デミオに試乗してきました。


結果から言って乗る気になれません。

試乗車は注目のディーゼル。

ディーゼル性能は驚くほどガソリンに近づいていて素晴らしかったです。相当静かです。振動も街乗りでは全く気にならず!

3500回転以上だったかそれ以上回すと完全にディーゼルになります。これもまたディーゼルを実感できていいと思いますね。

ターボラグやターボ開始時のショックの少なさは技術の進歩感じられます。日本人スゲーと。

でもでも一部口コミにあるように、皆さんが求めている昔の小型スポーツの復活だと思っていると、拍子抜けします。

スポーティといえど、所詮現代の車だなーというのも試乗だけで体感できます。


やはりどのメーカーも本気でスポーツにすることは出来ないようですね。

SPORTがでるのか分かりませんが、現状は街乗りを楽しくする程度の車だと思います。

質感は皆さん褒めていらっしゃいますが、それは本当にインテリア前部分だけであってドアとか軽自動車か!と突っ込みたくなるような作りでした。

あと全くもって受け入れられなかったのが、シート形状。

シートの材質は問題なく、むしろ俺自身は求めていたものだったので、すごく気に入りましたが、なにあのシート倒して乗るのが前提みたいな形状は!

あんなだらだら乗ることを想定している時点でスポーツカーとは程遠い車でした。

かつ、人間工学に基づいて設計されていると説明受けましたが、俺は首が痛くなりました。あれは慣れが必要か、人間工学に基づいていないと思います。

よって、素晴らしい点が散見される中、一番重要は座ることに主観的問題がありましたので、俺は乗る気になれません。

やはり、試乗大事です。

追伸。デミオのインテリアプレミアムが話題になってますけど、フィットとあまり変わらないと思います。

でも、その従来質感をデザインで隠そうとする努力は実感できます。ああいうことやはりデザインで出来るんだなーと実感しました。

やはり、デザイン大事です。

AD