ホームページが新しくなりました。

カンボジア・愛センター

 

ボランティアは随時受け付けをしています。

aicom83@hotmail.com
までご連絡ください。


2017年のカンボジアの祭日は
こちらをご覧ください。
 ↓
2017年 カンボジアの祭日


子どもたちへの寄付
もお願いします。

今後職業訓練なども行っていくつもりです。


↓ブログはこちらから
  • 08 Jan
    • クリスマス会(本番)

      時系列が逆転してしまいますが、昨年末のクリスマス会の様子を少し。今回のクリスマス会は授業内に軽食(フライドチキン)とジュースで乾杯し、楽しみました。このケンタッキーのようなフライドチキンは、近所の屋台で売っている人気メニューです。(ここ数年人気があります。)一応クリスマスらしくしました。こうやってみんなで一緒に何かを食べたりするのは子供達にとって、うれしい時間で、楽しく話しながら、いただきました。それから、クリスマスのプレゼントです。カンボジアスタイルで、包装が少し豪華になっていますが、中身は、すぐに使える文房具ばかりです。子供達はみんな嬉しそうですね。このようなちょっとしたイベントは子供達にとって勉強の励みにもなります。今回のクリスマス会にかかった費用は支援者の方からいただいた寄付を使わせていただきました。どうもありがとうございました。とても楽しい時間になりました。

      1
      テーマ:
  • 07 Jan
    • 新年のご挨拶

      明けましておめでとうございます。皆さんのご支援、応援を受けて、センターも新しい年を迎えることができました。心新たに、スタッフ、生徒、共に頑張っていきますので、今年も皆さま、よろしくお願いいたします。1月2日の年明けの授業は、うちわに絵を描く、図工の授業からスタートしました。2018年をテーマに絵を描いている子もいて、新しい年に、また前向きに頑張っていけそうです。皆さまにとって、2018年がいい年になりますように。

      1
      テーマ:
  • 30 Dec
    • クリスマス会(飾り付け)

      年を越す前に、なんとか今年のことを少しでも多く書いておこうとクリスマス会のことでも。今年のクリスマス会は、授業時間内にクラスごとに行いました。クリスマス会の前に、美術の授業を兼ねて、おしゃれなツリーの飾りつけを。こんな感じになりました。そして、完成形がこちら。かわいい手作りのツリーができました。図工の授業を頑張った効果が出ているような気が。飾りつけを頑張った子供達の写真をパチリ。そして、子供達の気持ちは盛り上がります!

      テーマ:
  • 07 Dec
    • 師走ですね。

      もう12月ですね。12月はありがたいことに、リピーターのボランティアの方が複数センターに来てくださることになっています。多少の生徒の入れ替えはあるものの、スタッフも子供達も、ボランティアの方の顔を覚えているもので、こんな授業をしてくれましたよね、会話の練習をしてもらいました、などと、エピソードが必ず出てきます。再訪は、スタッフにとっても子供達にとってもとても励みになり、頑張って勉強を続けようという気持ちが強くなります。しかも、12月に続けてというと、ちょっとしたクリスマスプレゼントのような気持ちになるかもしれません。ここ最近はボランティアの数は減っていますが、だからこそ子供達と接する時間、機会は多いです。ボランティアをご検討の方、ぜひいらしてください。

      3
      テーマ:
  • 06 Dec
    • カンボジアの州パズル

      以前にこちらでカンボジアの州のパズルを段ボールで試作しているという話を書きました。 ↓授業準備その後、試行錯誤を繰り返し、ようやくパズルが完成しました。完成したパズルがこちらです。売り物にしてもおかしくないぐらいに高い完成度に仕上がっています。これなら、子供達も食いつくこと間違いなし。授業が楽しみです。

