冬の寒さが厳しくなってくると、身体の奥のスイッチが入る。


特に雪などが降ると完全にスイッチが自動的にONになる。


それは、10年間の滝行により、身体が変化してしまったからだ。


真冬の雪が舞う時期に、滝に入り続けると、常人では眠っている体の奥の奥にある特殊な生命力が目覚めてくる。


何年かに一度は、滝壺に死体が浮かぶという真冬の滝場に毎年、数ヶ月間、通い詰めた。


滝行を無意味と断じた人もいるが、その人が滝行をしたとは聞いていない。


経験なき者が安易に批判をすることは、控えるべきだろう。

確かに、猛暑の夏に入る滝行では、厳しさは足りないが。


滝行は単なる苦行ではなく、命の炎を燃やす修行である。


真冬の山道を月明かりで登り、行衣に着替えて、激しく落ちてくる滝に身を任す。


ある年、残念なことに亡くなった方がいた。

滝場の宿坊の堂守さんから、心臓麻痺で亡くなったのは、どこかの大学の空手部の学生だと聞いた。


滝行は、筋肉を鍛えているだけでは出来るものではない。


我々は、滝に入ることを「お滝を頂く」と呼び、敬虔な気持ちで入滝をする。


自然滝は人口の滝と異なり、日により、瀑布の勢いも水の冷たさも変わる。


正確には、時間ごとに変化をする。


滝行で身につけるべきは、大自然と大いなる存在への感謝と謙虚さである。


受け止めて、謙虚になり、そして、自分を見失わないことを身につけるべきだ。


そして、1人で滝行をしていた私は自分との戦いに負けないように克己心が強まった。


辛い、厳しい真冬の滝行、途中でやめても誰にもわからない。


しかし、自分だけは分かってしまう。

弱い自分、狡い自分、という自分の正体が。


今、合気道の師範となり、滝行の経験が生きている。


肉体的にも、そうだが、謙虚に受け止め、和して、自分を見失わない。


まさに、私の滝行は合気を学ぶ修行となっている。


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/


AD
何の道でも、その道で、それなりに上達しようと思ったら、才能の有無が大事ではない。


やり続ける覚悟と諦めない粘りが大切。


初心者のうちに時々、才能を感じる人間はいる。

しかし、大抵の人間は、それで、わかったような気になり挫折することが多い。


職人の世界では、小器用な人間は大成しないと言うそうだ。


武術の世界も不器用なくらいでちょうど良い。


半知半解で慢心し、油断し、後から来る愚鈍なくらい稽古をしている不器用な人間人間抜かれてしまう。


息をするように、ご飯を食べるように、当たり前に稽古が出来るようになるまで、稽古を続けることが大切。


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/


AD
合気道とは、求道者を終わりき、無限地獄から救ってくれる稀有な武道です。


ニーチェの『ツァラトゥストラ』ではないが、武術の道を渡り出した人間は、終わり無き「無限の綱渡り」を始めてしまう。


それは、自分より強い相手を倒すという終わり無き綱渡り。


その強さを求めることが競技の世界で収まっているならば、まだ、救われる。


試合や大会で順位が決まり、競い合った選手同士はお互いの健闘を讃え、友情すら生まれることもある。


しかし、ノールール、ノー審判の路上実戦護身の世界にまで、強さを求めれば、終わり無き道を歩む求道者となる。


釈尊の説いた教えにあるように、自分より劣った人間も大勢いれば、自分より優れた人間も多数、存在する。


勿論、自分のおなじレベルの人間も、また、たくさんいる。


勝てる人間も大勢ならば、勝てない相手も沢山いる。そして、その時々で、勝ったり、負けたりする人間も大勢ということになる。


負けが大怪我や死につながる可能性がある路上の実戦護身の世界では、勝てなくても良いが、負けるわけにはいかない。


路上の世界でも強くなろうと格闘技、武術を稽古する求道者は無限の修羅地獄に堕ちてしまう。


相対的な強さを求め続けるとは、無限地獄の上に張られたロープを渡ることに等しい。


無限地獄の世界で綱渡りの原動力は恐怖心。


自分が負けるという恐怖心を振り払うために、1日と言えでも鍛錬を休むわけにはいかない。

一度渡り出したら、途中では止まれない。


そして、自分より、強大な邪悪と遭遇し、命を落すならば、それも我が運命と覚悟するしかない。


