光と響きとあい

今こそ 自然に感謝を…

             あわ歌を響かせましょう!



光と響きとあい

                 古代蓮




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-19 07:01:45

世界チャンピオンのパスタを食べに… (個)

テーマ:ブログ
当ブログは、あわ歌関連の記事をメインにアップしているのですが、
それらの記事がない場合、空白期間が長くなってしまう事がありましたので、
時には僕が経験した事や、お気に入りの写真などを時折アップして行こう
かなぁ…と、個人的な意味の(個)をタイトルにつけて始めます。 (^_^)

那須は北関東の奥に位置し、福島県の白河市に隣接していますが、
〝パスタの世界チャンピオン〝が、白河市南湖公園に期間限定で
やって来る~と、宇治川さんが教えてくれました。
これは行くっきゃぁない!!


そのチラシ
彼女はもう既に2回食べに行っていて、
゛美味しいから!゛と誘ってくれたのです。


ロイヤルロードの新緑


目指せ、南湖公園へ


途中の新緑が美しい!


着いた~


宇治川さん(左)は予約が取れなかったので、
1時間近く早く来て、ウエイテイングの
受付をしてくれていたのでした。(感謝!)
右側の女性はペンション那須のくまさんの
オーナーの吉澤さんです。


本日のパスタ
<ニラとエビのクリームソースパスタ>

行列が出来ていて、メニューはこの一品だけです。

パスタ店を経営してた宇治川さん曰く…
゛私たちは良い腕が無かったから、ソースをたくさん
入れて、味を誤魔化していたけど、こんなにソースが
少ないのに味がしっかりとしていて、シンプルだけども
本当に美味しいよね!゛
 
はい、確かに美味しゅうございました!
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-13 21:32:36

仙台テンメイツアー「陸奥 戸開きの旅」④最終回

テーマ:ブログ
次の訪問先は、六戸町の「鶴喰若宮八幡宮」です。


もう既に光が…


シロバナエンレイソウ


巨大な桂の木!


響かせていると、光があたって綺麗!


新緑の葉が美しい~


<お伝え>
大いなるなり 長きにわたりて ここにあり
これよりも 大いなる姿を お願い申す x
響きはこの身を 生き生きとさせたり
これより参るこの地を 生き生きの水
生き生きの風 吹かせて 嬉しき光を
そそぎて下され 大いにこれよりも
大いにこれよりも 生き生きましょうぞ x
ありがたき ともに嬉しき地と
成し行きましょう xxx 12:29


あいふかき!


桂の大木が喜んでるかのように
光がいっぱい!

次に向ったのは、七戸町の「見町観音堂」です。


遠くに雪をかぶってる山並みは…?


八甲田山連峰です。




観音堂が見えて来た~


屋根に載ってる松は自然に?


それらの松を称えるように、
屋根に向って、響かせました~


<お伝え>
進みて参る これよりを
それぞれ支える その身には
大きなる 見えざる多くがあり
日々 それぞれが その身を開き
気を通わせて ひとつとなりて
おられれば 多くの支援 はたらきます
その時 肝心要は その身の思い定まりて
進みておらるる事なり 定めて
ともども まいりましょうぞ  13:33


あいふかき!


ピンクのツツジと松の緑に
青空がマッチして綺麗~

昼食を十和田市の農園カフェ「日々木」で頂いた後は、
新郷村の「大石神ピラミッド」へ向いました。


案内板


説明板




昔の地震で倒れもツタに覆われ
た鏡石の上に乗って…





谷や向かいの山に向って…


<お伝え>
つづきて まいりて
ひびきて まいられ
大いなるこれよりの はたらきへと
つながり行く事なり はたせるや
これよりの事々を しっかり
その身のものと 成し行かれませ
大きなる 定めといたします 15:38


鏡石の大きさが分かります。


あいふかき!

次はいよいよ最後の訪問地、十で十和田湖へ


十和田神社の鳥居


奥宮には急な階段を上って…


十和田湖が見えて来ました!


