辞意

テーマ:

まぁ、総理がこの時点で辞意を表明したことについては、私の主観からして別に問題ではないと思う。

国政的には大問題ではあるが、今のあべ総理にはこの国政に対する国会審議に対応していくのは正直無理であろう。

その点において、今辞意を証明して、国会審議については新総裁・総理に任せるのはかなり妥当だと思う。

あと、Aさんの組織作りがほぼ完成したと報道があったから、多分その時期もあって辞意したんでしょうね。

なんで、次期総裁・総理はAさんでしょう。

Aさんとあべ総理は遠いながらも親戚らしいから、まぁ後継者としたかったあべ総理と、したたかに総理の座を狙っていたAさんの思惑がちょうどこういう方向へと向かせたんでしょう。

あべ総理が参議院選以後、続投したのも、俺の考えでは、Aさんに組織作りが完了するまで待ってくれと言われてたんじゃないかと思う。

まぁあと、大御所MさんやらKさんやらにいろいろ言われすぎて、あべ総理もストレスが限界に来ちゃったんでしょうね。

あの「お友達内閣」と言われた内閣も、表面上はあべ総理が独自で人選したことになってるけど、裏ではMさんがほとんど指名していたらしいし。

などなど、あべ総理はなんか遊ばれてたと言うか、やっぱ若すぎましたね~。総理としては。

大御所には逆らえないからね。日本で政権の若返りはまだ無理みたいですな。

文脈がぐしゃぐしゃなのは、出来るだけ短文で終わらせようとしているからです。



はぁ・・・お勉強しなきゃ!!

AD