      テーマ:
  • 01 Dec
    • 2018年 カンボジアの祭日

      祭日が多い国、カンボジアですが、2018年の祭日が発表されましたので、こちらに載せておきます。カレンダーは旅行会社のピースインツアーのものを使わせていただいています。 カンボジア祝祭日 祝日が土曜日もしくは日曜日に重なった場合は振替休日が適用されます。 土日は基本的にすべての官公庁、金融関係、大中小のオフィスは閉まります。 2018年 1月1日(月) インターナショナルニューイヤー(新年) 1月7日(日) 虐殺政権(ポルポト政権)からの解放日 1月31日(水) 万仏祭(ミアックボーチャー) 3月8日(木) 国際女性の日 4月14日(土)~16日(月) カンボジア正月 4月29日(日) 仏誕節・釈迦誕生日(ピサック・ボーチャー) 5月1日(火) 国際労働者の日(メーデー) 5月3日(木) 王室耕起祭 5月13日(月)~15日(火) シハモニ国王誕生日祭 6月1日(金) 国際子どもの日 6月18日(月) モニク前王妃誕生日 9月24日(月) 憲法記念日 10月8日(月)~10日(水) プチュン・バン(万霊祭・お盆) 10月15日(月) シハヌーク前国王追悼記念日(命日) 10月23日(火) パリ平和条約記念日 10月29日(月) シハモニ国王即位記念日 11月9日(金) 独立記念日 11月21日(水)~23日(金) 水祭り 12月10日(月) 国際人権の日 気をつけないといけないのは、カンボジア正月です。正月は3日間だけですが、その前後1週間程度お休みになる会社や学校が多いです。センターの正月もそのようになるかと思います。ボランティアをお考えの方は、こちらのカレンダーを元にご検討ください。よろしくお願いします。

      1
      テーマ:
    • 2017 サッカー TOYOTA ジュニアカンボジアカップ出場

      11月25、26日にプノンペンでサッカーのTOYOTAのジュニアカンボジアカップの予選が行われ、愛センターの子供達のサッカーチームも参加しました。25、26日は予選リーグの中で、愛センターチームはDグループでした。6チームで争われたDグループ。愛センターチームは4勝して、リーグ2位でした。これで、来月行われる決勝戦に駒を進めることができました。子供達も今回の大会で自信をつけたので、次もがんばってほしいです!

      テーマ:
  • 27 Nov
    • スタディツアーへのスタッフの派遣

      普段は愛センターの中でだけ活動するスタッフですが、お世話になっている他の団体のスタディツアーに授業のお手伝いという形で参加してきました。東北の助産師さんと大学院生が地方都市の小学校で、高学年の女子を対象に女性の体をテーマに授業をするという内容でしたが、カンボジア人の通訳はいるのですが、子供達に分かりやすく、興味を持つようにポイントを説明でき、全体のケアができる人がいないかと相談を受け、普段、小学校高学年+中学生クラスを担当している、スタッフのセレイを派遣することにしました。地方都市の子供達の勉強に役に立てばというのもありますし、センターの子供達にも将来的に役に立ち、スタッフにとっても刺激になればと行ってもらうことにしました。生理や妊娠、エイズなど日本の小学校では習うようなことですが、カンボジアでは教科書を読むだけ、または、勉強しないで終わってしまうことも多いので、子供達も恥ずかしそうにしながらもメモを取りながら、しっかりと勉強していたようです。現役の助産師の先生や大学院の学生に習うのは子供達にとってもいい機会だなと思いました。センターでも時間をとって、そんな授業ができればいいなと思います。

      テーマ:
  • 15 Nov
    • 音楽に親しむ

      11月10日にカナダ人のブライアンさんとカンボジア人の通訳の方がセンターに来て、歌を歌って、子供達にダンスを教えてくれました。こんな感じで、ギターによる弾き語りに合わせて、ノリノリの子供達の様子を。子供達の楽しそうな様子が伝わったでしょうか。この笑顔に、子供達の喜びが全てつまっている気がします。音楽に国境はないですね。

