あいすどあ

ヽ(´ー`)ノ


テーマ:

さて、よく見かける「一体感のあるライブ」
この「一体感のあるライブ」とはどういうものなのか。

 

分かりやすく言うと、会場みんなが同じような動きをすること。
だけどこんなことは現実的に考えれば不可能に近いはず。
なぜならどう動くのか知らない人がいるんだから。

 

例えば超メジャー級の演者、どうしても行きたい人しかいない状況、しかも抽選。
こういうライブなら事前にテレビやネットで予習をしていく人も多く、

知名度で考えても何となくでも知っている人が大多数のはず。
会場も客性が万単位の会場、知らない人が多少いても気にはならないレベル。
けどそんなのはヒエラルキーの頂点、ほんの一握りしかいない。
それならそれ以外の層の場合はどうすればいいのか。

下層のレベルなら客席の絶対数も少なく、みんなが同じ動きになることも多い。
けれどそれより上、いろんな人が増えてくる中間層。そうなった場合はどうすればいいのか。

 

一番分かりやすいのは「当日に会場で公式から指示」をすること。
よく見かけるライブ中の振り付け講座とか類似かな。コール&レスポンスとかも。
当日にその場で行うことが大事、事前にSNS等で指示をされても見ない人もいる。
だけどこの「反強制の行動」がライブの楽しさと直結するのかはその人次第。
何も知らないから教えてほしい人、教えられると窮屈に感じる人。
規模が大きくなればなるほど、その枝分かれ先も多くなるから余計に難しい。

 

―閑話休題―

 

有明でのメクルメクだけは、なぜあそこまで素晴らしいライブになったのかは分からない。
その場にいたのはほぼ初見の人。そして普段のライブではまったくやらない動き、コール。
もしかすると事前に何か打ち合わせ?みたいなのがあったのかもしれない。
有名なアニメのタイアップ、曲としての知名度は高かったかと思う。

それでもライブで見るのは初めて、予習としてあるのは音源だけなはず。
そんな下手すれば白けてしまう状況の中、どこから見ても分かるぐらいの一体感。
公式からの指示なんてない中で生まれた自然な一体感、これが一番の理想なはず。

 

―閑話休題―

 

すたまりちゃんなら普段のライブならマイホームが一番分かりやすいんだよね。
サビでの振りコピ部分と間奏でのスーパーのんちゃんタイム。
とりあえずこの曲だけはみんなに覚えて動いてほしいかな。

サビ部分がミラーに変わるだけ、注意点はそれだけで振り自体も簡単だし。
乱気流のサビの拳しながらオイオイ言うとこも分かりやすいかな。
おそらくこの曲が今は一番のキラーチューンだしね。

 

最前にいる人が少し大袈裟にでも動き、後ろの人がそれを見て覚えていく。
それがデフォルトのスタイルだと思ったんだけど、時代はやはり変わるものなのかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

この曲、どっかに歌詞載ってたっけ。

前はオフィシャルに載ってた気がしたけど今はないし。

歌詞が凄まじく切ないので、是非ご一読あれ。

こういうゲーム的でファンタジーな背景の歌詞もこれだけじゃないかな。

 

 

 

「そばにいてください」重い病の彼女
「そばにいてあげたいけど…」彼は旅に出た

世界のどこかに咲く薬草を探した
二人を見つけた神は涙を落とした

 

"やがて来る悲劇"に

 

見えない空、極寒の大地へ
地図も持たない旅だが思いはただあなたへ
目を閉じると一本道のように

色褪せることなく今、強く導いてくれる

 

渡してください、とても似合うと思う
私が好んだ真っ白なローブを
無情な便りは突然春に届いた
あなたが愛した勇敢な男は

 

"旅の果てに尽きた"

 

人は誰も愛する誰かのため
この命惜しくないと言える勇気を持っている
目を閉じると一本道のように
色褪せることなく今、強く導いてくれる

 

あなたのため選んだ贈り物は
報われることもなくて無駄になってしまった

 

それでもいい、私が嬉しかったのは
いつもあなたがくださった揺ぎない気持ちでした

 

見えない空、極寒の大地へ

地図も持たない旅だが思いはただあなたへ

目を閉じると一本道のように

色褪せることなく今、強く導いてくれる

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※注意

運営側の損益分岐やKGIが分からないからファン側が何を言ってもただの机上の空論なんだろうけど、流行りに乗ってたまには超絶真面目にFC会員について考えてみる。
畑違いな意見、乱文長文、自己中エゴイストな感じなのは重々承知。
更には真面目すぎてつまらない、キャラもいつもと違うので注意してください←

 

 

 

まずはネックな点を挙げてみる。

 

当初言われていたのが高額な入会費。
ただしこれは会員用サイトの構築にどれぐらいの費用が掛かり、損益分岐をどのように設定しているのかが不明なので安直な意見は言えず。
更に金額の改善を行うと既存の顧客からのクレーム、差額の返金対応などに追われる可能性がかなり高いため現実的ではない。
それならば費用に見合ったコンテンツの提供が実質の改善に繋がるのではないかと思うが、現状でのコンテンツと言えば限定ブログや限定イベントのみ。
入会特典はあるにしろ、定期的な会報等に関しては未発行。

