野菜と果物の定義

テーマ:

野菜、果物の定義は様々あります。


教科書にも広辞苑と農林水産省の定義が載せられています。

基本的に野菜は草で果物は木。
たいていの青果物は、これで説明できます。

草とは一年で種から種に戻るもの・・・トマト、ナスなど
(種→芽・根がでて→茎が伸び、花を咲かせ→受粉して→実をつけ→種になる→枯れる)

逆に木は何年も実や種が取れるもの(多年生) リンゴ、ナシ、ブドウなど
(種→木→(受粉→実→種)→木)

これだと、
スイカ、イチゴ、メロンも野菜に、
柚子、スダチは果物に定義されてしまいますので、

これとは別の分類方法を用いましょう

ということで
果物として(嗜好品として)食べられる草(野菜)は果実的野菜ということにしましょう
野菜的な使われ方をする(添え物として、副食として等)木に生るものは野菜的果実としましょう

・草本性(単年性)か木本性(多年生)かで野菜・果物を分ける
・使いかたで果実的野菜か野菜的果実かを分ける
を考えればいいだけですので
トマトやナスは野菜です。

苗からでてるという表現はよくわかりませんが
苗からできるできないでは分けられません
果菜類だから野菜的果実というわけでもありません

ちなみにバナナは実がなると枯れてしまうのですが、
多年生植物ですので果物です。


欧米では果実的野菜やら野菜的果物ということは言わないらしいですね。


まぁ~、美味しく頂ければどうでも良いですねニコニコ

AD

リニューアル

テーマ:

ホームページリニューアルに伴い、

ブログもリニューアル致しました。


今後とも、宜しくお願い致します。

AD