      1
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 10月8日の出張授業

      先月の授業になりますが、旧ゴミ山近郊での出張授業の様子をお伝えします。10月8日は朝雨が降っていて、最初は生徒が少なかったのですが、少しすると、雨があがり、生徒達がたくさん来ました。この日は勉強だけではなく、みんなで絵を描く時間ももうけました。みんな勉強の成果か、かなり集中して描くことができました。逆に、楽しいことをすることで、集中力を鍛えているのかもしれません。本の絵を見本にしたり、自分で想像して描いたり、中には、ドラえもんを見本に描いている子もいました。勉強が終わったら、みんなでお菓子を食べて、掃除です。10月はまだ雨季真っ盛りなので、雨が降った後は、入り口に泥水が入って来たり、外の壁などに泥がついていたりすることも多いので、できるだけまめに掃除をするようにしています。日によって、生徒の数に変化はあるものの大きい子のクラス、小さい子のクラス合わせて、だいたい10~15人ぐらいで毎回勉強しています。

      3
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 新スタッフ

      新しくセンターのスタッフとして、日本語の授業担当のパンナーが11月から仲間入りする予定です。一人で写った写真がこれしか手元になく、海で撮った写真になってしまいました。がんばれば、なんとか日本語だけで話が通じますが、まだまだ伸びしろはありますし、本人も日本語を上達させたいと日本人ボランティアと会話するチャンスを作るようにしています。センターに来て、パンナーを見かけたら、ぜひ話しかけてください!!よろしくお願いします。

      1
      テーマ:
  • 27 Oct
    • 授業準備

      現在、岩手の大学の国際協力サークルの皆さんとセンターのスタッフが話し合いながら、ワークショップのような授業案を一緒に考えています。カンボジアの公立の学校ではあまりない、生徒が主体的に楽しみながら参加できる、そんな授業ができないかと意見を交換しながら、授業を組み立てています。その一つがこちら。カンボジアの地理の授業です。プノンペンの近くの州については、場所や特産品などがなんとなく頭に入っていますが、これが他の州になると、分からないことも多いのでカンボジア全土について、理解してもらうために取り上げることに。その中のアクティビティがこちら。手作りのカンボジアパズルの試作品です。日本だと、日本地図のパズルが100円ショップでも手に入りますがカンボジアでは、なかなか見つけられず、自分達で作ることに。これ、段ボールだし、国境もギザギザだし、切るの大変だったろうなと思います。でも、こうやってしっかり準備した授業は生徒達もいい反応を見せ、すごく盛り上がるので、期待大です。

