メルマガ限定で、不定期でメッセージをお届けしています


【2016年 吉武大輔のテーマ】
『成就』




【全国 講師活動】



<<全体カレンダーはこちら>>

 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-21 11:45:00

石井ゆかり 星読み 射手座 2016年

テーマ:ひとりごと




こんにちは、大輔@大阪です:)

大阪は雨ですが、みなさんの地域はどんな?

今日は、親友とモーニングしながら色んな話をしたっちゃ。

親友は、日本の学校教育に大きく影響力を与える存在になると思う。
(てか、既になりつつある)


わしは、次世代のリーダーたちの現実的・精神的相談役

として、引き続き、自分を磨いていくよ。





さて、今日は余談:)



わしは自分の人生の流れを読むのに、

・四柱推命
・九星氣学
筋トレ(星占い)
・数秘

の4つを融合して活用しとるけど、

そのなかで、筋トレの石井ゆかりさんが出している星読み(月額300円/税別)の射手座の2016年が、とても分かりやすかったので参考に載せておきます。


自分が自分の「命(めい)」に沿っていきていれば、必要なことしか起きんけんね。

占いとか統計学は

「わ~、あたってるーすごいー」じゃなくて、

「あ、オッケオッケー。だいたいこの方向性であっとるんね。で、次はこんなん来そうじゃな。了解」

って、今の自分が軸から活用することをオススメしてます。



「当たってる~」だけじゃったら、

『So what?(だからなに?)』

って感じじゃけね(。・ω・)ノ


そして、単にこの瞬間それを知って終わりじゃなくて、

わしはExcelに年間リストを創って、各章ごとにまとめてます。
(CCLとかの新春セミナーに出た人や一部の人にはフォーマットあげとるよね)



流れも読みながら、自分の人生を自分で舵取りしていきましょう:)


教えてくれたまさみんもありがとうね^^


以下、星読み添付です:)


ーーーーーー*ーーーーーー*ーーーーーー*




2016年

󾀼基本󾀼

射手座の人は、たいていは友だちや仲間に恵まれていますが、
「一人で行動したい」という気持ちも
胸に秘めているところがあります。
射手座は「狩り」の星座です。
チームで行う狩りもありますが、
やはり、獲物と一対一で向き合い、
誰の手柄なのかハッキリしている、という勝負のほうが
スッキリするところがあるのかもしれません。
ですから、2016年は基本的に
「一人で活躍する」ことが求められる
と言われても、
特に、怖くなったりはしないだろうと思います。
単独行動の自由という楽しさを
貴方は元々、よく知っている人だからです。

2015年中程から、
射手座の人は「大活躍」の時期に入っています。
大舞台に立って注目され、
褒められたり、かつてとはちがう人間関係を得て、
自分でも、自分自身の可能性に
新しい眼差しを向けるようになっているところではないかと思います。
そんな活躍のプロセスの中で、
「自分自身の足で立つ」
「自分だけの才覚でやり遂げる」
ことを、徐々に意識しつつあるのではないでしょうか。
これは、貴方が孤独になるという意味ではありません。
むしろ、他人にあれこれ手出しされることなく
「一人でやってみたいから、やらせて!」
というふうに、自分から選んだ状況なのかもしれません。

巡ってくるチャンスと一対一で向き合って、
勝利も失敗も自分だけのものになる
という場面は、なかなか得難いものです。
たいていの活動は、
いろんな人間関係と切っても切れない状態になっていて、
本当に活躍したのが誰だったのか、
いまいち、解らないようになってしまいます。
でも、この時期はそうではありません。
あくまで貴方自身の力が、
単独で評価されるような場面が増えていくと思います。
貴方の持つ力や存在感が
それによって新たに評価され、
これからの活動の「土台」となっていきます。

私たちの多くは、一人で行動するときにも
ある種の「帰属意識」に守られています。
何らかの集団に所属しているとか、
ある地域をルーツとしている、など、
自分を包み込むような条件を
アイデンティティの一部として、
自分を支えているところがあるものだと思います。
2016年は、そのような
「帰属意識による守り」が揺らいだり、
あやふやに感じられたりするかもしれません。
このことは、「一人で活躍する」ことを
ハッキリとジャマするものではないのですが、
時に、不安が募ることもあるかもしれません。