と、そこまで達観した日々を送っていた頃に、合気道S.A.の櫻井文夫代表と出会うことになる。


私は、学生時代に、某流派の合気道の有段者の掛ける技が効かず、簡単に反撃が出来た経験から、合気道に何の魅力も感じなかった。


それが、櫻井代表の合気道の技は次元が違っていた。

どこにも反撃するチャンスがない‼️

一瞬で極められてしまう‼️


しかも、合気道S.A.に入門して間もない、自分より小柄な色帯の女子中学生(❗️)に激しく畳に叩きつけられ、押さえ込まれたら、激痛で身動きが取れない‼️


自分の強さに、それなりに自信を持っていたのだが、合気道S.A.の実戦合気道の経験により、その自信は跡形もなく崩れ去ってしまった。


それは、同時に、自分より強い相手に勝たねばならないという相対的な強さを求める無限地獄から救われることにもなった。


合気道S.A.は実戦護身合気道であるが、相対的な強さを求めるのではなく、絶対的な強さを身につける武術、武道であるからだ。


合気道S.A.に入門したことで、終わりのない無限地獄から救われることになった。


合気道S.A.とは、自分よりも強い相手に勝つための「絶対的な強さ」を身につける武術であったからだ。


あとは、日々の精進を重ね、工夫をして、合気道S.A.が見せてくれた絶対的な強さを極めるのみ。


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/



AD
東洋の果ての、日出でる国と名乗った、まことに小さな国が、今、その勢いを失い、衰退の坂を下り初めている。


一時期は、世界ナンバーワンと自他共に称賛された勢いは過去のものとなった。


明治時代の開国で、日本に来た外国人は、日本人に驚嘆をした。


貧しい暮らしながら、穏やかな生活をすることに驚く。家族、特に子供を愛する姿を美徳と褒め称える。


そして、真面目さ、勤勉さに驚く。


しかも、貧相な食事内容にもかかわらず、小柄ながら、贅肉のない均整のとれた肉体をもっていた。


職人に代表される身のこなしの軽やかで無駄なさも驚嘆された。


また、武士は藩の学問所、町民は寺子屋で学び、文盲率の低さは世界に誇れるものだった。


日本人の優れた点は、私見ながら、稲作文化、農耕民族の優れた長所であろうと思われる。


稲作の規模が大きくなるにつれ、田植えも稲刈りも一時期に終わらねばならない。


まして、天候はまさに天まかせ、台風や嵐が近づけば、村人が全員、力をあわせなければならない。


一ヶ所で農耕を続ければ、経験と知識の豊富なリーダーが生まれ、豊かな実りの秋を迎えることが出来ただろう。


日本人は一人、一人では、非力かもしれないが、一致団結するとその力は強大なものとなる。


オリンピックを観戦して感じたのは、体操も陸上も水泳も、柔道も卓球も、様々な競技でチームの力は、素晴らしい成果を出しているように思えた。


やはり、二十一世紀になっても、日本人は農耕民族のDNAで戦えば強い。


それらは、合気道家の師範である私の目には「合気」が出来ている状態と映る。


家族が合気をすれば、家庭が繁栄する。


学校で生徒同士が合気すれば、イジメなどという卑劣な愚行はなくなる。

教師と保護者が合気すれば、子供達はまっすぐ育つ。


起業経営者が従業員と合気をすれば、会社の成績が上がる。

上司と部下が合気をすれば、モチベーションが上がる。


従業員同士が仲良く合気をすれば、潜在的ポテンシャルが上がる。


政治家が国民と合気していれば、党利党略に走る政治がなくなる。

国民の現状を政治家が合気出来れば、ポピュリズムに流されない、真の政治が行なわれる。


日本人は和合で力を発揮する。

合気ある国は繁栄し、非合気の国家は滅亡の道を進む。


合気道は合気道の技を通常ながら、合気を学び身につける稀有な武術である。  


日本を合気で支える人を育てている。


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/


気がつけば、暦は師走となり、今年も残り1ヶ月となりました。


生徒の皆さんの上達も目立つようになり、指導する側も毎回、楽しい稽古となっています。


そして、中には受験生の生徒さんもいらっしゃいます。


自分の経験から、受験合格を神仏に祈るときのアドバイスをします。


実は私は一度も神仏に合格させて下さいと祈ったことかないのです。


合格祈願のお守りをもらっても、合格させて下さいと祈ったことがありません。


では、何を祈ったのか?


