• 29 Jun
    • 最近は、全く勉強しなくなったGUMOLです。 こんばんは。 本当は勉強しないといけないんですけどね。 まぁ、7月下旬にでもなれば勉強再開するんではないでしょうか? そもそも、勉強なんてしたことが無い僕が、この半年間よく勉強してきたわけですよ。 んで、検定が終わっちゃったものだから、あれですよ。 燃え尽き症候群ですよ。 トヨタ自動車が生み出した、現代社会における有名な症状ですよ。 でもそんなんはちょいと休憩してしまえば治っちゃうわけですので、無理やり勉強し始めるなんてことは一切しないGUMOLなのです。 てかもう今週中に7月になってしまうんですね。今日気づきました。 早いものです。 そんな僕は、最近再び爆弾が爆発してしまったのです。 その爆弾とは・・・。 腰痛であります。 こいつマジ厄介。 久しぶりに野球のボールを50球ほど投げ、その後、本棚を買ってきて、兄貴の部屋に運んだわけです。 そんなことやっていたら、爆発したのです。 僕「ほぎゃwwwwwwwww!!!!!」 なので今安静にしているのです。 接骨院にも腰痛になった初期は通っていたのですが、治らなかったので、行くのやめました。 腰痛爆弾が爆発したら半月程度安静にしていれば治るので、ここ数年はそれの繰り返しでしのいでいるのです。 初期の頃に、接骨院の先生に言われました。 「キミは痩せ気味だから、筋肉つけたほうがいいね。背筋と腹筋をバランスよくつければ、この腰痛も治るから」 と。 でも、バランスよくなんてそうそうつけれるものではないらしく、とにかくスポーツをしなさいと言われました。 それで実行したのです。 まずは、僕にとってはお手軽な卓球をしました。 しかし・・・・・。 ブン!(ラケット振る音) ピキ(爆弾が爆発した音) 僕「ほぎゃwwwwwwwww!!!!!」 卓球やっていて腰痛再発。 なので、卓球は諦めました。 次は、同じようなものですが、野球をしました。 ビュ!!(ボール投げる音) ピキ(爆弾が爆発した音) 僕「ほぎゃwwwwwwwww!!!!!」 野球やっていて腰痛再発。 なので、野球は諦めました。 次は、ボウリングをしてみました。 ハードスポーツではないので、これなら大丈夫そうです。 ヒュ!(ボール投げる音) ピキ(爆弾が爆発した音) 僕「ほぎゃwwwwwwwww!!!!!」 な、なんと、ボウリングでも、腰を少しでも酷使すると爆発してしまうようです。 なんて弱弱しい腰になってしまったのでしょう。 なので、今年の夏は、サッカーか水泳で筋力アップを図ろうと思います。 ついでに、普通の背筋・腹筋をしてもやりすぎると爆発するのです。 なので、ものすごく少ない回数しか出来なくて、本当に困ったものです。 さらに、僕の腰にとどめを刺してくるのは・・・ 愛車のイス。 腰痛のときは、愛車は運転休止状態になります。

      12
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 今後のサプライズ

      まぁね。 サプライズは終了したんですよ。 中部圏におられる御三方はサイプライズしちゃったわけですよ。 だからまぁ、、、 県外に行くしかないかなと。 そりゃ、サプライズするなら、 もうかれこれ1年近く付き合ってくださっている、Hi○○○くんとかね。 「GUMOLさんが来てくれるのを信じてます」と言ってくれた、バ○さんとかね。 今ブログ休止中なんだけど、お○○くんとかね。 会ってみてもいいかなと思うわけですよ。 しかし、この御三方はとても遠い地域に住んでいらっしゃるから、はっきり行って推理だけでは会える確率は低いんですよね。 あと、サプライズした御三方は快く僕を出迎えてくれましたけど、 「んあ?お前本当にきたの?うぜーよ」といわれる可能性も当然今までもあったわけで。 今後もあるわけで。 なので、 「来てもいいよ」 って、言ってくれた人のみにサプライズしに行くことにしました。 まぁ、いなければこれで終了ね。 でも推理だけは続けます。 これ結構楽しいから♪ んで、 ムトウくんをサプライズしてきて、このブログのネタに使わせていただいたわけですが、 まぁね、ぶっちゃけ、ムトウくんのことばっか情報漏洩させておいて、僕だけ情報守秘しているこの状況に、ムトウくんが切れちゃったら非常に恐ろしいので、僕のどでかい情報を一つ公開しておこうと思いつきまして、今日公開することにしました。(でも推理しないと分からないよ) これも、ブログ読んでいて分かっちゃったことなんですけどね。 まぁ、 Taksくんの家と俺の家はかなり近いってことが判明しちゃったわけですよ。 どれくらい近いかというと、 ケッタで余裕にTaksくん家行ける範囲。全然疲れない程度と推測。 Taksくんのブログ読んでて気づいちゃったんですよね。 「やべぇ。めっちゃ近所のこと話題にしてるわ・・・」 って。 なので、彼の家が特定できたら、僕の家も特定できたと同じことになるわけです。 まぁ、推理してみたい方は学ブロランキングの「◎伝説のきりかぶ◎」をご覧ください。 ではっち♪

