休日バトンを頂いていたので、やります!

え?恋愛バトン??

知らない知らない。そんなの知らない(爆)

では休日バトンを↓

Q1:休日は外出派?それとも自宅でまったり派?

自宅でまったり→5:5←外出。

てか、学生て常に休日のようなものだから、いつのことを基準にすればいいのか分からないぞ。土日に絞ればいいのかな?


Q2:休日の朝は何時に起きますか?

8時半~9時半。

寝ようとすれば、昼まで寝ちゃうんだろうケド、なんかその日が勿体無い気がして、9時台で起きます。かといって、何かをする確率は30%ですけど。


Q3:休日の前夜は夜更かし派ですか?早寝派ですか?


もち夜更かし派!

と言っても、GUMOLは徹夜はできない男なので2時くらいには寝ます。何をしているかというと・・・まぁ、いろんなこと♪

Q4:休日に外出をする時には主に誰と出掛けますか?


一人:母親:友達  5:3:2

そんないつも友達と時間があうわけではないので、半分くらいは一人で。父親がいないので、代わりに母親の買い物は極力ついていってます。遊びたくなった+友達と時間があった時は友達と!

Q5:休日の外出は車?それとも他の交通機関?


もち車!

交通機関とか無いし!!電車とかバス使ってたら行く場所が限定されてしまう。

Q6:テーマパークと映画ではどちらに行きたいですか?


映画。

映画好きなんですよ。あの臨場感はたまらないッス。でも最近見に行ってない。レンタルばっか。。

Q7:ショッピングと自然散策ではどちらが好きですか?

自然散策。

極力人がいないところがいいですね。リラックスしたいです。


Q8:休日の夕食は外食が多い?それとも自宅?

外食→5:5←自宅

外食と言っても、おおつくん的に言うと、高級丼屋の吉○家とか、愛知県限定ではあるけど、高級ラーメンのす○きやとか、まぁその辺にある高級レストランばかり行ってますよ。


Q9:次にバトンを渡す人を決めてね?

僕のブログにリンクしてある人は、絶対にやってくれるということを考えるに難しくない(あ、日本語が変になっちゃった。無理があった)

限定はしません。やってくれれば僕が嬉しいだけですから。

AD

愛車物語 ~洗車と傷直し編~ 前編 を読んでから見てね。

次の日。

僕「じゃ、エアータッチを使って治す(直す)よ!」

愛車「待ってました!!」

傷の部分を改めて洗って、それからエアータッチを吹きかけてみた。

シャー

シャー

僕「あ、あ、あれ?」

愛車「どうしたの?」

僕「う、うまく出来ない・・・・・」

愛車「え?頑張ってよ」

僕「う、うん。。。」

シャー

シャー

・・・

失敗


愛車7-2

僕9

僕「ごめん。こんなんくらいしか出来なかった」

愛車「・・・・・。でも、一生懸命やってくれたんでしょ?」

僕「そうなんだけど・・・。もう3,4年これで我慢してくれないか?社会人になったら板金屋に連れていくから」

愛車「わかった。はやく稼いで僕を直してね」

僕「了解!あ、足(タイヤ)が結構消耗してるね。これは、学生中でも頑張って交換するよ」

と、いうことで、今回の話は終了です。

ご購読ありがとうございました。

てか、Piggyの小部屋とメルヘンチックが似てましたね。たいしくん、ごめんなさい。訴えないでください。

AD

前回の記事 を読んでから見てね!

3月30日。

AM8:00 朝ごはん

くそ眠たかったけど、なんとか食べて、9:00からの延長戦に備えます。

AM9:00 発表延長戦開始

と言っても、PM12:30までだったので、昨日に比べたら余裕です。

発表終了。

友達に、

「やっと終わったぜ~。ねぇねぇ、昼飯、湯葉でも食べにいかん?」

そう誘っていると、この合宿の幹事が、

「昼ごはんは旅館が用意してくれたので、今から食堂へ移動してください」

まじか!?

と言う事で、食堂へ。

出された昼食はなんと・・・。

レトルトカレー。

やられた。やられました。

湯葉がカレーになってしまいました。

さらに、後で聞いた話だけど、このカレー、値段は、

1,000円!!

いや~、京都の旅館も最近は「ぼったくり旅館」とかになったんですかね?

そのぼったくりカレーを食べた後、やっとこさ自由時間に!!

俺「おいおいおーい!!やっと開放だよ~。んでどこ行く??」

友達A「どこ行こう?」

僕「どっか行きたいところ無いの?」

友達共「清水寺――!!」

僕「待て!セニョールたち!清水寺は僕、最近言ったばかりなのだよ。だから・・・そうだな、銀閣寺とかどう?金閣でなくて銀閣!!」

友達共「嫌!!」

僕「なんで?」

友達B「清水の舞台が見たくなったもん。てか、合宿来る前から清水寺行くって決めてたし」

僕「・・・・・」

あと3回くらい続く(お付き合いください(_ _))

AD

ぬ、ぬお~~~!!!

人生最大の失態を犯してしまいました。

未だに立ち直れません。

ど、どうしよう・・・。

あ、あのですね・・・。

愛車に傷がついちゃったんです~!!

