こんにちは!おたふく若女将天野愛繪です。

久しぶりに、ごまをすりました。ほんまもんの方です。
香ばしいええ香り~。胡麻は天然の精神安定剤なんですってよ。よーく食べなくては!

さて、その「ごまをする」という行為がなぜ「媚びへつらって、人に取り入り利益をはかること」という意味になったのでしょう。
その由来はというと、ごまをすり鉢で摺るとあちらこちらにベタッとくっつく様子から、そう言われるようになったようですよ。
ごますり、おべっか、おべんちゃら、お世辞。
下心があるとそんな風に言われてしまいます。

私ね、あなたは口がうまいからってよく言われるんですけど、歯の浮くようなお世辞は絶対に使わないことにしています。
以前、私の顔を「小顔ですねー、べっぴんさん!」と言ってくれた人がいます。
…パドゥン?
気を遣って言ってくれたのか、なんなのか
しばし時が止まりました。
これで!?小さいと?(笑)
決してぐっと前に出ている訳じゃないんですよ。
その時もなんだか言われた方が恥ずかしくなってしまいました……
「あぁ、心にもないこと云うもんじゃない」と思ったのです。

本気で思ってくれてたら別ですよ。
でもそれって、何となく分かりませんか?
あ、この方無理して言ってくれてるなって。
だったらむしろ「いやぁ、顔が小さいね!…お世辞だけど!」とか「本当に顔小さいよね!他の人に聞かない方ががいいと思うけど!」とか言ってくれたら笑えますでしょ。

思い出します、その昔。
私が内気で「能面みたいな顔」「なんか喋りなさい」と言われていた頃。そうですね、今から10年ほど前になりますか。
今じゃ「ちょっと黙ってて」と言われてしまう私ですが、当時は結構悩んでいました。
まず何を喋っていいのかわからない。
そんな時勇気をもって言った一言が「ネクタイ、素敵ですね」です。

今でも忘れません。その時の状況、雰囲気…
そこから私は変わりました。
何か1つでも、自分が本当に心から思った「素敵だな」「いいな」を伝えてみようと。

なので、皆さん私に褒められたら素直に受け取ってくださいね!
あ、私以上に特にうちの女将さんは輪をかけて、そのままの方です。
本当に誠実。オブラートどころか、衣もつけない!素揚げです!

本当のことを教えてくれはりますよ。



AD