一瞬、白い光が…


あわうたさんを囲むように輪になって…
”今回のお伝えをその身のものとして欲しい~”
というような思いの感謝のあわ歌を響かせて
くれました!!
<お伝え>
あ~~
ありがとうございます
大きなる響きを いただきました
これよりも この響き持ち
この光持ち行き それぞれの
大きなる思いを まことのもとへと
つなぎ行き 大いなる新たへ
向かいましょうぞ
この北の地の力こそ 大きなり 16:46


さぁ~帰ろう! 撤収~


十和田湖にご挨拶…


足取りも軽く見える…


十和田神社を後にして、一路仙台へ~


盛岡手前のサービスエリアのバス停で
途中下車の川村さんともお別れ…


岩手山がその勇姿を見せてくれました。

~おわり~

※今回の戸開きの旅の深い流れなどは、大久保・仙台天命塾長の
 ブログ「自分で自分を自分する」を訪れて、ご参考になさって下さい。
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-12 22:14:57

仙台テンメイツアー「陸奥 戸開きの旅」③

テーマ:ブログ
2日目のスタートは、八戸市南郷区にある「龍興山神社」からです。


新緑と八重桜が美しい~




福一満虚空像菩薩堂の境内にある
御影石で出来た大きな牛の像


同じく対になってる大きな虎の像


タンポポの咲いてる草原のところが
気持ちいい~あわ歌を響かせました。


<お伝え>
さんさんと降り注ぐ この光を
受けてみなみな 生き生き 嬉しき
楽しきを ただただ過ごした
この良き地が ありたり
幾多の争い 変化の後に
許されし 皆々が つくりたるが
この今なり 大いなる嬉しき地と
なりたるや よくよく知りて
遥かなる まことへ 参る
これよりを しっかり定めて
遥かな光と 豊かな水 澄みわたる気と
ともに 参られませ 新しきへ 8:51


”あいふかき!”


続いて、南部町の「惠光院・長谷観音堂」へ




参道脇には、「シラネアオイ」の花。


光がいっぱい~








<お伝え>
来る日を 大きなる素晴らしきと なさるは
皆々様の まことをここに現わし行く事なり
多くの永き時を経て 全く新しきへ向かう
この宇宙 この地球 それぞれの宇宙の
大いなる支援とともに 参り行く
ここに現わし行くは 皆々様なり
しっかり受け止め 発し行き
多くの方々 みなみなともに 参りましょうぞ
あ~ あ~ あ~   9:57


あいふかき!




光がいっぱい~

次は三戸町の「三戸城跡・糠部神社」へ。


三戸城の全体図…山城です。


お城に桜は似合いますね~


御衣黄(ぎょいこう)という珍しい桜




ツツジの季節を迎えてました。


<お伝え>
この身をかりて 数年にわたりて
ともども成し行き 来たりたり
ここに発し行くは はじめなり
苦しき時を 過ごし来て 
はるかなる光の 支援うけ
新たなる道へと まいります
ここに申すは 皆々様の響きは
それぞれ そのご自分の全てに伝わり
小さき全ては 思いをうけて 
それぞれの場を つとめ行く
大いなる光を ただただ その響きに
乗せ行けば 全てを統べる身となりて
ただただ 嬉しきへ参ります
この歌響くは 大きなるまことへ
つながりて 参る事
いや いや いやう  ありがたき
      10:40





その次は五戸町にある「根岸八幡宮」です。


大きな枝ぶりの「イチイの木」


由緒書


八幡宮


迫力のある龍の彫り物!


何かとても気持ち良くあわ歌を
響かせられました~


<お伝え>
高々と掲げ行く 大いなる思いを
ただただ素直に なさり行く事
この地にある方々にとって 
いかに困難あるやは よくよく知りたるが
皆々様のまことの思いは その困難
一瞬のうちに 粉々となして 
流し行く 大いなるものなり
ご自分の中にありて その身をこれまで
立派に生かし来たる方々 信じて
この時に ともども その思い
発して 参られませ  11:46


樹齢300年の大イチイの木

~つづく~
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>