのです)

病院では絶対泣かない、と決めていたのに、いろんな思いが頭を駆け巡り、

ついうるうるしてしまいました。。。

それでも、院長と念願の握手をし、私は泣き笑いの顔だったけど

しっかり目を見て「お世話になりました。本当にありがとうございました」

と直接お礼を言えたことはすごくよかったです。


診察の後、看護士さんからのお話。

途中経過と出産の報告の用紙、手書きのコメント入りの赤ちゃんの超音波写真、

そして憧れのピンクレターをいただきました。

夢クリの卒業証書みたいなものですね。


看護士さんの、

「元気な赤ちゃんを産んで、写真送ってくださいね。ぜひクリニックにもつれてきて」

という言葉にまた涙なみだでした。。。。


そして帰りにはずっとお世話になった烏森神社にお参り。

妊娠のお礼参りと安産をお願いしてきました。


***


思い起こせば、ずっと順調だった生理が結婚直前に急に止まったのが約3年前。

1年半前からベビ待ちを始めるも、最初の1年はひたすら自然排卵を目指して

体質改善をし、タイミングもAIHもなし。

生理不順の原因はずっと「不明」もしくは「PCOS」と言われていましたが、

昨年12月に夢クリの初診で、初めて院長から「視床下部性無排卵」と

正しい診断を下していただき、明確な治療方針を示して頂きました。

非常にやっかいな排卵障害とわかった私が妊娠できるとしたら

この先生についていくしかないと思い、すぐに転院しました。


最初の3ヶ月は病態把握と残卵潰しの調整。

3月の採卵周期には2週間以上、毎日HMG注射に通い、排卵のためにHCGと

夢クリでは禁じ手のような方法で強い誘発をするもホルモン値が上がらず。

卵が取れないかもしれないという不安の中で、採卵強行。

でもやっぱり夢クリはすごかったです。

質のよい胚盤胞を2つも培養・凍結していただけ、すごくほっとしました。


これ以降、ふっきれたように気持ちが軽くなり、すがすがしい気分で移植周期へ。

無事に陽性を頂き、大きな不安事項もなく、今日の卒業を迎えることができました。


おそらく、院長に出会っていなかったらまだ妊娠できていなかったでしょう。

大げさではなく、院長は私たち夫婦の人生を変えてくださいました。


お世話になった夢クリに私ができる恩返しはとにかく、命に恵まれたことに感謝し、

無事に赤ちゃんを産むことですよね。

卒業という一区切りを迎えましたが、安定期もまだ少し先ですので、

安心しすぎることなく、引き続き体を第一に過ごしたいと思います。


今までささえてくださった皆様にもどれだけお礼を言っても足りないくらいです。

本当ほんとうにありがとうございました。

AD

BT44日目 診察

D61、BT44日目、8w7dの診察でした。


<ホルモン値>

E2:1138、P4:21.1


<内診>

心拍数=222bpm

胎児の大きさ=20.7mm


<院長の診察>

次回、特に問題なければ紹介ね。

じゃ、1週間後ね~。


***


今日も見事な秒察でした。(院長、ますますお疲れのご様子。。。)

ただ、内診はいつもよりすごく時間をかけてくまなく見て下さいました。

おかげで私もじっくりとベビの様子を観察できました!

大きな頭を下にして、手足(らしきもの)をきゅーと縮こまった形の

見事な2頭身がはっきりわかりました。

その中にトクトクトク・・・と心拍が動いていて。

めちゃめちゃかわいかった。胸きゅんでございましたラブラブ


ただ、夫や実家の母にその様子を説明しても、

超音波の写真は画像が粗いせいか反応はいまいちあせる

夫なんて、診察のたびにちょうど5ミリずつ成長する胎児に「先は長いねー」なんて!

やっぱり夫は直接動いている姿を見れないからなかなか実感わかないのかな。


***


そしてとても嬉しいことに、次回で夢クリ卒業の予定となりました。

陽性判定後、ちゃんと育ってくれるかとにかく不安ばかりがでしたが

最近になってようやく、転院先の産科のことや、安定期になったらやりたいことなど、

先のことを楽しみに考えられるようになってきました。


特に産科選びは重要事項なので、夫や実家の母にも相談しながらいろいろと調べ、

おそらく、家から車で10分程の総合病院になりそうです。

決め手は、近いこと、

総合病院なので何かあった際にもきちんと対応して貰えそうな安心感、

産科が有名で評判よいこと、

です。


ただし、人気病院なので「待ち時間は3時間、診察は3分」だそうで。。。。

あれ、転院してもまたですか(笑)おまけに

「先生方は説明はあっさり。但し、質問すれば答えてくれる。

看護士さんは優しい」

って評判は、夢クリと一緒やん!


まあ、今までベビ待ち治療の病院を「メンタルより結果を出してくれるところ!」として

選び続けたせいでしょうか、今回もとにかく「安全で確実にお産ができること」が第一で、

個人病院のような至れりつくせりぶりはなくても仕方ないと思っていますからね。

ましてや豪華な設備やホテルのような食事やエステなんぞは

特に求めてないですし。

また、無痛分娩には若干惹かれましたが、選択肢が少なくなるので諦めました。


とにかく、自分自身の快適さより、ベビの安全第一。

願いは、無事に元気に産まれてきてくれること、それだけですニコ

AD