それは

「受験会場まで、無事に着けるようにお守り下さい。」



突然の大雪や交通機関の事故や故障などで、会場入りが遅れることがないように祈ったのです。

そこは、神仏の担当と思ったのです。


時間通りに試験会場に着けば、あとは、自分の実力で勝負です。


試験問題を解くのは、私です。

神仏ではありません。


宮本武蔵のように、神仏は尊びますが、合否は、自分の責任です。


勝利の運は自分の努力と実力で呼び寄せるものです。


生徒さんが皆様、無事に試験会場に着けることを祈っています。


{C1108AE7-C248-447E-B75C-157300B2BD20}

{FB9276D2-F61A-40A1-B246-68BB614D7663}


香取神社は戦いの神様、武神です。

ブログをご覧の受験生の皆様にご加護がありますように。


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/



師範として、新しい自主鍛錬を始めて、確実に、そして具体的に体に変化が起きている。

それは、そのまま合気道の技の上達となる。


その変化を生徒さんは気がつくか?


やはり、気がつく生徒さんはいました。

さすがですね。


そして、その生徒さんが更に「観の眼」を磨いたら、私の骨格までも変化していることに気がついたはず。 


骨格までも変化させるのが、武術の鍛錬。


ちなみに、同時に整体の新しい技も体得した。

施術をした生徒さんからは好評。


また、上達が出来たことを武術の神様に感謝。


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/



最近なニュースで怒りを覚えたのは、福島から避難してきた子供へのイジメ報道。


現在、中学生になった子が、小学生の頃のイジメで死ぬことも考えたという内容だった。


まず、その加害者の子供たちのタチの悪さに怒りを覚えた。


そして、それを訴えても無視していた学校サイドへの怒り。


その内容は賠償金があるだろうと、お金を恐喝までされていた。

これは、イジメではなく、犯罪です。


学校もマスコミも犯罪をイジメと言い方をすり替えていることへ怒りを覚えた。


青年期に、山本周五郎の人情小説を、読んで感じた困ったときはお互い様と助け合う日本人の美徳は現在では希薄になっているようだ。


しかし、人間観察の鋭い作家は、その人情は、お互いが平等で貧しいからだと見抜いていたの記憶する。


ところが、もし自分と同じく貧乏人が裕福になると、妬みやひがみが生まれることを書かれていたような記憶もある。


福島原発事故で故郷を離れなければならない方々へ、出来るだけの応援をしたいという気持ちも真実でしょう。

しかし、賠償金ももらっていることへの妬みの気持ちもあるのも真実なのかもしれない。


イジメの加害者の小学生は、たぶん、親が避難してきた家族へ、賠償金をもらって暮らしていることへ悪意をもって話していたのだろう。


もしかしたら、俺たちが納めた税金であいつらは楽して暮らしているとまで、酷いことを言ったのかもしれない。


子供はそばにいる大人を真似して成長します。

子供を叱り、注意すると同時に、大人は恥ずかしくない言動をとる義務があるだろう。

★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/



合気道の稽古を見て、随分とゆっくりと稽古をしているという感想を持つ方もいるようです。


これは、中国武術の太極拳を思い出してください。


套路と言われる型を、ゆっくりと繰り返します。


あれでは、実戦では使えない、健康法だと思う方々も多いようです。


私も北京の中国武術の老師から、学ぶまで、そう感じていました。


しかし、穏やかに見える動きは、古式では、実戦を前提にした技ばかりです。


太極拳を実戦に使うためには、その伝承を受けた老師から学ばなければ、健康法になってしまうと感じました。


合気道も同じで、使える合気道にするための術理があります。


すると、一瞬で関節を破壊したり、受け身を取らない武術と変化します。


普段の稽古では、受け身が取れる技を稽古しています。


