aiko★のひとりごと

THIS IS KUSO BLOG !


テーマ:

(例のごとくネタバレは無し)

 

 

「まだウォーキングデッドなんて観てんの?( ´艸`)

 

 

って声も聞こえてきそうなくらい、周りでは離脱者の多いTWDですが、観てます!そしてこのシーズン7は面白かった!!

 

もうシーズン7までくると観る目的はほぼキャラクター愛に尽きると個人的には思ってるんですが、そこに面白いストーリーや展開がついてくれば自ずと集中して観てたりするものです。シーズン7は個々のエピソードも面白く、展開も衝撃の第1話から個人的には好きな展開だったので最後まで飽きずに観ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

S7はおそらく過去最多のキャラクター(とコミュニティー)が登場しました。前シーズンまではキャラが増えることはマイナスでしかなかったんですが、S7の新キャラはどのキャラクターもあくが強く、そしてモブとメインのキャラをしっかり描き分けていることでパッと見はたくさんいるけど、象徴になるキャラクターがどしっと真ん中にいることで、この人はこのコミュニティーってすぐ分かるようになってたのはこれまでの反省が活かされてるように感じました。画像のキングダムのエゼキエル王なんかもCGのトラのインパクトが強すぎてなんだかなーって思ってたけど、とても良いキャラだった。

 

そしてこのS7で一番良かったと思うのがキャラクターの分散、ストーリーの分散、それによる俳優の出演時間の偏りが最小限に抑えられていた点です。リックやダリルが何話も出てこないとかそういうことがS7はありませんでした。これはS6までの最大の不満点だったので、これが解消されてるだけでも面白かった頃のウォーキングデッドが帰ってきた感じがしましたね。

 

 

 

 

 

 

最初に書いたキャラクター愛って意味では、S7は個々のキャラクターに大きな変化があって、それも面白い要素の一つになっていました。特にマギー、サシャ、ロジータの屈強な女子3人とゲイブリエル、ユージーンの役立たず二人組(ひどい)、キャロル、モーガンの寡黙な中年組はS7で劇的な変化を遂げています。イマイチキャラが立ってなかった連中にも上手くスポットを当てて、視聴者が感情移入出来るキャラに仕上げた感じでした。その代わりにカールやダリルといったお馴染みの面々は出番は多いものの、個別にスポットが当たる回は少なかったです。でも最終回のカールのアクションシーンは最初から観てきた人にとっては息子の成長を観ているようで涙(ノω・、)

 

賛否両論、AMCにクレームも殺到したという衝撃の第1話に関してはやり過ぎwwwと思う反面、良くやった!!とも個人的には思っていたのですがやはり反響の大きさからかS7後半からはかなり残酷なシーン、特に人間が人間を殺すシーンはマイルドな仕様になっていました。S8以降もこの傾向は続くと思うんで、その点は残念かなーと思います。

 

 

 

 

 

 

そしてこのS7、最終回がとても素晴らしかったです。S6までの完全に途中で終わる手法をやめて、とりあえず一定の区切りをつけています。ネタバレになるので多くは書けないけど、S8までワクワクを持続させるにはベストな選択だったと思います。これまでのはわざと途中で終わらせてモヤモヤさせるだけでしたからね。そしてこの画像の新コスチュームのマギー!!超カッコいいんですよこれ。このマギーを観るためだけでも是非S7は観てほしいです。

 

久々なのでがっつり書きましたが(相変わらず内容がないよう、、だけど)やっぱり海外ドラマは面白いなーと再確認。TWDの後枠でプリズンブレイクのシーズン5が始まったり、ベターコールソウルもそろそろ新シーズンくるし、また海外ドラマ熱が上がってきそうです!(°∀°)b

 

 

 

 

 

 

敢えて触れませんでしたが、シーズン7の主役はこの人です。第1話で誰しもが憎しみを抱く存在になるんだけど、回を重ねるごとに魅力が増していく全ての意味で憎いキャラw

 

ふぁっきんにーがん!ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)
同じテーマ 「ドラマ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。