      8
      テーマ:
  • 24 Jun
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編⑧~

      ぽんこつスナーーーップ!! これが、現在ブログ界で話題沸騰中の 「バニラアイスソフトキャンデー」だよ。 「キャンデー」だからね。「キャンディ」ではないので要注意! 食感は、ハイチュウよりもっと柔らかい感じ。 とても甘い。バニラアイスそのものの甘さ。 コンビニに売っています。 サプライズ(いつ終われるかな??)は前回は、とうとう、ムトウくんを発見したところで終了しているはず。ではその続きを(やべぇ。本当に大作になってきた) んで、サプライズの恒例となった行動をGUMOLはとる。 多分、彼は知らなかったと思うが、その日は実は3回もレジに並んだ上に、声を一切かけずに帰った。 本当にコレは恒例なのだ。リアルで最初に出会った時は、声を一切かけずに帰る。Y平くんのときも、たいしくんのときもそうだった。最初は見~て~る~だ~け~なのだ。 これは、僕の人見知りする性格がこういう行動にとらせてしまうのだ。 だっていきなし声かけるとかどう考えても恥ずかしいやん!! んで、任務は完了したので、探偵GUMOLはこれにて退散! ここからは、普通のGUMOLの登場だ!! 彼にあっさりとバイトしている曜日をコメントで聞いてみた。 んで、その日にあわせて、またコンビニに行ったのさ♪ 2度目はちゃんとサプライズ実行!! でも、曜日聞いた時点で、サプライズを感づかれてたかもしれないけど。 最初の言葉を何にしようかずごく迷った。 俺だと気づかせるためには、彼とコメントでやりやった内容を話すことが一番だと思った。 さらに、サプライズだから、驚く内容でないといけない。 「え?何?何?・・・えーーー!!!」 というリアクションもとらせたい。 悩んだ上、一つの言葉に絞った(下記参照) 下へGO↓↓

      6
      テーマ:
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編 最終回~

      そして、またまたまたまたB店へ。 またもや、アイスクリームキャンディを2袋購入すると同時にサプライズを実施。 レジに向かう。 ムトウくん「○○○円になりますね」 僕→金出す。 ムトウくん「○○円のお返しですね。ありがとうございます」 僕→帰る おいおいお~い!!! やっぱり緊張するんだ、これが。 笑えちゃいそうになって苦しんだ、これが。 でも、サプライズしにきたんだから、やられば意味がないんだ。 だから、勇気を振り絞り、再びレジの方向を向いたのさ。 洗い物していたムトウくんは、中断してこっちを向く。 僕は言う。 僕「あのさ、大須行くのもうちょっと待ってくれない?」 当時、ムトウくんのブログで俺がコメントしていたもので、特徴があったコメントはこれだと思った。 ムトウくん「・・・・・は?」 僕「大須・・・」 ムトウくん「・・・・・」 僕「・・・・・」 ありゃ?相当分からない御様子だべさ。 まぁいいさ。サプライズは相手がハッと気づいてくれなければ、「いえ、なんでもありません」とでも言って、帰ってしまえば終了だから。 この気づくか気づかないかの間がこっちはたまらなく楽しいのだから。 さぁ、気づくか?ムトウくん! ・・・ ・・・・・ ムトウくん「・・・・・え、え、もしかしてGUMOLくん?」 僕「はい。そうです」 ムトウくん「え?何やってるんすか?どうやってここ分かったんすか?」 僕「推測で」 いや~、今回は沈黙の時間が長かったものだから、こっちもかなりドキドキしちゃったけど、気づいてくれて良かったです♪ そのあと、ナンタラウンタラと客がいない間に喋って帰ることに。 てことで、、、 いや~、ほんとにバイト中に申しわけなかったっす。 でも多分また行きます。バニラアイスキャンデーを買いに☆ 終わり。

      14
      テーマ:
  • 22 Jun
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編⑦~

      店内に入る。 まずは、名札を見ないことには彼だと断定が出来ない。 名札を見ようと試みた。 しかし、その店員も僕が近づこうとするたびに、こちらを覗ってくる。 ・・・・・近づけない。なかなか手強い。てか、期待高まりすぎて、その店員を見ようとするたびに爆笑しそうになる。 余計にその店員を見ることが出来ない。 本を立ち読みしているように装い、堪えられない笑いを必死に堪える。 チラ見するのが無理と判断した後、何かを購入すると同時に、店員の名札を見る方法に変更したのさ。 んで、僕の体の80%は占めているといっても過言ではない、「ポカリスウェット」と手に取り、レジに向かう。 しかし、レジには店員が2人。さらに客が並んでいる。 このまま並んでしまうと、運が悪いと、その注目の店員じゃない店員に精算してもらうことになってしまう。 客がいなくなったときに、彼のレジに向かうことにした。 そして、客がいなくなった。 ・・・また笑いがこみ上げてくる。 レジ前の棚に顔を隠し、またもや、笑いと堪えた後にレジに向かった。 「ピッ」←バーコードを読み取った音 注目店員「147円になりますね」 値段はどうでもよくて、すかさず名札チェwwwwwwク!!! 「ムトウ」 BINGOwwwww!!! もう僕の調査は終了した。 もう大満足。 ブハ~~~。なんか富士山頂上まで登った気分。 ありゃ~~~、今日で終われなかった。 次回でラストに出来るか!

