2008年11月13日(木)

救いの手

テーマ:★へバーデン結節&巨細胞腫

椿や小花模様が かわいい下駄やぽっくりに目が奪われます目

見るほどに可愛らしくて 食べてしまいたい!キスマーク





でもねー

こちらはお気に入りの食器やさん ”陶彩かね田” の店内

食器と並んで おすまししている ちっちゃな履物たち合格
磁器ですから 食べたら 歯が折れちゃうわ


そして

こういうことわざがあるって ご存知でしたか?



本当?・・・

でもあやかる前に まず自分の足で歩かなくっちゃ!走る人


昨日は巨細胞腫の術後3回目の通院日病院

先生は器具で指の曲がり具合を測り OK

まだ指の腫れも残り 傷跡も赤いけど

箸使いも進歩してきたし問題なし!の合格点でした♪

本当にありがとうございました (〃⌒ー⌒〃)


ところがですねーあせる

6月から違和感があった右側の五十肩が

ここのところ酷くなってしまい 寝返りが簡単にできなかったり不便
入院中も実は衣服の脱ぎ着が 普通にはできていなかったのですショック!


このたび先生にお話をすると 驚かれて

痛み止めの注射と飲み薬の治療ができるとのこと 薬

もちろん両方をお願いしたのですが

これがなんと効く! 効くーーー!

朝までぐっすり爆睡ができて すっきり目覚めることが出来たのです♪


腕の曲げ伸ばしが治るのには時間が必要でも

痛みは充分に緩和できるんですねーニコニコ

これぞ現代医学の進歩の一つですよねークラッカー


ところが近所の整形外科では

左肩が2年前に同じく五十肩になった時にも

痛みに関してのアドバイスも治療薬も何一つなく

今回のへバーデン結節の痛みにも

「ガマンして」の繰り返し・・・二年間も!

患者の痛みの緩和に関しては まったく無関心だったとしか思えないパンチ!


おかげさまで 昨日からの治療のおかげで

10代から続いている肩こりさえ軽減されて

うきうきです 私 口紅



                                   にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

AD
コメント(16)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年10月22日(水)

ビビディ・バビディ・ブー

テーマ:★へバーデン結節&巨細胞腫

今日は手術で取り出した物の生検の結果を伺う日

これが最後の通院だわ~♪とテクテク散歩がてら病院へ 病院


その結果は・・・


他の病院で二年間ずっとヘバーデン結節にともなうミューカスシスト

診断されていたコブは 「巨細胞腫」 という耳慣れない診断結果 目

外観やMRIなどでは診断はできないもののようです ダウン


良性の腫瘍だけれど 再発の可能性が含まれる事で

今後もしばらくは経過を診ていただく事になりましたクローバー


私の主治医は 「指」の手術にかけては


日本で五本の指に数えられている

スペシャリストですので安心してお任せできますクラッカー


次回は3週間後ですv(^-^)v

これでイケメン先生たちとまた会えるぞ~~~って 喜んで良い場合?叫び


                  入院前に舞い込んだ季節の絵手紙が二枚音譜


                


               病室に小さなペーパースタンドを持ち込んで

                  ベッドサイドで見守ってもらいました
    
        

                 

       これもにも  「つづく」って ラブラブ


                          うふふ


                   夫が病院へ配達に来てくれました


        

        


                    日本郵便さん 配達が遅れ気味?

        


”この指とまれさん”  の芸術的センスとぴか一のお笑い(?)センスは私の憧れ!


今もスケッチ旅行にお出かけで 晴れていると良いなぁ~


いつかこの指さんの才能が広く知られる日が来たら うふふ♪


私 なんでも鑑定団に出ちゃうぞ~


いえいえ とんでもない!この指とまれ絵手紙美術館の館長になるわ♪ (〃⌒ー⌒〃)


病室の方々にも この絵手紙は好評で


とかく悪い話題だけが取り上げられがちなネットでも交流も


素晴らしい出会いがあることを自慢しちゃいましたわ♪


同室は私と同じ年代の患者さんたちばかりだったので 


も弾み ”なすのオイル漬け”レシピもコピーして欲しいと頼まれ


先日の通院日に持参し おしゃべりしてきたけれど


今日はもう 病室には懐かしい顔はなく


ちょっとは寂しいけど 何よりもうれしいことです♪

AD
コメント(11)  |  リブログ(0)
2008年10月16日(木)

かわいい指です(?)