      1
      テーマ:
  • 15 Sep
    • カンボジアの野党党首逮捕

      あまり政治のことはブログには書かないようにしていましたが、カンボジアはお盆前のすっかりお休みモードですし、日本ではあまり報道されていないので、こちらに、カンボジアの政治のことをちょっと書いていきます。日経新聞の記事からカンボジア与党、国政選へ圧力 最大野党党首を逮捕フン・セン氏、地方選大敗で焦りカンボジアの与党人民党(CPP)が野党、メディアへの圧力を強めている。3日、最大野党救国党(CNRP)のケム・ソカ党首を国家転覆を企てた容疑で逮捕し、4日には与党に批判的だった英字紙が廃刊に追い込まれた。ケム・ソカ氏が有罪となればCNRPは解党の恐れもある。2018年の国政選挙を前に、フン・セン首相が敵対勢力の弱体化を狙った動きとみられている。 ケム・ソカ氏の逮捕容疑は13年に撮影されたオーストラリアの放送局のビデオに、同氏が国家転覆を呼びかけている内容が収録されていたこと。フン・セン政権は、ケム・ソカ氏が米国の助言を受けて政権打倒を企てたと非難している。 プノンペンの裁判所は5日、ケム・ソカ氏が国家反逆の罪で起訴されたと発表した。裁判で有罪となれば禁錮15~30年。さらに、今年初めに改正された政党に関する法律では党首が有罪となった場合、その党は解党しなければならない。それだけにCNRPは「党を潰すための法律だ」と反発を強めている。 国際社会にも懸念が広がっている。米国務省は同氏の逮捕に「重大な懸念」を表明したほか、ロイター通信も同氏の無罪を主張する識者のコメントを伝えた。 それでも政権側は強気だ。フン・セン氏は4日、出身地のコンポンチャム州で演説し、「外国人の手先となって、我々が手中に収めている平和を破壊しようとする集団は決して許さない」とケム・ソカ氏逮捕の正当性を強調した。一方、CNRPは「ケム・ソカ党首の逮捕は深夜に突然実施されたもので違法性が高く、国会議員の不逮捕特権にも反する」として即時釈放を要求している。 ケム・ソカ党首は3月、過去の名誉毀損事件などを与党によって蒸し返され、帰国できなくなったサム・ランシー氏に代わって副党首から昇格した。副党首時代には女性問題でフン・セン氏から執拗に攻撃を受けたが、その後は比較的フン・セン氏と良好な関係を築いているとみられていた。6月の地方選挙ではCNRPの顔として選挙運動を積極的に展開し、CNRP人気を固めた。 英字紙「カンボジア・デーリー」は4日、最後の新聞を発行して廃刊した。1993年、米国の団体の出資で始まった新聞で、フン・セン氏批判の急先鋒(せんぽう)だった。当局に税金の過少申告を指摘され、630万ドル(約6億9000万円)もの多額な追徴を求められ、営業ができなくなった。最終号の見出しは「あからさまな独裁への転落」だった。 フン・セン氏の焦りの裏には6月の地方選挙での大敗がある。CNRPは全1645コミューン(行政区)の30%で勝利し、12年の前回選挙に比べ12倍に躍進した。プノンペン、シエムレアプといった大都市に加え、フン・セン氏の故郷で地盤だったコンポンチャム州でも敗北した。首相在任32年にわたる盤石な“フン・セン王朝”に国民が反旗を翻したともいえる。18年の国政選挙でも与党の苦戦が伝えられる。 野党、メディアの間ではフン・セン氏が巻き返しのために何かをやるのではないかと噂されてはいたが、「あまりにも強引で国民の理解を得られない」(カンボジア人ジャーナリスト)との声が広がり始めている。こんな感じです。前回の国政選挙のときも、開票速報時、野党が勝っていたのですが、停電があり、テレビ中継が途切れて、しばらくたって、復旧すると、与党が勝っているという結果に。センターを始めた理由として、コネやお金でなんとでもなるようなカンボジアで、頑張ったら報われる、小さな世界を作りたいというのがあったのですが、こういうニュースを見ると、まだまだそんな世界は難しいのかなと切なくなります。   

      3
      テーマ:
  • 31 Aug
    • ワークショップをしてもらいました その4

      ワークショップの最後は、自分の作品のキャンドルを持って、写真撮影。子供達が作品を持って、ドヤ顔をしているのが自慢げで、ちょっと笑えます。最後に、センターへのプレゼントとして、スピーカーとプリンターとホワイトボード用ペンをいただきました。写真にもありますように、今回は、日本の子供達も来てくれて、同世代の交流ができたのも大きいところです。本当にありがとうございました。

      1
      テーマ:
  • 29 Aug
    • ワークショップをしてもらいました その3

      前回の投稿に引き続き、キャンドルのデザインのワークショップの様子を。前回は、下書きでしたが、今回は下書きをプラバンにうつして、マジックで色をつけていきます。まずは、プラバンにうつしていきます。プラバンに黒マジックで枠を描いたら、それぞれ色をつけていきます。だんだん作品が出来ていきます。思い思いの子供達の作品が完成しました。色鮮やかな、オリジナルのキャンドルが教室にたくさん灯りました。普段はあまり子供達が使わないようなかわいいパステルカラーの色遣いで、やわらかい光になりました。みんな、自分の作品の完成に満足気です。最後に続きます。

      テーマ:
  • 27 Aug
    • ワークショップをしてもらいました その2

      前回に引き続き、ワークショップの様子を。次のワークショップは、CANDLE NGIHT LIVEにちなんで、CANDLEのデザインです。まずは、下書きからです。最初は白い紙に下書きを。みんなそれぞれのキャンドルをデザインしていきます。この子供達の真剣な様子をご覧ください。これをプラバンにうつして、色をつけていきます。その様子はまた次に。

