アイドッグ活動日記

犬猫の殺処分ゼロの日を夢見て活動する愛護団体
「アイドッグ・レスキュー隊」の活動ブログです!


テーマ:

先日、視聴率の高いテレビ番組で「ふるさと納税」にまつわる企業の提供商品についての討論をして

いるのを偶然に見たときに、広島県の「ふるさと納税」にある『殺処分ゼロ』を目指すピースワンコの

事業について、坂上忍さんなど出演者たちが絶賛していました。

 

影響力のあるタレントさん達が口添えすると、『殺処分ゼロ』だけが独り歩きをし、詳しい事情をあまり

知らない世間の人も一斉に犬の為に良いことだと信じ、巨額の支援金を投じることになったでしょう。

 

これについて、同じく真剣に動物愛護活動をしている杉本彩さんや浅田美代子さんが大変な危惧を感じて記事にしていらっしゃるので、チャンスだと思い、杉本彩さんの記事をリブログします。

 

写真は我が家でお預かり中の子達のお散歩風景です。

 

広島で起こっていることは、巨額の資金を利用して出来上がった施設に膨大な犬を集め、そのまま

避妊、去勢をせずに一般の人に譲渡する、という方法です。

 

ここに集められた犬が災害時に脱走したら大変なことになるなど、説いていらっしゃいますが、もっとも

だと思いますし、普通に一般家庭の中で何頭か犬を保護した時にすら、避妊していない1頭の子がヒ

ートになってしまったときに、去勢している犬までもその匂いで大きく反応する子がいることをご存知でしょうか。

 

ましてや未去勢、未避妊の大所帯で日々、何頭かのヒートの女の子がいれば、たとえケージを分けて

いても、犬たちにどのような苦痛を強いられているのかと恐ろしくなります。

 

今回、神奈川県で長く活躍している団体さんが中心になって、神奈川、東京の団体にお声がかかり関東圏の賛同する団体、個人ボランティアで『日本の保護犬猫の未来を考えるネットワーク』というこの問題に真剣に立ち向かっていこうとグループが立ち上がりました。

 

アイドッグにもお声がかかり、2回目のミーティングに参加させていただき、千葉センターで2年前から

子犬の譲渡を、団体にしかしなくなったいきさつをお話ししました。

 

一般の人に子犬を譲渡しても避妊去勢を約束した多くの人が約束を果たさず、その子達が大きくなって新たな繁殖に繋がってセンターに戻ってくるという悪循環を見直したいというセンターの切実な強い意思で、当時実現しました。

確実に避妊去勢をお約束している団体を通して子犬の譲渡をすることになったという事例をミーティングでお話しました。

 

初回の賛同団体にはまだ名を挙げておりませんが、保護活動を行っている団体が、これ以上無理な

繁殖を増やさないために、避妊去勢を行ってから保護犬を一般の人に譲渡し、適正飼育のアドバイスをセンターに代わって行うというのは、私たちの間では常識です。

 

譲渡費用としていただく医療費の一番の使用用途が避妊去勢ではないでしょうか。

 

遅ればせながら賛同団体へのお申し出をさせていただきました。

https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj

 

日本の犬猫の数が子供の数を上回り、もはやこれ以上、いたずらに繁殖を増やさないようにしていかなければ、無駄な殺処分は減っていきません。

 

 

杉本さんのブログには、長く海外で生活し、ドイツなどの動物先進国のシェルターのあり方などを伝えて

くださっている獣医師の西山ゆうこさんの記事や、浅田美代子さんの記事などもリンクしてくださっていますので、是非お読みください。


本来、ブログにて、他団体の活動を批判することなど、愚かなことだと思っています。

 

そんな暇があれば、もっと他にやることがたくさんあるはずで、私たちの敵は、絶対に保護団体ではありません。

 

しかし週刊新潮に載せられている杉本彩さんの記事は、何年間も保護活動をしてきた私たちの努力を踏みにじむような大きな問題を正確に取り上げてくださっていて、多くの団体がこれに共感しているということをお伝えしておきます。

 

私たちは真の殺処分ゼロを願って地道な活動をしているんです。

 

 -------------------------------------------------

 

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

クリックのご協力をお願いします!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  リブログ(9)