󾀼課題󾀼

根を張っていたはずの大地が
ぐずぐずと泥のようにやわらかくなり、
はたして自分を支えてくれているのかどうか
わからなくなってしまう
という状態は、
誰にとっても不安なものです。
生涯を冒険に捧げているような人も少なくない射手座の人であっても、
いざ、根っこが揺らぐようなことが起こると、
どこへ帰ればいいのだろう
という、心細さを感じるだろうと思います。
でも、これは決して、
貴方の土台が失われてしまう
ということを意味する現象ではありません。
そうではなく、その不安感は
もっと大きなスケールで
新しい土台を得つつある、ということの証です。
たとえば、一軒の家を「住処」とする人が、
行動範囲の広がりから、いくつかの住処を持ったり、
滅多に家に帰らないまま、
宿を転転とする生活を始めたとします。
たぶん、最初は不安な感じがするでしょう。
でも、そのような生活を積み重ねて行くにつれて
いつか、複数の住処や、行く先々の宿が、
目に見えないネットワークで結ばれていて
そのネットワークが自分の「家」だというふうに、
新しい実感が形成されていくのです。
その実感が育つに従って、
最初に「一軒の家」から離れたときのような不安感は
どんどん消えていくのです。
ダイナミックな、物理的条件に支配されない「場」を
しっかり自分を支えてくれる大地と感じ、
そこに根をはることができるようになるわけです。

2016年、射手座の人はそうしたシフトを経験している最中です。
上の例で言えば、
「一軒の家を離れて、転転とし始めた頃」
あたりに相当します。
ですから、ぐらぐら落ち着かない不安定さを
随所で感じることになるかもしれませんが
それは決して、居場所を失ってしまうというような
いやな兆候ではないのです。

いつになく激しい情熱につきうごかされるようにして
新しいことをスタートさせる人もいるでしょう。
眠っていたもう一人の自分自身を発見して
それを揺り起こす人もいるだろうと思います。
押しつけられたものに反抗し、
一旦すべてリリースした上で
改めて新しいものを選びなおすことを
試みる人もいるかもしれません。
この時期の貴方の眼差しには、
どこか、鋭く激しいものが含まれています。
穏やかで明るい貴方のなかに潜む
「野生」のようなものに火がつく瞬間も
少なくないだろうという気がします

󾀼転換期󾀼

1月から2月にかけては、
経済的な面で、動きが多いでしょう。
失ったものを取りもどしたり、
無駄な部分を整理したりすることも出来そうです。
また、この時期は
「隠れた敵」を倒すことが出来る時期でもあります。
「隠れた敵」には、コンプレックスや「内なる他者」など
いろいろなものがありますが、
1月から2月、そして6月から7月に
そうした問題に正面から取り組んで
克服することが出来るようです。

2月後半から3月前半は、
外に出る機会が増えるでしょう。
コミュニケーションが盛り上がり、
いくつかの朗報を受け取れる気配もあります。
この時期、一通のメッセージから素敵なドラマが始まる、
といったような、ちょっと不思議な展開も期待できます。
3月後半は、
かなり大きめの転機を経験する人も少なくないでしょう。
思い切った「勝負」に出る人もいるはずです。
仕事や対外的な活動の場での変化と、
自分を取り巻く環境の変化が
連動して進んで行きます。

4月は素敵な追い風が吹くときです。
良いアイデアが浮かびますし、
とても創造的な活躍ができるでしょう。
遊びや趣味なども楽しい時期ですし
子育てにおけるイベントは、
なにより貴方自身を成長させる起爆剤となるようです。
クリエイティブな活動に携わっている人は、
突然のチャンスに恵まれるかもしれません。

5月はゆったりした流れの中にあります。
特に、「調整」の雰囲気が強いかもしれません。
周囲とのボタンの掛け違いを修正したり、
体調や生活のリズムを見直したりできる時期です。
頭で考えた理屈ばかりにこだわらず、
感覚からのフィードバックを大切にしたいときです。

6月は出会いの多い時期です。
人と会う機会が増えますし、
貴方が挑戦しつつある事について、
色々なヒントをもらえるでしょう。
人からの紹介が契機となって、
チャンスをつかむ人も少なくなさそうです。

7月はゆたかで広がりのある時期です。
面白いギフトを受け取れる場面もあるでしょう。
遠くまで遠征して
大きな収穫を得ることもあるかもしれません・

8月から9月は、
2015年中程からの挑戦の「ピーク」のような時間帯です。
ここで最終的にガツンと大成功を収めて、
「その次」に向かう道筋をつける、
大きな転換点となるでしょう。
社会的な立場が変わる人も少なくないはずです。
結婚や引越など、人生でそう何度も起こらないような、
大事な選択をすることになるかもしれません。
また、ここでのシフトは、
「過去の振り返り」
という作業を含んでいます。
ただ新しいものだけを求めていくのではなく、
過去からの自分を引き受けきった上で、
前に進んでいける、ということであるようです。

10月は仲間と一緒に、
色々な資源の使い途を考える
ということがテーマになるかもしれません。
元手はあるけれどもまだ何をするかきまっていない
というような状態に置かれ、
アイデアを出し合って計画を立てていく
というような流れが生じます。
あるいは、この時点で貴方が
何らかの夢のために、仲間に声をかけて
チームを作りはじめることになるのかもしれません。

11月から12月にかけて、
熱いコミュニケーションを重ねることになるでしょう。
勉強や研究活動にも熱がこもります。
知識や情報を集めるために、
自分から外に出て動くことが求められます。
年末には、かなりハッキリした
「宣言」や「自己主張」をすることになるかもしれません。
貴方の意志や情熱から生まれた「指針」が、
周囲の人の未来をも変えていくことになるようです。

