ギター倶楽部

テーマ:

ギター倶楽部


「GO GO GUITAR 別冊 大人のギター ギター倶楽部 vol 11」


というやつを購入しました。

昨日は、ギター教室で、少し早めについたので、

楽譜とかを見てたら、見つけてしまって・・・。


ギブソン代表機種を徹底検証!

という言葉に惹かれました。

即買いです。


J-45J-50、ハミングバード、J-200DOVE B-25J-160ELG-1で弾いた音が収録されています。


でもね、ぶっちゃけ、弾いてる曲が違うので、

そーんなに違いは素人では分かりません・・・。

ギターにあった、曲を選んではるんでしょうね~。


明らかに違うのは、J-160E (ていうかエレアコやし当たり前ですよね)

あと、LG-1も違いました。(チューニングが違ってて・・・)


J-45はね、アルペの曲で、とても綺麗でした。

楽譜もついてたので、弾いてみようっと♪思ったのでした。


J-50も個人的に好きです。


ガンガンストロークがよかったのは、DOVEJ-200


B-25はね、弾いてはる曲がよくなかったです。



ここまで書いてみて、これって・・・。

弾いてはる曲がいいか悪いかになってるような・・・ (汗


せっかく買ったので、じっくり研究してみようと思います。

はい。


他にも色々曲が載ってます。

ニール ヤングさんの 「tell me why」 とか

BEGINの 「恋しくて」 とか・・・。

7曲くらいあったかしら。


1470円にしては、お買い得なのかな~と

ちょっと思っています。


まぁ・・・ちょっとずつです。





AD

先日。アマゾンで、

著者: NoData
タイトル: ヴィンテージ・ギター (Vol.10)

「まるごと一冊 J-45」を購入したことにより、

ギブソン大学 J-45学科に入学することが出来ました。

これも一重に皆様がたのご支援のおかげです。


それにしても、専門用語って結構あるんだな~と改めて思います。

はい。勉強しますよ。


ジャンルも「J-45学科」というのを作りました♪

目標は、もちろん。J-45購入。

すんばらしい一本をゲットするために、お勉強します。



さて。J-45が生まれたのは、1942年。

2005年の現在も生産されております。

現在のものには、ピックアップが内蔵されているみたいです。

すごーい!!


そんななか、一番気になったのは、

民生師匠のJ-45はいつごろのやつなんやろう??

ってこと。


調べて分かりました。

ヘッドのところに、

「ONLY A GIBSON IS GOOD ENOUGH」とあることから、

42年~48年(プリウォーものですね♪)に生産されたものだと推測されます。


(↑あたしって偉そう・・・・。皆様の受け売りなのに・・・。)


民生君の色はSUNBURST(サンバースト)です。たぶん・・・。

ちなみに。68年の黒いJ-45も持ってはるんですね~。


ギターマンってすごいね。

たとえば、せっちゃん(斉藤和義)さんも

黒のJ-45なんやって。

でもね、同じの3本持ってるらしい。

1968年の黒と、1996年の黒。三木楽器オリジナルの黒。

そしてそして。1964年のチェリーサンバード。

J-45めっちゃ好きなんですね!!

68年は民生君と同じやし。

黒は、68年がいいのでしょうか??みたいな。

ここチェックですね。


え~!!同じの三本なんやって。思っちゃいました。

でも、その気持ちはよく分かります。

だって、ピックアップつけるってことは、

人間がピアスをするようなものですよね。


まぁ、どっちにしても買ったらかなり高いやろな・・・。


先日、母に

「新しいギターが欲しいんよね」

って話しをしたら、

「あんた、何ゆうてんの??半年前にこれが最後やしって買ったやろ!!

あほなことゆーてるわ。なんぼのやつ買うつもりなん??

何本もギターはいらへん!!」

やって。

(うちのかーちゃん関西人です)


はぁ・・・。


いいねんいいねん。買うゆうたら買うねん。



AD