参加者 大人(男性12名、女性3名)

指導 佐々木貞樹師範

 

(1)座技・正面打ち一教 表・裏

  • 立ち技の正面打ちは受けが打ってきた時を考えるが、座技の場合は打ってくる動作に入る前を制するのがポイント。
  • 座技の場合には、ほぼ踏み込まずその場で倒す。
  • 取りは、膝立ちで十分。どうしても踏み込まなければならない状況の時だけ膝行。

(2)正面打ち二教 表・裏

  • 二教に持った時に、親指を制するが、きつく力を込めて持たずに、締める感じで行う。
  • 固める時、受けの肩を両膝で挟み込む必要はなく、受けの頭側のみ自分の膝で当てておく感じにするだけで十分。
  • あくまでも受けの手首を引き上げる感じで挟んでおくことが重要。それだけでほぼ極まっている。
  • 逆側の手は、受けの腕を手前にひきつけるのではなく、当てて頭側にひねるようにすることで、受けの肩がより強く畳にめり込むように動き、固まる。
  • 裏で二教を極めるときは、受けの身体の前に出ることなく、身体の側面やや外側に位置するようにする
  • 受けの人差し指を自分の身体にぴったりつける
  • 逆の手は受けの手首をしっかり持ち、受けの腕をくの字に曲げようとするのではなく、順手でハンドルを手前に回すように受けの腕全体を手前に回すようにすると極まる。

(3)正面打ち三教 表・裏

  • 固める時は、やはり受けの親指を締めるようにする。
  • 裏で一旦極めるとき、受けの手首だけを曲げるのではなく、手首から腕、肩とつながっていることを意識して、自分の身体全体の方向を変えることで受けの身体を浮かす。
  • 受けの手首だけに集中していると、肘打ちを食らうので、手首をつかみながらも受けとの距離を保つことを意識する。
  • このとき、受けの手首と、さらに指先をキュッと持つと受けの身体が固まって肘打ちを打ってきにくくなる。

(4)正面打ち四教 表・裏

  • 四教の動きは三教の動きとほぼ同じで、受けを動かなくさせるために手首、腕、肩のつながりを制する。
  • 痛くすることばかりを考え、「ここ効いてる?」「いや、そこじゃない。」「じゃあ、ここは?」「う〜ん、おしい!」というような時間のかかるやりとりはなるべくしないように心がける。
  • 第一義は、受けの身体を動かなくすることなので、まずは、四教に持って、受けの肩を畳につけ、動きを制することを考える。

(5)正面打ち五教 裏

  • 受けが持つ刃物の線上には入らない。従って、打ってきたときは、まず外側に避けつつ受けに近い方の手を二の腕に当てて受けの腕が取り側に来ないように制し、逆の手で逆手で受けの腕を持って、裏にまわる。
  • 倒した後は、受けの手首側の手は逆手で上から向こう側に回し、身体側の腕は順手で手前に回す。
  • 受けの肘が立ったら、受けの人差し指が畳についているようにして圧力を加えると手が開く。

以上。
今月の師範講習のテーマは、固め技。今まであまり考えもしなかった点を色々と指摘され、目うろこな会でした^^)

AD