去年読んだ本の中で

 

一番泣いてしまった本を挙げるとしたら

 

有川浩さんの「旅猫リポート」です

 

 

ちょうど去年の9月の学会の時

 

行きの新幹線で読み始めた文庫本ですが

 

確か2日目の夜には

 

もう読み終えていたような気がします

 

 

最初の野良猫ナナと人間の悟との出会いからして

 

もう引き込まれました

 

とにかく猫の心理がよくわかっている人の

 

書いた文章だなぁとびっくり

 

そしてある事情から里親を探す旅に出るというお話

 

あるあるネタがふんだんに織り込まれているんだけど

 

気づけばナナと悟と自分の旅が始まっています

 

 

たぶん、今後も何度となく

 

読み返すことになりそうな本ですラブ

 

 

人間の悟の優しさ、強さにも。。。

 

やすっぽく感動なんていう言葉を

 

使いたくはないくらいに

 

切ない思いが胸の中にわきあがります

 

 

もし書店で手にして迷った本が

 

「旅猫リポート」だったら

 

ぜひそのままレジに向かってください!

 

 

一人でも多くの人が

 

ナナと悟の旅を経験できますように

 

そして

 

 

みーこさんとこみーこくんの二人に

 

暖かい家が見つかりますように。。。キラキラキラキラ