      8
      テーマ:
  • 20 Jun
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編⑥~

      ぽんこつワープ! (←久々のおもしろそうな自動車) 前回は、自分の詰めの甘さを露呈して終了しているはず。(今思うと本当恥ずかしい限りで) では、今日はその続き。てか、今日でラストに出来るかな~? 再びB店へ。 これで店員の名札に彼の名前が書いてあればビンゴだ!! この任務は終了となるのさ。 なので、店員を見てみる。 ・・・ 彼の名前の名札をした人はいなかった。 彼は今日は働いていないようだ。 そう考えてみた。そうさ。毎日働いているやつなんてそうそういない(特にバイトでは) というかまだ推理の段階なので、ここで本当に働いているのかも分からないのだが。。 でも僕はB店に絞ったのさ。 そして、店員に彼がここで働いているのか聞こうとしたのさ。 その時、僕の体が動かなくなったのさ。 そして、こう考えてしまったのさ。 <ここで店員に聞いてしまったら、100%推測のまま彼を見つけ出したことにならなくなる。やっと店舗も限定できたんだ。時間もある(本当は無い)また今度来よう。誰にも聞かず推理上だけで彼を発見してみたい・・・> こう考えた結果、その日はアイススリームキャンディを購入しただけで帰ったのさ。 余談だが、このアイスクリームキャンディめっさおいしかった。 甘党の僕にはもってこいの商品だった。 <何曜日に働いているのか・・・> これも、彼を推理だけで発見した後に聞くことにした。 そして次の日。 三度B店へ。 駐車場に車を停める。 運転席から、店内を見てみる。 ・・・・・ 大学生らしきイケメン店員がいる。 彼か? 期待が高まる。 下へGO↓↓

      テーマ:
  • 19 Jun
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編⑤~

      ぽんこつワープ! ←今日はどこの星に飛んだかな?(夏に向けてロマンを♪彼女と甘い夜を♪) てか昨日の、日本×クロアチア戦。 両チームとも後半から完全にバテてて、本当に楽しかったね♪ さらに、途中投入の玉田! ゴール前でパスとは、サッカー初心者の僕でも驚きました☆ いや~、なぜ玉田投入だったのか、未だに分かりません。 やつはグランパスに来てから、そんなに状態よくないと思ってたんだけど、ジーコ監督は使ってくれちゃいましたね。 最初から大黒にしておけよ!って突っ込みたくなる僕でした。 前回は、探したのにも関わらず、条件と合致した店舗を発見することが出来ず、改めて考え直したところで終わりました。ではその続きを。。 待てよ。 よく考えてみたら、B店がなんとなく条件に全て合致してそうな気がしてきた。 現在、5月28日だ。 グミが大量に写っている写真には、「母の日~~~」という広告が写っている。 そう。その写真は2週間ほど前に撮られた写真だったのさ。 「そうだ!グミだって商品だ!売れていくに決まっている!2週間も経てば、グミの量はかなり減っているはずだ!! そうか!B店だったのか!!」 僕としたことが・・・。 いや、むしろこれが僕。最後の詰めの甘いのが僕なのだ。 中学の数学のテストもいつも、計算があっているかなんて確認もせず提出し、 「90点はいったな」 と思っていて、いざテストが返ってくると、80点だったり。 僕「なぜだ!!」 と、先生に抗議しにいくと、先生が、 先生「GUMOL~。キミはいつの間に2×3が5になるようになったんだい??あとこの方程式、いつの間に「ー」が消えちゃったんだい??」 僕「どひょwwwww!!!(赤面)」 先生「式は全部あってんだけどね~。見直ししなかったろ?急いで計算したろ?お前試験開始25分ですでに寝てたからな。。バカ」 僕「・・・・・・・(恥)」 先生「GUMOLは詰めが甘いんだよ。時間あるんだからもっとゆっくり計算して、見直しもしろよ」 と言われたのが中1の最初の試験で、これから、ず~っと30分以内で試験を終わらせる癖が抜けず、いつもとんでもなくありえない箇所で間違えていて、△をよくもらうことから、先生に「ミスターさんかく」と呼ばれるようになったほどの詰めの甘さが常に僕の人生を狂わせてきたのさ。 例えが長かったが&話が完全にずれたが、 要はその甘さが、今回も自分の推理を自分で不安定にさせてしまったのさ。 そして5日目。再びB店へ行くことにしたのさ。 そのB店 もう一度、条件が当てはまるのか検証してみる。 ○○○駅から半径約2km~4km以内に彼の家がある・・・○ 彼の家から徒歩or自転車で15分未満の場所にバイト先がある・・・○ そのバイト先は、某人気カードゲーム機が窓側の本の棚の横ら辺に設置してある・・・○ 大量のグミが販売されている・・・× 入り口が店の左側についているコンビニである・・・○ 僕が実査して結果では、グミの在庫量は某市の○○○○チェーン店では3番目の在庫量だった。 さらに、写真よりB店のグミの在庫量は明らかに少なかった。 しかし、グミの置いてある配置もここが一番しっくりくる。 それ以外の条件は完璧に満たしている。 ここしかない。 くそ!B店なんて、1日目の2店舗目に来た場所じゃないか。 でも、その時は、グミの量の少なさに「違う」と判断してしまったけど、 どれもこれも条件満たしていて、 グミは売れてしまって、納入も写真の時ほどされていないのであれば、この条件も○と判定することができるじゃないか。 ここである。 推理結果からしてここしかないのさ。 くそ!やはり推理は当たっていたのか。本当に詰めが甘かった。 次回へ続く