      1
      テーマ:
  • 25 Aug
    • ワークショップをしてもらいました その1

      もう長いこと、センターを支援してくださっている福岡のお寺のCANDLE NIGHT LIVEチームの皆さん。今年もセンターに来て、ワークショップを行ってくださいました。毎年の恒例行事で、日本の子供と看板を作ったり、絵を描いたり、ラジオを作ったということもありました。今年のワークショップも盛りだくさんでした。まずは、体を動かすことから。整列をして、いよいよアクティビティ開始。こんな感じでスタートをしたのは・・・みんなで踊ったのは、アブラハムと七人の子。見てお分かりのとおり、大盛り上がりです。そして、次は、読み聞かせです。この読み聞かせをしてくれたのが、福岡で有名なラジオパーソナリティーの方です。子供達の聞き入っている様が写真からも伝わってくるかと思います。これがまだ前半です。また、次に続きます。

      1
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 8月6日の出張授業の様子

      8月13日の出張授業の様子を先に載せてしまいましたが、8月6日の出張授業の様子を。最近は生徒の数が多く、スタッフ達にもハリが出ています。まずは小さい子のクラスを。こちらが大きい子のクラス。勉強の後のご飯の様子はこちら。新しく入った子も、もともと近くに住んでいる子なので、クラスみんな仲良く勉強しています。勉強だけではなく、休み時間もいっしょに遊んだり、昼ご飯を食べながら話したりと楽しい時間になっています。

      テーマ:
  • 16 Aug
    • 8月13日の出張授業の様子

      最近は出張授業の様子をまめにお送りしています。新しい生徒も入り、活気が出て来ました。勉強のスピードは比較的ゆっくりなので、新しく入った生徒達もついていけるようになっています。お風呂の椅子を机にした勉強スタイルにもすぐに慣れたようです。早くできた子は、まだの子のノートをチェックしています。勉強を教えるのは、スタッフ(ボランティアの大学生)ですが、少しずつまかせられるところは、大きい生徒に教えさせたりと役割を与えるようにしています。よくポジションが人を作るなどと言いますが、責任のある仕事を与えると、その人が伸びるというのを利用して、大きい生徒に、クラスをまとめるという自覚が出るように工夫しています。今回は、昼ご飯の後に、英語のアニメを見ました。音声を聞かなくても、画像だけでなんとなく理解できる内容ですが、英語に関心を持つきっかけにでもなってくれればと期待を込めています。生徒達も増えて、教えているスタッフのボランティアの大学生もまたやる気が出てきています。

      2
      テーマ:
  • 14 Aug
    • ボランティア

      最近は、ボランティアは長期ボランティアぐらいで短期のボランティアはほとんどいないのですが、今月は、久しぶりにボランティアの方がたくさん訪れ、センターにも活気が出ています。大学生、学校の先生、プノンペンの駐在員の方など参加している方のバックグラウンドも様々で、それぞれの立場でアドバイスをいただき、スタッフにも生徒達にも刺激になっています。数年前は、大学生のボランティアブームで、たくさんのボランティアが来てくれましたが、今は月に数人程度で、少しさびしい感じがします。(ホームページを新しくしたのもありますが。)私の大学時代のボランティア経験は阪神大震災後のボランティアだけで、当時海外ボランティアというものがあるのを知っていたら、やっておけばよかったなと思います。旅行だけでは味わえないいろいろな経験ができると思います。日本語の会話や歌の練習、宿題の丸付け、ピアニカの指導など比較的参加しやすい活動も多いので、ボランティアに興味がある方は、ぜひご連絡ください。

      1
      テーマ:

プロフィール

aicenter

自己紹介:
カンボジアのフリースクール「愛センター」のブログです。 首都プノンペンの郊外、ストゥンミエンチェイ...

続きを見る >

読者になる

AD
カンボジア・プノンペンの郊外で、フリースクールをやっています。
6歳から20歳までの生徒が、クメール語や算数・日本語・英語などを勉強しています。

最近のコメント

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブックマーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。