ブログに関しては月額数百円で同様のサービスを行っているグループもあり、イベントについては参加費が通常と同様の金額なので、入会費に見合った内容なのかと問われると疑問に残る。

 

そうなると新しい会員コンテンツの提供が考えられる。
よくあるパターンとしては、ホールライブでのFC優先予約。
ただしこれはこの前の品川を見ても分かる通り、FC優先販売の絶好の機会のはずが実行されず、さらには販売形式の内容により炎上にまで発展している。
ここは運営側のノウハウや知見不足による単純な失敗なのか、PDCAを回している最中での前向きな失敗なのかは不明。

限定グッズなども考えられるが、現状の会員数だとMOQ等を考えるのが厳しいと思われる。

 

他に考えられるコンテンツとしては古くからあるメルマガや会報の定期的な発行、最近の流行でいえばキャスやライブチャットといった動画配信コンテンツなどはどうだろう。
ブログとは違いメルマガや会報は意識せずとも通知が来るため、こちらから情報を見に行かなければならないブログとは違い見に行くという行動にも繋がりやすい。
また動画配信コンテンツはリアルタイムで様子を見ることができ、ブログなどの記事コンテンツとは違い他者との内容共有が難しいため、非会員との優劣が付けやすいのではないかなと思う。
タレント側のスケジュールや拘束時間の確保、更にはリアルタイムならではのアクシデントの発生がデメリットとして挙げられるが、今の規模として最も簡単に行えるコンテンツではないかなと思う。

 

次にネックな点といえば、ライブアイドル特有ともいえる地方との格差。
まずは前者の配信コンテンツなどは解消の第一歩として挙げることもできる。
またライブアイドルとしてやはり地方ごとでのイベントを行うというのも意見としてかなり挙げられている。
地方でのライブの際にFCイベントを行うといった施策も考えられるが、どうしてもスケジュールやタレント側の体力的な問題などを考慮しなければならず、地方での集客も現状では不明。

ただし現実的にも意見として多く出ているため、早めの対策を行い結果などを検証した上で今後に繋げて行ければと思う。

 

 

 

○サマリー
1.都内以外でのイベントの開催
→まずはライブの合間に実施し、参加人数などを検証
2.新規コンテンツの開始
→コンテンツについては動画配信コンテンツを推奨、視聴人数など検証

 

今後は会報や限定グッズなども視野に入れ、ホールでの単独ライブがあればぜひFC優先予約を取り入れてほしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひとまず間違いなくやりそうな3曲を。
ストームとかライブ用語で書いてるけどそんなに激しくはないw
基本的には振りコピ、映像もあるので頑張って覚えましょう(^◇^)

※予習ってタイトルに書いてたけど、よく考えたら復習だったw
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


※オイ×6→発動→スタンダード

どんな唄を彼らは紡いだというのか
天使に見えて実はひどい人食いだ ※メンバー名コール
あれがさよならなど僕は信じないけれど
寂しそうな君の顔を忘れない ※メンバー名コール

どうしてあの夜 飛び降りたの
大人も先生も教えてくれない Fly away ※大ジャンプ

追いかけて 追いかけて
君のこと捜して
遠くまできたけど
すでに存在(そこ)はいなくて
僕は僕で確かめる ※ジャンプ
あの事件の真相 ※ジャンプ
握りしめたこぶし
真っ赤に染まってく
まだ消えない痛み

※オイ×6→発動→ジャパニーズフル

どんな人もいつか星になるというなら
本当にそれは綺麗なのかな ※メンバー名コール
もしも分かんなくて
誰かを傷つけたとしても
生きていられれば奇跡だと言う ※メンバー名コール

それより待ち合わせ場所を決めよう
星と星になればすぐだよね Stay away

君が立った屋上に 僕も行ってみたんだ
人食いに浸食されるのと どっちが怖いか
屋上から見える銀河 ※ジャンプ
君も見た景色 ※ジャンプ
握りしめたこぶし
真っ赤に染まってく
まだ消えない痛み

※ひぃちゃんタイム
ねぇ僕のこと待っててくれるかな
すぐに行くからね・・・ ※ひぃちゃん×8

※ここからケチャ
追いかけて 追いかけて
君のこと捜して
遠くまできたけど
すでに存在(そこ)はいなくて

屋上から見える銀河 ※ジャンプ
君も見た景色 ※ジャンプ
握りしめたこぶし
真っ赤に染まってく
まだ消えない痛み

※オイ×6→発動→アイヌフル



定番曲のひとつ、締めに使われることも多々あり。
スタマリでは珍しく、スタンダード→ジャパ→アイヌと分かりやすい流れでMIXが入る曲でもあるが、ジャパとアイヌはフルなので注意。
落ちサビ前のひぃちゃんコールは全力で。そのあとの落ちサビでの楓パートはまさに彼女の集大成。しっとりと歌い上げる姿をその目に焼き付けよう。
1番サビ前のジャンプは屋上から飛び降りるがごとくFly away。
サビの前半はメンバーの動きに合わせて左右に細かく動いたりも。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。