      4
      テーマ:
  • 17 Jun
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編④~

      前回は、 「大変なことに気づいた」 ところで終わったはず。 さて、そろそろ終盤であります。 今日も彼に会うためだけに僕の推理しまくった経緯をご覧くださ~い♪ 大変なことに気づいた。 それは、、、 彼は何曜日に働いているのか?ということさ。 しまった。 またブログを読み返してみよう! ・・・ ・・・ 書いてない。 ここまで特定できたのに、最大の失態だった。 彼は何曜日に深夜バイトしているのか? ・・・ ・・・ ここまできて諦めたら、ストー・・・×、探偵の名が聞いてあきれてしまわれそうだ。 どうする・・・どうするのよ、俺! フッ。 探偵として大切なことを忘れていた。 探偵は推理だけでは、完全に特定できないってことに。 そう、探偵も歩いてナンボ!!聞き取りしてナンボの世界だったはずだ! まずは、その8店舗の中から、上記の条件に当てはまる店舗を探し出して、探し出したら、、、 そこの店員にいつ働いているか聞いちゃえばいいじゃないか!! ということで、22時以降にその範囲を特定した地域の○○○○を1店舗1店舗回った。 1日目・・・4店舗回る。 2日目・・・残りの4店舗回る。 あれ? 条件に当てはまる店舗が無かったぞ。 どういうことか? ・・・も、もしや俺の推理が間違っていたのか? これは一大事だ。 ニアピンの店舗が3店舗発見していたが、条件が一つだけ当てはまらない部分が3店舗ともあった。 A店・・・某人気カードゲーム機が無い。 B店・・・グミの量が少ない。 C店・・・グミの配置が写真と違う。 どれもその他の条件は当てはまっているのだが、上記の条件だけ、彼のバイト先と条件が合わない。 もうちょっと範囲を広げたほうがいいのか? そして、3日目・・・推理より範囲を広げて新しく範囲に指定した4店舗を回る。 今回は1店舗もニアピンさえしなかった。 おかしい。 4日目。もう一度初心に戻り、推理した条件を思い出してみる。 ○○○駅から半径約2km~4km以内に彼の家があり、 彼の家から徒歩or自転車で15分未満の場所にバイト先があり、 そのバイト先は、某人気カードゲーム機が窓側の本の棚の横ら辺に設置してあり、 大量のグミが販売されており、 入り口が店の左側についているコンビニを探し出せれば、そこが彼のバイト場所。 ・・・ もう一度、今まで回ったコンビニを思い出してみよう。 1店舗目。・・・ゲーム機が無かった。 2店舗目(B店)。・・・。・・・。・・・・・ 待てよ。 次回へ続く