テーマ:★へバーデン結節&巨細胞腫

ご心配をおかけしましたが 昨日ここまで身軽になりました♪


                  まだ残っている紫の印の線

                          ↓
 
                 

             


これは手術当日 「ピンを入れて関節を固定する」手術から


「皮弁形成」に変更することになり 


そのために皮膚を切る予定のC字型のシルシなのでした 


                           「皮弁形成の詳細はここをクリック」

「皮弁形成」・・・簡単に言うと皮膚移植ということで 


私の場合は第一関節の腫瘍を摘出した後に 

第二関節の皮膚を引っ張って被せるという手術のことです病院


担当医師の皆さんが 私の趣味がボーリングと言う事を考慮して下さり


話し合った結果 関節固定よりも指が自由に動く方法と言うことで

入院生活は1週間と長くなるけれども 「皮弁形成」 の手術を私に奨めて下さったのでしたチョキ


もちろん私も出来るなら 少しでも指が自由に動く方が一番うれしいことですもの


迷わず 「お任せいたします」 と申し上げましたグッド!



ところがですねーー!


手術はやってみないと判らないものなのですねーー♪


それまで診察の度に 私の指のコブ(ミューカスシスト)に触れては


「皮膚薄いよねー」 と先生は仰っていらしたのですが

いざ執刀されると 腫瘍がきれいに取れて 皮膚も破れなかったのですクラッカー


腫瘍と呼ばれているものは 5㍉と7㍉の赤い雪だるま型の物体で


3~4個の塊と思われた物は2個がつながった塊だったのです


              

赤い雪だるまは今もまだ生検中ですがサーチ


そんなわけで私の指にはピンも入らず 移植もすること無しに


メスを入れてから30分足らずで 縫い合わされる事になったのでしたv(^-^)v



ただし一番簡単に済んだという事は 再発の可能性が残されていることも事実で


先生は 「その時は また手術すれば良いでしょう」 と仰り

私も何年かはこれまで通りに指が動かせることになったのです音譜



手術前に先生はこんなことも仰っていました


「 ピンを入れ固定するという方法は ”踏み絵” の意味もあったのです」


指を開いた時に 私の場合とは逆に


具合が悪い場合は 関節固定をしなければならないケースもあるわけで


そんな時に患者さんが 「こんなはずじゃなかった」 では取り返しがつかないので


私の気持ち・・・決意がどれほどのものかを知りたかったということですひらめき電球



私が手術を受けることに決めた後に 50代の友人11人に

指を見せたところ・・・目  びっくり!!


5人の友人が私よりも見事なデッパリのヘバーデン結節 パー


他人の指なんて誰も気にして見ていないんですね~


痛みはともかく 指の変形に悩む心配はないなーと確信しちゃいましたわよ♪


それよりも・・・悩むべきは体型の変形でしょう?の私むっ 

でもね!みんな誰も痛くないんですって叫び


ヘバーデン結節の痛みは 個人差がとても大きいのは事実で


私もミューカスシストというコブの痛みは耐えがたく


他の指も5本が軽度のヘバーデン結節ですけれど

耐えられない程の痛みではないのですものニコニコ


「予防方法はありますか?」の問いに


「ありません」 と断言されちゃいましたが


痛むようであればと出された薬です


              


最初の2年に通院していた病院では こんな薬があることさえ言われず

「老化現象」で片付けられガーン 一切何の治療もしてもらえなかったのが残念ですパンチ!


最初から「指の専門医」を調べて受診していれば  (参考にどうぞ日本手の外科学会”


他の指ももっと軽症だったかも?と思うとね・・・   

ご近所さんの整形医を信頼しすぎるのもいかがなものかなと?という反省です汗




来週 もう一度消毒に通院しますが

ハンドルはまだ握れないので 歩いて片道35分は散歩代わりにも最適コースもみじ


まだ不器用な持ち方で包丁を握った夕飯は 簡単なお刺身がメインで夫っとの盛り付け


焼き豆腐が食べたくなって カブや市販のエビ団子と煮付けましたが


カブが甘くって美味しかった~

                   


