緊急告知っ 3月5日(日)高知県大方町「みんなで『黒潮テレビ局』をつくろう!!」にスチトトの皆も出演します!!


なんと、エルサルバドルと大方町を結んで、生中継ですっ!!ネット上では見られないので、皆さん高知県に行っちゃってくださいっ。朝10時ごろ、大方町のスクリーンに、私たちスチトテンセが出演しちゃいます!!

大方町、ご存知でしょうか?私も行ったことはないのですが、ホームページで見るかぎり、とても美しくて元気な場所みたいです。エコツーリズム、くじら、アート、まちづくり等に興味のある方、必見!!詳しくはこちら

→大方町公式H.P.http://www.town.ogata.kochi.jp/

今回のお祭りでは私たちだけでなく、もちろん私たちのプロジェクトモデルでもある山江村の「マロンテレビ」の皆さんも参加します。

→マロンテレビH.P.http://www.ystv.jp/

このイベントで、スチトトの皆さんと大方や山江の皆さん、そして私もお互いにいい刺激を受けられたらいいなあー!と思っています。


プログラムとしてはフリーマーケットや(まだ出展者募集してるかも!)、有限会社プリズム代表の岸本晃氏による住民ディレクターについての講演やパネルディスカッション等が予定されています。

→有限会社プリズムH.P.http://www.prism-web.jp


特にフリーマーケットでは、スチトトの女性達が作ったシャツやかばんなどもお見せできるかも?

当日は、前任者の方も大方町でコーディネーションをされる予定です。いやあ、楽しみ!あと一週間、準備を楽しむぞお~!!とにかく、スチトテンセをどんだけ楽しく巻き込むかにかかっているのだ。


だんだんなあ~!(熊本弁で、さようなら、またね、こんにちは。の意味)


また新着情報をアップしたいと思います☆


さいとうあい

AD

無事に到着しました。

テーマ:

報告が遅れてごめんなさいっ。無事エルサルバドルに着きましたよー!


今これを書いているのは、首都サンサルバドルの外れ、サンタテクラという町です。現地時間で23時。ホームステイ先で借りている部屋ではインターネットはつながらないので、wordで打ち込んでいます。@ベッドの上。もう家族は寝てしまっていて、家の中はとても静かです。ただし、トイレに行こうとドアを開ければ、すぐさま番犬マニが飛びついてくるでしょうが・・・


 こちらに着いての最初の印象は、やっぱり貧富の差が激しいということ。

皆さんに送り出してもらって(ほとんど追い出し?笑)1129日に到着してからしばらくは、JICA事務所に程近いホテルに泊まっていたのですが、その周辺は家の造りが大きく守衛さんもいたりしてとても安全。でも少し車を走らせてみると、道沿いには「とりあえず今週潰れなければいいから!」といった感じの人の暮らす瓦礫小屋がたくさんあります。車で信号待ちをしていれば、チューンガムやキャンディを売りに、いろいろな世代の人が窓越しに話しかけてきます。一緒にその売り文句を無視した友達は、アッカンベーをされながら「なんでよー?(あなたが買えないわけないでしょ。)」と言われていました。こういう「差」は初めて見ました。世界では常識なのかもしれませんが、ショックでした。


 車と言えば排気ガスがすごいです。こんな空気が存在するなんて。この汚れた生温い空気が「発展」のために必要なら、それは即刻諦めて、のんびり暮らすべき、今はそう思います。また考えは変わるかもしれませんが。とにかく、この国で最近産まれた赤ちゃんたちは酸素マスクを付けていないときちんと呼吸ができないし、もしそれなしで呼吸していたとしても、後々必ず喘息になって苦しい思いをするらしいです。


私にとっても、毎日30分かけて街中の語学学校(美人な先生ばっかり!!毎日ドキドキです☆)に通っていますが、一日の中で通学時間が一番苦痛です。バス停では3分に一本はバスがやってくるので、それぞれの排気ガスに耐えながら自分のバスを待ち、その車内では暑いから開け放した窓から入ってくる排気ガスを浴びながら自分の降りるバス停を見過ごさないように外を見つめます。目的地に着いて、バスから飛び降りると「まったね~!」とばかりに(まるでだめ押しのように・・)黒い煙を吹きかけられます・・。これも途上国では当たり前なんでしょうが、びっくりしました。


 ショックなことばかり書いてしまいましたが、自分の心境としてはとても落ち着いています。なんというか、乾燥で喉は渇くし、髪の毛はぱさぱさになるし、自分の技術を始めいろいろ不安はあるけれど、やると決めたから、やれるんだと信じることができます。


 出国前に本当に大切な人に会えたから、覚悟がついたのかもしれません。会う時間を作ってくださった方。長野、京都、熊本福島、仙台、そして東京で過ごした10日間は私の宝物です。本当にありがとうございました。

 会えなくてもメッセージを下さった方、陰ながらこのブログを見て応援してくださっている方。頂いたお気持ちを胸に、エルサルバドルに暮らす人たちと、喉は渇いても、心は渇かない毎日を☆また報告します。


Ai saito