      6
      テーマ:
  • 15 Jun
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編③~

      ぽんこつワンダフル!! 前回は、彼が使用する鉄道を特定して、某大学までの1時間半もの道のりを廃棄を持って通学したところから、はやり彼の家の近くにバイト先があるってことまでを推測した。 各界から、大反響のこのサプライズ企画! 「■無題 朝①を読んで、今②を読みました。 ストー…いや、探偵の任務応援してます!笑(応援しちゃまずいかも)」 「■無題 いや、すごい! すごいストーカーぶりですよ!!」 「■無題 ちょ、すごい探て… いやストーカーぶりですね!」 ・・・ん? なんか俺・・・ すっげー変態になってない? 大丈夫? みんなついてきてくれてるのかな? いくよ? 今日もいくよ? 覚悟はいいかい?? じゃ今日も元気よく行きましょう!! さらに、彼の記事にこういうのがあったのさ。 「ただいまバイトから帰ってきました。 ~~~~~ goingundermymemory at 06:50」←時間は確かこれくらい。 コンビニで働いたことのある人にしか分からないかもしれない。 コンビニの夜勤て大体22時~翌朝6時なんだよね。(僕もそうだった) とすると、45分間の間に、バイトから帰ってきて更新したことになる。 ブログ更新には30分は時間がかかるから(これも実体験)、彼のバイト先は彼の家にかなり近いことがここから読み取れるのさ。 これでやっと推理が一本の線になったのさ。 ○○○駅=彼の家が半径2km~4km=バイト先が徒歩orケッタ(自転車)で約15分未満 この推理結果から、地図にコンパスで半径を書いて、その中にあるコンビニを探してみたのさ。 しかし、ここでまたもや問題が。 コンビニ多すぎ。 これだけ限定したはずなのに、30店舗くらいコンビニが存在する。 探そうと思えば無理ではない店舗数だが、それでもちょっと多い。探すのに時間がかなりかかる。 そこで、三度彼のブログを読み返したのさ。 そして発見したのさ。 ここでは載せないが、彼がバイト中の写真がブログに掲載されていたのさ。 そこから、某大型コンビニエンスチェーンの○○○○だってことが特定できたのさ。 そして、○○○○に限定して、その地図の半径内を探してみたら、8店舗に絞ることが出来たのさ。 さらに、彼のブログには、彼のバイト先の写真がもう2枚掲載されていたのさ。 そこには、某人気ガードゲームの機械が写し出されていたのさ。 もう一つは、大量のグミが写っていたのさ。 さらにさらに、ブログを読んでいると、店舗の図までもが載っていたのさ。 これで彼のバイト先が特定できる! ○○○駅から半径約2km~4km以内に彼の家があり、 彼の家から徒歩or自転車で15分未満の場所にバイト先があり、 そのバイト先は、某人気カードゲーム機が窓側の本の棚の横ら辺に設置してあり、 大量のグミが販売されており、 入り口が店の左側についているコンビニを探し出せれば、そこが彼のバイト場所だということになるのさ!! さらに彼は深夜バイト。 彼に会うには最低でも22時以降でないと彼に会えない。 と、ここで一番大変なことに気づいた。 次回へ続く P.S. 遅くなりましたが、「バルさんのブログ」リンクに追加しました。 バルさんは僕が思うに、本当に大人っぽくて、紳士だと思います。 文章から感じられます。 バルさんはよく、「頭の弱いバルさんは~~~」って使うんですけど、 それを見るたびに、 「いや、絶対俺よりかは頭弱くないよーーー!!」って突っ込んでいます。 そんなブログです! (なんか説明になってないな。ごめんバルさん)

      6
      テーマ:
  • 14 Jun
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編②~

      ぽんこつわんこ! 「これから推理すれば、彼の家が○○○駅から徒歩30分以上1時間未満の場所にあるということが推定出来るわけさ。」 というところで前回は終了しているはず。 今日はその続き(調査過程及び結果)さ! 一部の方(本人)から、 「ちょ、記事の書き方 思いっきりストーカーの 思考回路wwwwwwww」 なんていう、コメントをいただきました。 だから違うんだって! いいかい?僕は探偵なんだよ! 僕は、法律を犯しているわけじゃないんだよ! これは僕の仕事なんだよ! これを見ている読者のみんなもまだ僕をストーカーと勘違いしている人がいるんじゃないか? まぁ読んでいれば、次期に僕が本当のストー・・・いや、探偵ってことが分かってくるはずさ。 それまで、まずはつべこべ言わず読んでくれ! 前回の推測結果からさらに推測していく。 「30分以上1時間未満」を距離になおす。 1時間で歩ける平均距離は4kmというデータがある。 これから大まかな推定が出来るのさ。 答えは、「駅から半径約2km以上4km未満」に彼の家があるのさ。 だけど、範囲を限定できるのはこれだけだった。 これだけでは、いくらなんでも家まで分かるわけがない。 みんなも気づいていたと思う。 人の家なんて、そう簡単に探せるわけがないと。。。 ♪ ヘヘヘ。 僕が探していたのは、最初から彼の家じゃないさ。 彼のブログのプロフィールにこう書いてあったのさ。 某ブログ抜粋。 「バドサークル部長。フリーペーパーサークル所属。 深夜のコンビニ店員。ツンデレ。 ポテト界のラストサムライ。グミ族。音楽狂。」 あったよね? 限定できそうな場所があったよね? 実は、この某ブログをよく読んでいる人には分かると思うんだけど、上の文章から3つ場所が限定出来るんだよね。 一つ目は、「バドサークル」から、大学を探せば活動場所が特定でき、会える。 二つ目は、「ポテト界のラストサムライ」から、某大学の食堂に行けば絶対会える。 最後の一つは「深夜のコンビニ定員」から、コンビニを探せば、会える。 一番簡単なのは、二つ目の某大学の食堂へ行くことである。 あとは彼を探すだけ。 実に簡単。 某大学は彼のブログに実名が公表されているので、探す必要はないのさ。 でも僕が選んだのは、 コンビニを探すことだったのさ。 だって、バドサークルと食堂は彼の家と全く関係ないから。 ここまで推定したのが意味なくなるでしょ? だからコンビニを探すことにしたのさ。 しかし、ここで問題発生! だって、彼が自分家の近くのコンビニで働いているとは限らないから。 しまった!! 普通に彼の家の近くのコンビニで働いているものだと思っていた。 ストー・・・いやいや、探偵として、実に初歩的ミスだった。 これは、正直焦った。(いや実は大して焦ってない) どの辺で働いているのか推測できる記事は無いかと探してみた。 某ブログ抜粋 「先日、学校へ廃棄を 売りさばきに渡しに 持っていった。 ~~~~~ よって学校までの 1時間半の道のりを、」 もうひとつ、彼の記事で、 「今日は特急で来たの?」 という会話が出てくる。 Get‘s!!! 僕にはこれだけの資料で十分さ。 確実に彼は彼の家の近くでバイトしていることが断定できたのさ。 まず、「特急」という区分。 愛知県民なら分かって同然だが、 愛知県には、JRと某大鉄道会社のN鉄道(M鉄)2つが愛知県の鉄道を支配しているのさ。 そして、JRの「快速」に当たる区分の列車をM鉄では「特急」と呼んでいるのさ。 だから、「特急」という単語が使われていた時点で、彼が使用する鉄道はM鉄と特定できるのさ。 そして、「学校までの1時間半の道のり」を廃棄を持っていったということは、○○○駅から、某大学の最寄り駅まで、約1時間半かかることから、彼のバイト先は、彼の家の近くにあると大まか推測出来るのさ! 次回へ続く