しかし、本当の合気道は、受け身は取れない武術です。


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/

一瞬で、相手の体の歪みを見抜けるから、実戦に強いわけですが…


少年少女クラスのある少年の体が歪んでいました。


普段、まるで歪みのない子ですから、気になり、保護者の方と会話をしました。


転んだりしたことはないそうです。


そこで、原因は寝不足ではと思い、確認しました。


やはり、昨晩というか明方まで、新しいゲームに夢中になり、寝不足だったようです。


そして、たぶん、ゲームに夢中になり、かなり悪い姿勢を長い時間つづけたと思われます。


歪みを自宅で直す方法を教えました。

放置しておくと、転倒したり、怪我をしますから。


「先生は、言わないけれど、しっかり見てるからね」

苦笑いする生徒さんに声を掛けました。


武術家ですから、いちいち言わないですが、色んな事を見抜いています。笑


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/





「涵養(かんよう)」という言葉があります。


涵養とは、地表に降った雨が地面に浸透して、地下水となることです。


そこから、水が染み込むように、無理せずに育てることを意味します。


この言葉は、合気道で生徒たちを達人にしようと日々、指導をしている私の方針と全く同じです。


合気道は肉体を根底から変え、感性を鋭く磨く武術です。


真実の合気道を身につけるには、地道な稽古を何年も積まないといけません。


しかし、あるレベルに達すると日常生活が即、武術になります。


まさに、気がつけば稽古時間だけの武術が、地下水となり、「生活 即 武道」となるのです。


涵養そのものです。


そして1番大切なことは、涵養を指導方針とする指導者は寛容な気持ちが必要となります。


ここは洒落ですから、笑って下さい。笑


大事なことほど、笑いを入れて、記憶してもらうのも、私流の指導ですから。


寛容さがなければ、涵養指導は出来ません。



そして、「瀉瓶(しゃびよう)」という言葉があります。


これは、瓶に入った内容物をべつの瓶に移し替えることです。


昔、お醤油の一升瓶から、金属製のじょうごで、卓上の小瓶に移した、あのことです。


これも譬喩として、師匠が丁寧に弟子に自分の持てる知識や技術、経験を伝授することを意味します。


合気道の師範となり、この言葉を強く実感します。


合気道は関節技ですから、個人個人に丁寧に指導しないと形だけの使えない合気道となってしまいます。 


つまり、瀉瓶、そのものです。


生徒さんの完成度を見ながら、その都度、必要な分だけ、注ぎます。


その量が個人により、異なり、また、上達度により、変わります。


一列に並ん並べて、号令を掛けているだけでは、誰も上達しません。


想像してみて下さい。


様々な分量の卓上醤油瓶を一列に並べて、そこに、一升瓶の醤油を横に移動しながら、一度に注ぎこむことを。


溢れてしまう瓶、半分にも満たない瓶、適量となる瓶。


やはり、一瓶、一瓶、瓶の中を見ながら、一升瓶から丁寧に注ぎ込むしかありません。


毎回の稽古で生徒たちの体調から、モチベーションの高さまでを見て、指導をします。


合気道の稽古にマニュアルは作れません。


マニュアル化した稽古では、一列に並べた醤油の小瓶に、一升瓶でまとめて一度に注ぎ込むのと同じことになります。


合気道S.A.越谷には、マニュアル化した指導はありませんが、その代わり、10年単位での指導方針はあります。


それは、生徒さんの合気道を入れる容器の形も大きさも異なるからです。


卓上醤油小瓶の大きさは大体決まっていますが、合気道を受け止めるための生徒さんの小瓶の量も形も異なります。


やはり、一人一人、丁寧に瀉瓶していくしかないのです。


★稽古見学・稽古体験をご希望の方は、下記HPよりお申し込みください★

 

 「合気道S.A.越谷」HP

   http://www.aikido-sa-koshigaya.com/

 

「合気道S.A.春日部」HP

  http://www.aikido-sa-kasukabe.net/