ブログでコメントなどをくれる人たちは、ぞくになんと言うのでしょうか??

「知り合い」でしょうか?

でも、顔を知り合っているわけではないので違いますよね?

「ブログ友達」でしょうか?

そんなような気がしますけど、友達でいいんでしょうか?会ってもいないのに。。

「ブログでコメントくれる人」でしょうか?

一番しっくりくるけど、一番愛想のない言い方になっちゃってますよね。

なにか名称を知っている方、教えてくださ~い。

AD

今回はホンダですねぇ。




ホンダのスポーツ魂にはいつも感心しています。



なぜって、今時スポーツなんて売れないからです。



だから、ホンダの目指したものは、“全てのカテゴリにスポーツ性能を“です。


セダンもスポーティ。


ミニバンもスポーティ。


ワゴンもスポーティってね。


当然、純粋なスポーツカーも作ってます。




しかし、純粋スポーツカーについては、最近のミニバンブームとスペシャリティの低迷には勝てなくて、ミドルスポーツカーの「インテグラ」が生産中止になりそうです。



あと、ホンダが“バリバリホンダイズムの象徴“として、ブランド化してきたタイプR



インテグラにもタイプRは存在しています。もうひとつ、シビックにも前の型までタイプRが存在していました。


新型シビックからはタイプRは消えました。インテグラも生産中止と同時にタイプRは消えるでしょう。



そうなると“バンバンホンダイズムの象徴“は、姿を消すことになります。

これも時代の流れでしょうがないといえばしょうがないのですが、さびしい限りです。

(ついでに僕の車はインテグラなんです)




このような、ちょっと今の時代におされ気味な感覚を受けたホンダブースでした。

かといって、他のメーカーに比べたらスポーツ魂はガンガン感じますけどね。




ホンダの期待は、超高級純粋スポーツカーのNSXの後継車が開発されているということ。

これは、2年前の名古屋モーターショーで出品されていて、非常に注目を集めてました。



〈ホンダはまだ純粋スポーツカー製作を捨てていない。。。〉





売れる自動車=トヨタイズムの自動車です。低燃費、高性能で売れるんです。でも運転していて楽しくないんです。



運転していて楽しい自動車=ホンダイズムをこれからも時代に負けじと続けて貫いてほしいです。





HONDA1

う~ん。僕はこのデザイン好きになれないんですが・・・。好きな方もいますよね?




HONDA2

若者向けの未来のホンダ車。これにホンダイズムスパイスをちょちょっと加えると、実に楽しい車になります。




HONDA3

これは、高級スポーツカーなんでしょうね。これはちょっとかっこいいかな。じ~~っと見つめていると段々格好良く見えてこないっすか??

AD

1週間ぶり

テーマ:

GUTEN MORGEN!!(ドイツ語:おはようございます!!)

この熟語が、GUMOLの語源となっています。水色の部分を抜粋。最後のRをLに変更すれば、GUMOLになります。GUMORでも良かったんですけど、なんか「グーモー」って読めちゃって、格好悪いので、GUMOL「グーモル」に変更したんです。

他にもGUTEN TAG(ドイツ語:こんにちは)から、GUTAGってのも考えたんですけどね。「グータグ」ってのも、自分の中ではしっくりこなかったので、廃案になったというどうでもいい経緯があるんです。

と、いうことで、お久しぶりです!GUMOLです。

この1週間、更新しなくて申し訳ございませんでした。

早速、気になっている方もいるであろう「旅」の詳細についてお話いたします。

「旅」と言っていたのは、親戚の家に泊まりこんで、ドライブテクニックを磨こう!と言うことでした。

親戚の家は、最近、なんかかんか忙しいらしく、家が空家状態になっていたので、その期間を狙って泊り込もうとしたわけです。

が、しかし問題が発生。。。

結局昨日まで、泊まらせてもらえませんでした。。。

じゃ、昨日までの空白の約6日間は?といいますと、、、

まぁ2日間は大学行って終了。

残りの時間は、その親戚の家まで高速使っていって、その親戚の家は、田舎の盆地にあるものですから、高速下りてからは、ドラテク向上の意味も込めて、かなりブンブンしながら行って、親戚の家の近くにある峠でまたもやブンブンを繰り返していたのです。

