一歩前進、かな?

テーマ:

今日はゼミの日でした。今日も一人きり…同じゼミの方のお知りあいのかたに不幸があったらしく、そのためです。なかなか濃い内容の一時間だった気がします。うーん、また頑張らないと!


んなわけで、また今から頑張ります。でも夕方から塾があるので、少ししかないのです。思い切って、久しぶりにお気に入りのカフェにいっちゃおうっかなー♪きっともうすぐお給料もらえるだろうし♪


…そこで気が抜けるのが、私の悪いところ。やっぱり気を引き締めて、頑張ることにします。


そうそう、今週のTBテーマは『中国語を学ぼう!』ですね☆これについてはまたじっくりと書きたいと思うので、乞うご期待!!です。中国語を習得したい人、必見!?っとまではいかないにしても、みなさんが楽しんで勉強してもらえるよう、シリーズ化できるといいなと思っております♪


それでは、今日はこのへんで~。

AD

NHKのすすめ。

テーマ:

注:私はNHKの回し者ではありません。


昨日は久しぶりにNHKの『テレビ中国語会話』を見ました。今年のタレントさんは金子としあきさんで、発音練習とかしているのを見ると、自分がまだ中国語をはじめたばかりのころを思い出しました。私が中国語を始めたころは明治学院大学の榎本先生が講師で、はなちゃんが生徒でした。その次の年にはお茶の水女子大の相原先生(古畑任三郎のモノマネで有名ですよね!もちろん有名な中国語学者です。)が去年まで担当されていて、今年は陳淑梅先生です。私は相原先生のときのアシスタントの『李浩』っていう中国人が好きでした。もちろん今出てる人もかっこよくて好きです♪


よく『中国語を勉強したい!』って言われるんですが、私的にNHKの『~会話』シリーズはおすすめです。特にものぐさな人にはテレビはおすすめ!だって、一週間に1回しかありませんから。根性ある人はラジオがおすすめです。私は今『レッツ・スピーク!』っという英会話を購読しております。もちろんほとんど家に居りませんのでCDも購入しております。結構いいなぁと思いますよ、いっぱい自分で練習できる内容になってますし。…でもやはり一番大事なのは、テレビ・ラジオの時間以外にも、自分でしっかり反復練習をすること。これにつきます。


そのあと『英語でしゃべらナイト!』も見ました(笑)。ゲストはソニンだったんですけど、彼女すごいですよねー、かなり羨ましいです。私も胸を張って『日本語と英語と中国語を話せます!』っと言ってみたいものですが、なにせ『日本語』が怪しいですからね~(涙)。

んで、びっくりしたのが、以前本を読んだことのある先生が登場。その名も『町田健先生』。言語学の先生で、何冊も本を出されています。私はたまに言語学の本読んだりしますが、基本的に難しく書いてあるので、大概読もうという意志がくじかれます(笑)。でも先生の本は一般の向けに書いてあったためか、とっても分かりやすいんです。『難しいことをできるだけ簡単に、分かりやすく』。これって大事なことだと思いますし、こういうの私好きです。

ゼミの準備があるからテレビなんて見るつもりじゃなかったんですが、結局最後の最後まで見てしまいました(笑)。


そんなわけで、一日で盛りだくさん名内容を見た私は、『NHKってやっぱり結構いいじゃん!』っと思ったのでした。じつは最近知ったのですが、『にほんごであそぼ』(同じくNHK)はあの斎藤孝先生が監修をされているということ。豪華だー!っと思い、これからもNHKを活用しようと思いましたとさ、チャンチャン。(理由??そんなの簡単ですよ。だって受信料のもとはしっかり取らないと、ってことです♪)


注:最初にも書きましたが、私は決してNHKの回し者ではありません。





AD

今日はお昼から非常勤。お昼からのときって、一日丸つぶれになるのでイヤです…。

今日は5月最後の授業ということで、月テストならぬ予想テストをやりました。だってもうすぐ試験なんですもん。1コマ95分で、試験は90分、5分余る位だから丁度良いや~。…なーんて考えてました。が。


(事務の方)『あのー、aiai先生、今日はちょっと学校の方の都合で…云々カンヌン…』

(aiai)『そ、そうなんですか~。分かりました~(汗)。』


…つまり事情はこういうことです。授業時間が短くなるということ。


がびーん。今日は試験だと思って(しかも生徒にも何週間も前から言ってて、)それ以外何にも用意してないのにー!!(いや、一応授業準備はしてますけど…)


そんなこんなで限られた時間だけで試験をしました。試験されるのはイヤだけど、するのは好き♪グヒヒ☆…でも採点はイヤです。だって面倒臭いし…。以前kyouikuさんがコメントの一部に、「みんなのやるテストは一つでも、私が採点するのは150枚ですからー!!」って書いていらっしゃいましたが、確かにそうですよね…思うのは、国語じゃなくて良かった。ただこれだけです。でも塾では国語を教えていて、作文添削などもふつーにしているので、他の教科より数段時間がかかります。いやだー!!…でも生徒の作文添削するのは好き♪だって面白いんですもん。勿論添削するのに困るようなものもあります、日本語がおかしくって意味が通じなかったりもしますし。


最近思うのは、こういう風に教える立場に立って、初めて見えてくるものがあるということ。私に指導してくださる先生たちのキモチも少し分かるような気がするということ。そういう点も含め、やっぱり貴重な経験をさせていただいているなーっと思うんです。そして思うのは、『やっぱり教員になりたい』ということ。


…やはり夢を現実にすべく、頑張っていきます。

AD