      6
      テーマ:
  • 13 Jun
    • サプライズ!! ~探偵とストーカーは紙一重 編①~

      ぽんこつわ~ぃ☆ 僕は探偵GUMOL。 人は僕のことをこう呼ぶんだ! ストーカーGUMOLって。 コラコラコラwww!!! 違う。違うんだ。 誤解しないでくれ。 人の家の周りをぐるぐる回っているのも、 電柱の陰から、俺がこっそり誰かを覗いているのも、 全て、探偵の職務である調査というものだからね。 あれを、ストーカー行為と間違えられては、僕も心外だよ。 たく、だから素人は困るんだよ。 探偵とストーカーの区別もつかないなんて。。。 まぁ、愚痴はこの辺にしておいて、 そんなストー・・・違う違う。探偵GUMOLは、5月の下旬にとあるブログを見ていて、ビビビっと感じる記事を発見したのさ。 某ブログ抜粋 「仕方ないのでその日は僕が お金を貸してあげることに。 そして僕はとりあえず焼き鳥が 食べたかったので白木屋に 友達を自転車に乗せていくことにした。 (お酒飲むからね。) ところが、その白木屋、 潰れていた。 代わりに笑笑だったか和民だったかに なっていた。 しかもどうやら大分前のことらしい。」 この文章を読んで、頭にイナズマがはしったのさ。 <え?ここって、○○○駅じゃね?> って。 これから、僕のストーカー探偵本能に火をつけたのさ。 <もしかしたら、彼に会えるんじゃね?> って。 それで、過去記事から現在の記事まで虱潰しに見たのさ。 そうしていると、記事から重要な手がかりとなる文章が発見されていったのさ。 某ブログ抜粋 「そして腹も心もいっぱいになり、 さて帰ろうかと思って 自転車の場所まで行き、鍵穴に鍵をさした時 ある異変に気付いた。 鍵が開かない。 マジかよ!? ここで、こんなタイミングで 壊れるのか?? いい気分だったのに一気に 冷めた。 歩いていったら普通に30分以上 かかってしまう。 それにこの自転車もこのまま ここには置いてはいけない。」 ○○○駅の近くで友達と飲んだ帰り。 彼の自転車の鍵を開けようとしたら開かなかったという記事だ。 分かるかい? この文章の重要性が。 もう○○○駅は推測できているこの状況下。 帰るということは当然、家に帰るわけさ。 そして、この文章から分かること。 「歩いたら30分以上かかる」 これがキーワードだ。 30分以上かかると言っていることから、彼の家は、駅から歩いて30以内には無いということが分かる。 しかし、30分以上かかる地域といえば、日本の端から端まで。 ここからが、GUMOLが中学校までに養った文章読解力を大いに発揮するところだ。 人間、細かい数値を述べなければならないとき、その数字に近い、区切りのいい数値を使いたがる。 「30分以上」 というのも、本当は細かい数値なのだろうが、そこまで正確に書くのが面倒なために、一番妥当であろう数値であった「30分」を使ったものとみられる。 ここからがポイントさ! 一番妥当であろう数値というのも、その数値によって変わってくる。 「30分以上」 は、34分なのかもしれないし、50分なのかもしれないし、70分なのかもしれない。 しかし、最後の「70分」という説であるとしたら、多分彼はこう書いているだろう。 「歩いたら1時間以上かかってしまう」 そう。 70分の場合なら、「30分以上」より、「1時間以上」のほうが、一番妥当な区切りのいい数値なのさ。 これから推理すれば、彼の家が○○○駅から徒歩30分以上1時間未満の場所にあるということが推定出来るわけさ。 次回へ続く