􀂱愛情関係􀂰

自分の中にたしかな愛情がある、と確信している人ほど、
愛情表現がクールになってしまうものなのかもしれない、
という気がします。
もっと言えば、相手の中に愛情がちゃんとある、
と信じている人ほど、
態度がさらっと、淡泊になりがちなのではないかと思います。
それが原因で行き違いが生じたりするのは
「確信している」ことが、結果的に
「相手を無視した甘え」に繋がってしまった
ということなのでしょう。
相手の中にある愛情が見えなかったり
自分の中にある気持ちがあやふやだったりするときほど、
人は、強い愛情表現をどうしても
必要とするのだろうと思います。

精神的に自立していて、
しっかりした愛が胸の中にある場合、
その人の愛情は、
第三者からはほとんど見えなかったりします。
外野から「あの人たち、大丈夫なのかな」と
心配されたりすることもあるわけですが
実際、心配は要らない状態です。
この時期の射手座の人の愛は、
おそらく、そんな形になっているのではないかという気がします。
胸の中にあるものが確かであればあるほど、
表面が冷たくさらっとするのです。
一方、愛が確かでない場合は、
大袈裟な愛情表現の果てに
刹那的に、淡雪のように
その関わりが消えていきます。

恋する人々は、
愛の熱さや烈しさを求めますが、
長く続いていく愛は
ほとんど「愛」と呼べるかどうか疑わしいような
微熱程度のものだったりすることもあります。
この時期、射手座の人は自分自身の愛について
「これは、愛なのかな?」
と、よくわからなくなることもあるのではないかと思います。
でも、それが疑わしくて、
何度も自問を繰り返したくなるなら
おそらく、そこには愛の芽が
すでに顔を出しているということなのだろうと思うのです。
「愛」という言葉と「自立」という言葉は
かけ離れたイメージをまとっていますが、
現実には、両者は切っても切れない関係にあります。
自立しない人間同士は、
一時的に甘えあうことは出来ても
長い時間をかけてお互いを育て合うことは出来ないからです。
この時期、射手座の愛の世界は、
自立や意志、責任といった、
「愛」という言葉のイメージからは遠く離れた要素で形づくられています。
だからこそ、なんとなく
「こういうのは、愛っぽくないなあ」
と思えるわけですが、
実際は「それが何よりも愛だ」ということに
なっているのではないかと思います。

愛に追い風が吹くのは、1月、4月、5月末から6月中旬、
7月後半から8月頭、10月半ばから11月半ば、などです。
特に4月は、愛のドラマが熱い盛り上がりを見せます。
さらに、3月から5月、8月から9月は、
貴方の内なる情熱に新しい燃料が注がれ、
「点火」されるような出来事が起こるようです。

􏿿総括􀐂􀇏

2016年は、星座を問わず9月に
大きな「扉」が置かれています。
射手座の人は9月以降、
大きな自由と恵みを手にすることになるでしょう。
ここまでの「活躍」には、どこか
「目標達成の義務」のような、
一本道を進むことを強要される制約が
つきまとっていたのではないかと思うのです。
9月までに一つの目標を達成し、
それへの報酬のようにして、こんどは
自由に行動する権利を得られます。

「自由」から「孤独」を連想する人も
少なくないかもしれません。
ですが、2016年9月以降の貴方は全く
「孤独」ではありません。
2016年9月から2017年にまたがって、
貴方が得るものは「仲間」なのです。
チームを組んだり、
新しいネットワークを築いたりする人が多いでしょう。
貴方のまわりに人が自然に集まってきて
みんなで協力して動ける体勢が出来上がります。
とはいえ、この集まりは決して、
お互いにもたれ合ったり、
従属関係になったりはしません。
貴方と同じように「一人で活躍する」ことを基本として、
その上で集まる、ごくフラットで自由な関わりです。
自分一人で活動するという土台と、
同じく、自立した状態で集まる仲間たちとを得て、
晴れて貴方は「本当にやってみたいこと」に
挑戦できるようになります。
これは、義務や責任といったものに縛られない、
真に自由な挑戦となるでしょう。
射手座の人は、生まれつき心から自由を愛していますが
その翼を完全に自由に羽ばたかせることが出来る機会は
それほど多くはないかもしれません。
でも、2016年から2017年のなかで、
貴方は何らかの形で
自分の翼がこれほど大きかったのだ、ということに
初めて、気づかされるだろうと思います。



ーーーーーー*ーーーーーー*ーーーーーー*




射手座以外もみれるし、年報は無料じゃからオススメです。

ゆかりさん、ありがとうございます:)


是非みんなも活用してくださいなー。

(まわしものでは、ござーませんw)



石井ゆかりの星読み(月額300円[税別])iphone版

石井ゆかりの星読み(月額300円[税別])Android版


AD
いいね!(97)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。