愛車「おい!GUMOL!!よくも俺の体(車体)に傷を付けてくれたな!!」

僕「ご、ごめんよ愛車君。悪気は無かったんだ。ゆ、許してください!!」

愛車「ああん?お前、いつも俺に文句ばっかり言ってきて、我慢して言うこと聞いてきてやったのに、自分がやった失態には、謝るだけで済ませるつもりか?」

僕「ほ、本当に済まないと思っているんだ。ど、どうすれば許してくれるんだい??」

愛車「・・・板金屋に俺を連れていきな」

僕「そ、それだけは出来ないんだよ。だって板金屋に連れて行ったら、お金が5万くらいかかるじゃない?大学生の俺には、そんな大金持ち合わせてないんだよ」

愛車「・・・・・けっ、前のオーナーは金いっぱい持っていたのに、今度のオーナーさんは、とんだ貧乏野郎に当たっちまったぜ」

僕「・・・ちょっと待ちな。キミの関節(トランスミッション)の怪我に気づいてあげたのは誰だったっけ?さらに、その文句をディーラーに言ってあげたのは誰だったっけ?本当の上手い運転というものを教えてあげたのは誰だったっけ?」

愛車「・・・あ、そ、それは、、、GUMOLオーナーです」

僕「だろ?前のオーナーよりかは、断然にきみのこと思って乗っているはずだ。エンジンオイルだって3,000km毎にちゃんと交換しているだろ?今度だって、ミッションオイルを換えようと思っていたんだ」

愛車「そうだったんですか・・・。で、でも傷は痛いです!」

僕「分かっている、分かっているよ。それは本当に申し訳なかった。だから、その傷は僕が治すよ(直すよ)」

愛車「治せるんですか?」

僕「ああ。使ったことは無いけど、エアータッチっていう優れた修復材が発売されたんだ。それできみを治してあげるよ。だからそれで許してくれないかい?」

愛車「わ、分かりました。今回はそれで許します。でも、今度から気をつけてくださいよ。僕だって  痛いんですから」

僕「ああ。今まで以上に注意を払ってきみを運転するよ。きみは皮膚(塗装)が弱いからね」

※  愛車はホンダ製のため、塗装が異常に弱い(薄い)。ホンダは全体にわたって車体は適当である。

僕「それじゃ、きみを洗った後で、傷を治そう!」

と、愛車とも仲直りが出来たところで、愛車を洗車することにした。

最近、洗車もサボっていたので、いい機会だと思って一生懸命に洗うことにした。

僕2

「あ~あ~、傷ついちゃったよ」(凹むGUMOL

僕3

「おっしゃー!!気合入れて洗車するか!!」(元気を出すGUMOL

僕4

「おし!待っていろよ愛車君!いまからピッカピカにしてやるからな!!」(洗う準備をするGUMOL

ゴシゴシ

ゴシゴシ

ゴシゴシ。。。

シャ~~~(シャワーをかける音)

僕5

「や、やっと水洗いが終わった」(水洗いだけで疲れたGUMOL

僕「どうだい?気持ちよくなったかい?」

愛車「うん!一皮向けたよ!ありがとう。見栄えよくなったんじゃない?」

僕「そうだね。でも・・・・・」

僕8

「他がきれいになっても傷は消えてないんだよなぁ」(再び凹むGUMOL

その後、水あかクリーナーを始めて使ってみた。

消える消える!!

おもしろいくらい水あかとか汚れが落ちた。

でも、よくよく見てみると・・・。

水あかクリーナーを使ったところだけやけに白い。

僕7

「遠くから見れば分からないよね?」(気にするGUMOL

その後、またもや始めて使うポリマーというものをかけてみた。

うん!これは成功!!

僕6

「やった~!!洗車完了!!」(喜ぶGUMOL

僕「きれいになったよ!愛車君」

愛車「ほんと?保湿(コーティング)もしてツルツルだよ!」

僕「今日は日が暮れてきちゃったから、傷直しは明日でいいかな?」

愛車「分かった。いいよ」

ちょこっとだけ、次回に続く。

今日は他のこと書こうかと思いましたが、面白いことが起こったのでそっちを書きます。

今起こった出来事です。。。

動画ブログというものに興味があったので、Yahooで検索して、実際に動画ブログをやっているらしい人のブログを覗いてみました。

すると、その場では見れなくて、どこかに動画はリンクされていました。

「ほほう。リンク先で動画が見られるのか・・・」

レッツクリック~~~!!

・・・

表示された画面は、

「あなたのPCはブラックウォームに感染する恐れがあります・・・」

な、なにぃ~~~!!!

や、やられた~~!!

続きを読むと、

「今すぐに、ウィルス対策ソフトを購入して防御しよう」

見たいな事が書かれていました。

「・・・・・ん?ウィルス対策ソフトを買う?てか俺のPCにはすでにマカフィが入っているはずじゃ・・・。あれ?今思えば、これ○○センターって場所からの警告だけど、どこのセンターだよ?そもそも、「感染する恐れがある」ってどういうことだ?退治してくれていないのか?どうみてもマカフィからの警告ではないよな。そんな勝手にウィルス感知してくれるような、そんなボランティア的サイトが存在するか?怪しい・・・怪しすぎる・・・。も、もしや!このウィルス対策ソフト自体にウィルスが組み込まれているのでは??」

と、注意書きを読めば読むほど、なんか怪しかったので、まずブラックウォームなるウィルスが本当に存在するのか、調べてみる。

カチカチカチ・・・。

ブラックウォームウィルスに関するサイトを発見しました。

内容は、、、

「ブラックウォームに感染する恐れがあると言って、恐怖感をあおらせ、高額なウィルス対策ソフトを売りつけるという、ある意味、ワンクリック詐欺に等しい内容のサイトが出回っている・・・」

な、なにぃ~~~!!!

よかった。ダウンロードしなくて。

でも、ちょいと不安だったので、スパイウェアにかけてみると、、、

いました。

ちゃっかり入ってました。

クッキーのファイルにいるようだったので、一時ファイルを全部削除しました。

これで消えたかな?

あ~あ、こういうことがあるから、ネットで面倒だよね~。

みなさんも気をつけてくださいね~。

にしても、マカフィは何も反応しなかったな・・・。替え時かな?