銀英伝 2

テーマ:



著者: 田中 芳樹
タイトル: 銀河英雄伝説〈10 落日篇〉

銀河英雄伝説。
とりあえず、本伝20冊を読み終わった。

大学の時、友達に進められて、
あれから5年もたっていたんだな~と改めて思う。

もっと早く読んでいたら、何か変わったかな?と
思いながら、読み終わった後の
もうこれで終わりなのか??と残念でしょうがない気持ちだけ残る。

まぁね、あと、外伝が9冊あるから。

最近、本を読むときのくせになりつつあるんだけど、
どうしても、最後が気になって気になって・・・・
ちらりとしてしまうんだな~。

これってかなりやっかい。
先がわからないと進めない。
と言うわけで、結末は、どうなるかわかっていながら、
読んでしまった。

面白さ半減?と思われる方もいらっしゃると思うけれど、
やはり、最後がどうなるか解らないと
いてもたってもいられない私は、
ちらりとしてしまうのでした。



AD

サンタ

テーマ:
あるクリスマスイベントのスタッフをしている。
依頼を受けたお宅へプレゼント配達。
もちろん、サンタさんの姿で。

ここ二年くらい私のクリスマスは、そのイベントとなっているんだけど、
昨日も、参加させてもらった。

サンタさんは、総勢10名くらい。
トナカイもいて、車の運転や、プレゼントを袋につめたり、
鈴を鳴らしたりする。

23日、24日、25日。三日間で、100件くらいのお宅を回る。

今年初めて一緒に組んだサンタさんは、
とても素敵だった。

「メリークリスマス!!○○ちゃん出ておいで!!」

この呼びかけに、ほんましびれた。

サンタさんに名前を呼ばれるってどんな気分なんだろう??

もちろん、トナカイは、子どもに見られる訳にはいかず、
そっとかげから覗いてみる。

子どもの走る音や、歓声が外にも届いてきて、
クリスマスなんだなーと思った。

こんな環境に触れると、
子どもが欲しくなるな~。

今日も、サンタ。
そして、その後、コテージで打ち上げ。
久しぶりに騒ぎます。

AD

パタゴニア

テーマ:
前から欲しかった、パタゴニアのフリース買っちゃいました。
女の子らしいデザインで、尚且つ、実用性もあり。
温かいのなんのって。
一度着ると手放せません。

21000円なり。

カーキか黒か迷って、カーキにしたら、
残念ながら在庫がないそうで・・・。

泣く泣く黒にしました。

ていうか、人間って面白いね。
自分のことながら、在庫を見るまではカーキでも黒でも
どっちでもいいやって思ってたのに、
ないってことが解った時点で、
ない方が欲しくなるw

自分の心理ながら、笑ってしまいました。

今年中に着くかな?
AD

福引

テーマ:
年末になるとよくやっている、福引をやってきた。

その回数70回。
かなりわくわく。
当たったら、あれとこれと買って・・・
などと、夢は膨らむ。

70回もあるんだから、一個くらいいいやつが当たるだろうと
思っていたのが、間違いでした・・・。

残念ながら、
4等と5等(下から二番目と三番目)が10個で終わりました。
後は全部スカ。

こんなことってあるのね~。

洗剤やら、ラップ、アルミホイル。
そして大量のバームクーヘンをもらいました。

それにしても、くじ運もないのね・・・。
とほほだわ・・・。

リベンジ福引。
違うお店の一日限りの福引をしに日曜行ってきます!!

銀英伝

テーマ:


著者: 田中 芳樹
タイトル: 銀河英雄伝説〈VOL.1〉黎明篇(上)

銀河英雄伝説。という本にはまっている。
SF。というのでしょうか。
この本。本伝が20巻。外伝が9巻。
あるのだけど、今、本伝の15巻まで読み終わりました。

何気に手に取った分、かなり失敗した。
何をしてても、次が気になる。
いつでも、どこでも、持ち歩く次第です。

はまった人の気持ちが解るなー。


登場人物が600人くらいになるらしく、
しかも、名前がカタカナなので、誰が誰だか解らなくなります。

とりあえず、全巻読みきって、もう一度読もうって
思いながら、先を進みます。


メリー クリスマス

テーマ:
早いもので、もう12月24日になりました。

何だか、一週間損した気分。

クリスマスプレゼント。
買いましたか??
もらいましたか??

