裁判員裁判対象の強盗致傷を含め、強盗や恐喝など16~17の罪で起訴された元近畿大学ボクシング部員の元少年2人=いずれも(20)=の初公判が4日、大阪地裁(中里智美裁判長)であった。

 対象外事件と対象事件を分けて審理し、最後に全体の量刑を含めた判決を出す「区分審理」を採用。この日は裁判官のみで対象事件と無関係の12事件の審理を行い、2人は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

【関連記事】
路上強盗容疑で近大ボクシング部の学生2人逮捕
近大ボクシング部廃部 OB・赤井英和「伝統消え悔しい」
近大ボクシング部事件で大阪家裁が少年2人を逆送
世界王者らもショック…部員強盗事件で近大ボクシング部廃部
名門、近大ボクシング部が廃部 部員2人逮捕で

小型イカ、人気上昇中=歯応え良く、割安感も(時事通信)
樽床氏「衆院定数80削減を」 代表選出馬会見 (産経新聞)
一新会倶楽部は有志が樽床氏支持 民主党代表選(産経新聞)
<鳩山首相辞任>毎日新聞号外を配布(毎日新聞)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
AD