ここで格言を発表しま~す(〃⌒ー⌒〃)


「面の皮と指の皮は厚い方が痛くない」 合格 

             


追記  10月22日の生検の結果 こぶはミューカスシストではなく


「巨細胞腫」  と診断されました。


生検の結果の記事はこちらです  



AD
コメント(19)  |  リブログ(0)
2008年10月09日(木)

退院しました♪

テーマ:★へバーデン結節&巨細胞腫

3名のイケメン担当医に囲まれた楽しい3泊4日の入院生活から戻りました(〃⌒ー⌒〃)


15日の抜糸で再会できるのがとーっても楽しみ~♪

なーーんてね・・・ガーン

実は小心者だということがバレバレな初めての手術経験でしたわ叫び


それはいずれPCが普通に使えるようになりましたら白状いたしますが

今夜は手術が当初の予定よりもラッキーな結果に終わったことだけ合格


ご報告させていただきます♪


中指から摘出した腫瘍(と手術同意書に書かれていた)は生検中で 


心配な物という確率は少ないと伺いましたので 何も心配はしておりません


応援して下さった皆さま 本当にどうもありがとうございました(〃⌒ー⌒〃)




今年初のくり栗ご飯は入院初日のお昼ごはん

       


体重?・・・どうにか太らずに戻れましたチョキ


紅葉が待っていますからもみじぼちぼちウォーキングも再開するつもりです




追記  10月22日の生検の結果 こぶはミューカスシストではなく


「巨細胞腫」  と診断されました。


生検の結果の記事はこちらです




コメント(16)  |  リブログ(0)
2008年10月04日(土)

(〃⌒ー⌒〃)

テーマ:★へバーデン結節&巨細胞腫
一泊して蔵王高原坊平クロスカントリーコースで

ウォーキングを楽しんで来ました晴れ

              


”蔵王坊平アスリートヴィレッジ”  標高1000㍍の場所にあり

体力作りに大学やオリンピックなどのアスリートたちにも人気の練習場走る人


なだらかなアップダウンのコースは

野芝で整備されているのでクッションも良くて足腰にも優しいクラッカー

これから もみじ紅葉シーズンにはお散歩に最適!

空気は美味しいし!

もっと紅葉が進んだ時期にまた行くぞ~もみじ

汗は もちろん温泉でさっぱりと流せますし温泉 

小さな子供さん連れでも 一日中楽しめますわよ^^合格


       


ところで私 6日に入院してヘバーデン結節の手術を受けて参りますクローバー

同年代のかたに罹患していらっしゃる方が案外多くいらして

情報が少ないためか検索で来て下さる方も多く 

こんな病状ですけど 参考になるのならと思いまして カメラ

きれいじゃない指をごめんなさいあせる 現在の状態です


私はヘバーデン結節の中でもコブも出るタイプで

二年前は1個だったコブ(ミューカスシストが3~4個に増えて来て

一番大きなミューカスシストは色も茶色く変色しています


      

      


昨年と今年 注射器で抜こうとしても 中身が硬くて何も出てきません

今回は切開してこのミューカスシストという(粘液腫)のこぶを取って

再発防止のためにピンを入れ 

ある程度の角度をつけて関節を固定するという手術になるようです


中指が少し曲がってしまうことになっても 手術を受けることに決めたのは

このミューカスシストが 

ちょっとした衝撃で飛び上がりたいほどに痛むからなのですが(>_<)

こんな記事も見つけました

       ↓

『この粘液腫は小さいうちは皮膚表面からあまりはっきり見えませんが、

大きくなると水ぶくれのように見えるようになります。

この状態ではちょっとした外傷でも破裂し易くなり、

破裂した場合、そこから菌が関節内に侵入し化膿(かのう)することもありますので注意が必要です


それで術後の経過が重要になるので 入院は2泊前後で

2週間位は指は使えないかもしれないとお聞きしました病院


(-"-;A 運動不足になるなぁ~?

この一ヶ月間 散歩を正味3週間続け体重の変化はようやく1キロ減汗

これが増えないことと音譜 手術の成功を信じてクローバー




追記  10月22日の生検の結果 こぶはミューカスシストではなく


「巨細胞腫」  と診断されました。


生検の結果の記事はこちらです




コメント(19)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。