ていうか、自分へのクリスマスプレゼントと称して
ギターさんを買ってしまっているので、
クリスマスといっても、普段と変わらず・・・。

欲しい物は沢山あるんだけどな・・・。


サンタさんを何歳まで信じていただろうかな?
毎年クリスマスになると考える。

今、サンタを信じてる子どもはどれくらいいるだろう?
サンタを信じている子どもに会うたびに、
何だか、嬉しくなります。

私も、子どもが出来たら、
出来る限り長い間、サンタの存在を信じさせてやりたいと思います。

それにしても、イルミネーションが綺麗だね。
都会でなくとも、光っているところが増えるこの時期は、
立ち止まって、光を見入ってしまうのでありました。

今年最後の・・・

テーマ:
ギター教室。いけずに終わってしまった。

ていうか、練習も出来てないし、
弾けてないし、行けてもぼろぼろになって帰って来ただろうと
思うけれど、やはりショックです。

そうこうしてるうちに、届いた。



著者: NoData
タイトル: ギター弾き語り 平川地一丁目 えんぴつで作る歌

以前、友達から、聞かせてもらった、CD。
弾いてみたくなって、だけど、
自分でコードをひろうのは、面倒で、
買ってしまった・・・。

発注して、届くまで、10日。
かかりすぎよね。

落ち着いたら、やってみようかなと思う。

ろうそく

テーマ:
「天使の梯子」にあったと思う。

グリム童話のろうそくの話。

人の寿命をろうそくであらわしている。
今にも消えそうなのは、短いろうそくとなるらしい。

何故だか、その話が今頭をぐるぐる回っている。

残された時間の中で、私に出来ることは何なのかな?
そんなことをすごく考えた。

苦しそうな呼吸。
私には、背中をさすってあげることしかできない。


ろうそくが消えてしまった・・・。

眠るように、息をひきとった。

どんどん冷たくなる体温と、測れないほどの血圧。
呼吸が止まって、心臓が停止するまでの時間が
とても長く感じられた。

あれだけ、苦しそうに呼吸をしていたから。

おじいちゃんが迎えにきたかね?
こんなことなら、もっと、お水を飲ませてあげたらよかった。
という父の言葉が心に残った。


ハードケースカバー

テーマ:
ヤマハから荷物が届いた。

「ハードケースカバー」

ていうか、そんなものは、頼んでないんだけど・・・。
と思って開けたら、キャンペーンのプレゼントらしい。

そんなキャンペーンあったんだ。

知らなかったよ。

ハードケースは、それ自体がカバーだと思っていた。
しかも、ぱっちんが5個もあるくせに・・・。

さらにカバーをするとどうなるんだろう??

ただでもらえるものは、もらっておきます。
ありがとうございました。



光ってみえるもの、あれは

テーマ:



著者: 川上 弘美
タイトル: 光ってみえるもの、あれは


偶然手に取った一冊。

当たりかはずれかと言えば、
この本は、かなり当たったと思う。

川上ワールドに引き込まれた。

ちょっと変わっている人たちの話が私はとても好きだ。

人は、あるときをきっかけにしてぐっと大人になる。
一生懸命に大人になろうとしてなるのではなく、
普段どおりの生活の中で、気が付けば、
大人に近づいていた。みたいな。そんな感じのものが
手に取るように解った。

この本に出てくる大人たちは、変わっているけれど、
どの人も、欠かせない人たち。

大人になりきれていない人たちが多いけれど、
だからこそ、彼は大人に近づけたのかな~と思う。

そして彼を取り巻く、仲間の存在。
一人だけではなく、一緒に大人に近づくのを感じた。