      2
      テーマ:
  • 12 Jun
    • 「中京女子大学」とYahooで検索すると、このブログが引っかかる可能性があるブログ。

      ちょ、ちょい。 サプライズ書く前に一言言わせてほしい。 あの・・・・・ なにやってるんすか?中京女子大学さん。 来年度から、男子を受け入れたりしちゃうらしいじゃないですか。 さらに、共学なのに、学校名は「中京女子大学」のままらしいじゃないですか・・・。 来年度受験のやつらはなんて羨まs・・・ 違う違う。 恥ずかしいじゃないか!女子大に男子が入学するのって。 入学するような野郎は、世間から絶対、 「変態」 だの。 「オタク」 だの。 「人生の敗北者」 だの言われるわけですよ。(最後のは無いかも) せめて共学にするなら、学校名変えましょう。 僕はそう思います。 まぁ、とは言っても実は・・・・・ 愛知淑徳大学が先に共学化してるからね。 淑徳って、婦人の美徳とかそんなような意味でしょ? じゃ 「愛知淑徳大学」=「愛知女子大学」 って意味と一緒だよね? あららwww。 もうかなり男子を受け入れてますよ、愛知淑徳大学は。。。 まぁしょうがないね。時代の流れだよね。女子大でも男子が入学する世の中になったんだよね。 頭を切り替えないと。。 女子大行きたい受験生諸君。 僕は君たちを応援します♪

      6
      テーマ:
  • 11 Jun
    • ごぶさた~ん。セガサターン。(せがた三四郎が懐かしい) その1

      ぽんこつわ~☆(盗用2度目) えー・・・・・、あのー・・・・・、え~っと・・・・・ ブログやめてませんよ。 今日は、資格試験を受けて撃沈・・・ と書くと、ブログ的にはおもしろいんだろうけど、実際は微妙に出来た☆ しかし、しかし、 どう考えても、点数は60点くらいしか取れてない感じ。 合格点は70点・・・ 結局撃沈です。どうも、GUMOLです。 まぁね、ぶっちゃけブログ閉鎖しようかなって1日だけ考えましたけど、 そこがブログ中毒者な僕には出来ない行為でありまして、 「資格試験終わるまで更新やめとくか」的ノリでほかっておきました。(ほかるって三河弁?) あ、そうだ。なのでムトウくん。僕は不慮の事態のお陰で、この1週間暇になっちゃったので、もしよかったら遊んでください。あ、バイトが入ってたんだっけ? てか、DSCの代返に行かないといけないのかな?めんどいなぁ。キミ、僕が行ってほしいなら迎えに来なさい。 でもまぁ、4年生のターニングポイントが終わったわけではないので、また6月下旬からズバズバっと用事が入ってくるわけで、暇になるのが7月10日以降ってな感じでありまして。 うんでまぁ、秋からは試験のオンパレードなもので、ズカズカ受けてやろうじゃないのって感じでありまして。。 うんでまぁ、結局のところですね、、、 俺の人生はどちらへ進もうとしておられるのですか? と突っ込みたくなる今日この頃なのです。 大学生のうちに、将来やりたいことを模索して決定するはずだったのに、 いまだに模索中とは、こりゃすばらしいと思いませんか? このままいくと多分、一生模索中のままですよ。 いい言葉に置き換えれば、一生青春ってことかな?悩む素晴らしさ☆ まぁ、Y平くんが嫌いなフォント弄りを結構しちゃった今回の記事なんだけれども、 要は何が言いたいかというと、 この忙しい(今は暇)時に、 また、、、 サプライズしてきたってことね。 あぁ、人生のターニングポイントで何をやっているのでしょう、僕は。 でもなんかそれが僕っぽくていいなぁなんて自己満したりして。 まぁ、先に言っちゃうと、ターゲットはムトウくん。 全くムトウくんにサプライズしようなんて考えてなかったんだけど、ムトウくんのブログ読んでいたら段々したくなってきたんだよね。

      テーマ:
    • ごぶさた~ん。セガサターン。(せがた三四郎が懐かしい) その2

      だって、記事読んでいたら、ムトウくんのバイト先が限定できちゃったんだもん! いや~~~、ホント余分なことには頭がキレまくるGUMOLです。改めましてこんにちは。 この辺の頭の使い方は、昔から全く変わってないね。 よく、中学の担任たちに、 「すごいねぇ、GUMOL!その頭の回転を少しでも勉学に回したらすぐ(テスト順位の上位)1割に入れると思うよ」 って常にチクチクグサグサ言われたものさ。 結局、勉学に回さなかったけど♪ だってだって、1割と言えば、うちの中学だと、まぁ20位以内だわな。 んで、20位に入ったらなんのメリットが僕にあるの?って思ってたわけ。 別に50位でも70位でも100位でも何位でも大して変わらないよってのが当時の僕の考え。 え?家族が喜ぶんじゃないのって?唯一それがメリットじゃないかって?ご褒美がもらえるんじゃないかって・・・? たわけ! 次男坊のフリーダムさを、きみたちはまだ知らないようだね。 次男坊=どうでもいい なのだよ。 勉強しようが、なまけてようが、なんら家族関係にはなんら関係ないのだよ。 たとえ順位が上がったとしても、 「あ~・・・、よかったね」 的な、だからどうしたの?状態なのだよ。ご褒美なんてあるがボケ!! だから僕は自由人。そして、勉学にメリットを感じない男。 友達を順位を争うってのもなんか低レベルに思えたんだよ。争っているぐらいなら、ちゃっちゃと1位になれよ!てな感じで。(なれないけど) そんなフリーダムGUMOLは、この世には勉学より大切なものがあるんだ! と、探し続けて10年余り。。。 まぁ、結局勉強が一番大切でした。(NEET予備軍GUMOL 談) 今、このブログを読んでいる高校生以下の諸君。こんなん読んでないで勉強しましょう。 んで、なんの話してたんだっけ? あー、サプライズね。 また次回書くよ。 では!(なんだこの適当さは)

