サッカー≧野球

テーマ:

サッカーが上手な子は野球も上手になる可能性を大いに秘めている。





が、





野球が上手な子がサッカーも上手になる可能性はさほど高くない。


というのが私の自論。


理由は簡単で、どちらとも下半身が重要なスポーツで、


サッカーの方が下半身の使い方&筋トレが必須なゆえ、自動的に野球も上達


しやすいのではという理由。


野球も下半身が大事と言いつつ、ぶっちゃけ下半身無視しても上半身だけでも

出来ないわけではない。


しかしサッカーはそういう訳にはいかない。


加えて、サッカーの方が無駄な筋肉をつけないというかつけれないというか、体重は野球選手より軽い。


それが功を奏しているのか、サッカー選手の方が当然だけど機敏な動きができる。


結局はこの機敏に動ける筋肉が野球にも必要だったりするのではないかという結論です。


山田とか今宮とかその類ではないかと。


野球選手にしては細身だけど、今宮は当たれば相当飛ぶし、守備は説明する必要もない。


山田は全てにおいて説明する必要がない。


多分彼らはサッカーも相当上手ではないかなと。


以上の事から、野球選手を育てたいと思っても、小学生くらいまではサッカーをやらせた方が良いとなる。


サッカーだけって訳じゃないけど、野球1本に小学生の時からする必要はなく、両方やらせて、下半身の使い方&筋肉を養い、中学から野球へとシフトしていくシナリオの方が、バランスのいい選手が育ちそうだなと。



これに関してはずっと前から思っていることなので、我がブログでも以前書いたかもしれないけど、忘れちゃったので、ひとまず投稿します。

AD