お陰で、随分タイヤが減りました。もうじきタイヤ交換の時期かなぁと思ってます。

そんなことやってました。

んで、親戚の家には泊まれなかったので、またわざわざ、自分の家に高速使って帰ってきてました。お陰でお金も随分減りました。ガソリン代を含めて。

んで、高速道路では記録的な速度を計測してきました。1×0kmでました。(ご想像にお任せします)もうタイムスリップしちゃうかと思った。(バック・トゥーザ・フューチャーより)

ん??そうだったのならブログ更新できたんじゃないかって?

帰ってくるのが深夜だったので、やめてました。26日まで更新しないかもって書いてあったしね。

でも、こんなことも今週でおしま~い。

だって来週から忙しくなっちゃうんで。師走ですからね。

ちゃんと、ブログは更新してきますよ!!

んでんで、その峠の写真とか載せようと思ってたんですけど、撮ってくるの忘れた。。。

そんなGUMOLをこれからもよろしくお願いしますm_ _m


AD

モーターショーは車の将来、メーカーの将来が見えてくるので、実に楽しいです。企業戦略に興味のある僕にとっては、戦略の見せ合い場所になっているモーターショーは良い勉強場所ですよ。ではでは、何回かに分けて、モーターショーの中身を紹介してきましょう。


今回は日産ブースです!!


日産ブースで最初に見たのは、新型「ブルーバードシルフィ」でした。

一番最初に見れる場所に新型シルフィが配置させているところを見ても、シルフィに日産はかなりの期待をかけているのがうかがえます。新型シルフィは写真で見たことはあったのですが、実物を見て、

「あ、かなり完成度は良かったんだ」

と思いました。

売れるんじゃないかなぁと思ってます。多分、車体価格は220万円前後に設定されてくるでしょう。現行型は180万円前後で販売されています。このクラスにしては、かなりの“見た目高級感”を感じることが出来る車です。高級車がほしいけど、資金が足りないって顧客をブルーバードシルフィはターゲットにしています。んで、新型は現行型よりも高級感はUP!より高級感を求める方にはおすすめな商品でしょう。お金のないアンちゃん系にもうけるかもしれませんね。


NISSAN1

ブルーバードシルフィ

日産の主力小型セダン




やはり日産ブースで目を引いていたのが、時期スカイラインGT-Rでしょう。スポーツカーファンにとって、GT-Rの復活は、日本のスポーツカーの実力を復活させるに不可欠でしょう。前期型まで、常にGT-Rは日本一のスポーツカーとして君臨してきました。しかし、最近の不況でスポーツカーが売れず、日本メーカー各社ともスポーツカーから手を引いていきました。その中にGT-Rも含まれていました。

しかししかし、ゴーン社長がきてから日産は一変。いきなりスポーツカーをバカバカ復活させていったのです。ゴーン社長いわく、

「スポーツカーはその会社の技術の象徴」

らしいんです。

それでゴーン社長は「フェアレディZ」を復活。「スカイラインクーぺ」も復活させました。そして次は「GT-R」と「シルビア」を復活させるんです。

いままで、スポーツカーといえば、HONDAだったんですけどね。最近は日産の方が元気です。こういう風潮をトヨタにも植えつけたいところです。

んで、GT-Rの中身ですが、、、よく分かりません!!いろんな情報が今でも飛び交っていて、結局のところは、発売予定の2年後に近くならないと情報誌の方も確固たる情報は公開されないでしょう。それまでお楽しみです。でもまたもや日本一なのは間違いないでしょう。研究に時間を費やしまくってますから。



NISSAN2

スカイラインGT-R

日本一のスポーツカーが帰ってくる!!

日本車の技術力を世界に見せてやるのだー!!!