      6
      テーマ:
  • 02 Jun
    • ありがとうハク ~新たな時代へ~

      今、家の最後の鳥(白文鳥)の白吉(はくきち)があの世に旅立ちました。 6歳5ヶ月でした。 彼は、僕をダメ人間から普通の男にするために家に来てくれたと思っています。 結果、一番辛かった時期に一番元気に応援してくれました。 すぐダメ人間に戻ろうとする僕を常に勇気付けてくれて、後押しをしてくれました。 落込んでいる時でも、態度を変えることなく接してくるハク。 人生を諦めた僕に「もう一度頑張れよ」と言ってくれたようなきがしました。 当時の友達はどんどん僕のことを見捨てていきました。 キョロ(セキセイインコ)とハクだけが応援してくれたようなきがします。 父親が亡くなってから、無感情になっていた僕に感情を持たせてくれたのも彼らでした。 そう、彼らは僕の心が回復するまで、家で応援してくれるためにやってきたのです。 そして、キョロは大学入学した後に逝きました。 彼は、僕が不登校なんかしていたら99%入れないような大学に入学できて、回復できたと思ったのでしょう。任務は終わったと思ったのでしょう。逝ってしまいました。 そして、今日、最後の1羽のハク。 僕が、卒業単位数取れて、もう卒業が確定したので、回復したと思ったのでしょう。任務が終わったと思ったのでしょう。旅立ちました。 かなり彼らに助けられました。なんせ彼らは絶対に嘘をつかないし、態度を変えない。 それが何よりの僕の癒しでした。 ハクは5月に入ってから、調子を崩し始め、段々症状が悪くなっていきました。 今日までの間、一生懸命看病しました。 獣医にも見せました。 獣医は「風邪」と診断しました。 「1週間くらいで治る」と言いました。 ・・・またもや、俺が人を信用しなくなる要因を作ってくれた。 俺は医師と名乗るもの全て憎んでいる。 やつらは死ぬべきだ。 またもや、憎悪・殺意を膨らませてくれた。 あまり俺を本気にさせるなよ。

      4
      テーマ:
    • ありがとうハク ~新たな時代へ~

      看病生活も今日で終わりました。 守るものもなくなりました。 最近の不安の要因の一つが消えました。 でも、ここまで回復させてもらった人生だ。 無駄にすることは出来ない。 むしろ、一度捨てた人生。 もう恐いものはない。 俺はもっと上に行く。 医師たちを黙らせる地位まで上り詰める。 バカだから上り詰めることなんて出来ないなんてことは無い。 方法はいくらでもある。 大学生中に考えた。 そして、実行中だ。 彼らがいなくなったのは寂しくてしょうがないが、彼らがくれた人生を無駄にすることは出来ない。 前に進むのみ。 これもハクたちが教えてくれた。 父親がいなくなった寂しさを彼らが必死で埋めてくれた。 でももう俺も21歳。 いつまでも寂しさ・空虚感の穴埋めをペットに頼っていられない。 もう父親がいないからなんて理由で一歩ひいたりなんてしない。 これは大学に入ってから実行していることだが、明日から本格的にやっていいようだ。 世の中は俺が大学生・21歳というだけでなめてかかってくる。 お前らが考えている大学生とは違うってところを見せ付けてやらないと。 カスな大人たちは俺がどん底に突き落としてやる。 ハクは最後まで毛並みがとても綺麗でした。 最後まで生きることを諦めませんでした。 誇りに思える文鳥でした。 ありがとうハク。 これから未知の鳥が家にいない生活(15年間鳥たちが家にいました)が始まるけど、頑張ってみます。

      4
      テーマ:

プロフィール

GUMOL(ぐ~もる)

性別:
女性に間違えられない男性。
誕生日:
高校生に間違えられる成人。

読者になる

AD

こにゃにゃちは。
自身でも意外と続けていると思っているブログです。
みんな止めちゃうんですよね。
まあ家族ができればやる暇が無くなるかと思いますが、逆に家族で来たから再びやり始める方もいるし、要はやる気次第ということでしょうか。
それかその他SNSに流れているのでしょうか。そもそもブログはSNSなのでしょうか。
ともあれ、このブログもやれるとこまではやりますので。予定。予定は未定。

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近のコメント

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。