言えない事と言いにくい事

テーマ:
先日は、久々の夜間救急の当番で

雪が降りそうなくらい寒い中行ってまいりました満月


夜9時からの勤務なのですが

もうすでに車が停まっていますえっ

かなり具合の悪そうな犬さんわんわんあせる

看護士さんが気を利かせてICUに入れてくれていましたが

意識ももうろうとしていて、呼吸も浅く低体温のショックを起こしていますダウン

聞けば、2週間ほど前から腎不全の診断を受けて治療はしているとのこと

少しずつ具合は悪くなっていたが、今日の夕方から呼吸が浅く速くなったとの事

2週間ほど前の血液検査の結果を見せてもらうと、BUN,クレアチニンの値は

かなり悪い数字を示しています!!

BUNなどは、測定限界値を越えています

BUN,クレアチニンというのは、こちらでも説明させていただいていますが、

エネルギーを取り出した後の燃えかすメラメラのようなもので

本来なら腎臓で尿とともに排泄されるのですが

腎臓に問題があると身体に蓄積されるため、血液中の値が高値になりますアップ

治療としては点滴や、投薬はどういう形でしてもらっていましたか?

とりあえずは、今までの治療経過を聞きます

すると

点滴とかはしてません。ねぇ、おとうさん

そうですね、薬だけはもらっとったが。。。

!?

少し驚きます

腎不全であれば、どういう形でも点滴をして腎臓の機能を助けてあげなくてはいけません

特に今回のようにクレアチニン値が高い場合は点滴をしないと

その症状の進行は止められません

腎臓が、どんどんと壊れていくのです

何か理由があって点滴を避けたのかもしれない

その理由を探らなくてはうかつには点滴も出来ないぞと

いんちょの頭の中のアラームが鳴ります爆弾

心臓の問題?肺水腫でも起こしているのか?

それとも、かかりつけの獣医師の方の問題?

飼主さん達から話を聞きながら、エコーや聴診をしながら、それらの可能性を消していき

とにかく静脈を確保して点滴をする事にあせる

だけど、頭の中には疑問が渦巻きます台風目

どうして、点滴が第一選択にならなかったのか?

かかりつけの先生は、私もよく知っている先生で

決していい加減な治療をする方でもないので、疑問に思いながらも、

今、目の前の子にできる限りの治療を進めて行きます

といっても、状態は低めに安定しているので、時間の限り点滴を入れるだけですDASH!

そのうち、検査の結果が揃いました

夜間救急で行った血液検査の結果はさらにひどいもので

クレアチニンの値などを見ても、もうあまり打つ手が見つからない状態ですガーン

積極的な治療法は明日以降かかりつけの先生にお願いするとして

そこまでのバトンを渡せるよう頑張らねばなりませんが、それも危うい状況しょぼん

その他の救急治療を済ませているうちに時間は夜中の1時

一旦ここで、点滴を終えて診療報告書を揃えます

最初にみせてもらった時よりも目つきもしっかりして体温も上がってきていますかお

予断は許さない状況ですが、寒さにだけは気をつけて下さいねと送りだしますドア

その後、かかりつけ医の先生とお話ししたところ、どうも腎不全の診断がついた時点で

点滴等での治療を拒まれていたようで、単純に飼主さん側の問題のようでした

おそらくは薬だけでなんとかなればという気持ちだったのかもしれません

とても難しいもので、薬だけでなんとか治る子もいるでしょうが

その判断は誰にもつけられません

少なくとも、今回のように最初の血液検査での値があれだけ高い場合

投薬だけでの治療では危険な状況に陥る可能性がとても高くなります

しかし、それらはすべて結果論

いまさらどういっても仕方のない事

ただ、一つ残念なのは

「治療はどういう形でしてもらってましたか?」の質問に

「点滴での治療はしてません」だけではなく

「点滴を薦められたけど、断りました」と一言そえて欲しかった

獣医師としては、患者さんの何気ない一言から、さまざまなケースを考えながら

治療指針を立てているため、

特に夜間救急動物病院のような施設では、今までの治療の進み具合や

それらに対する飼主さんのスタンスへの理解が大切な事が多いのです

言いにくい事も多い事と思います

だけど、教えてください

患者さんである動物が自分でしゃべれない分、飼主さんの言葉が我々には必要です

どうか、伝えてください

AD

ひとくぎり

テーマ:
24年前の今日

1989年12月10日

とても寒い日でしたが、

この日アイ動物病院を開院しました

もう25年目に突入です

長いような、短いような24年あせる

干支も二回りですね!!

日々進化していく獣医療に遅れないように走る人

まだまだ頑張らねばなりませんメラメラ

外はあいにくの雨雨ですが

今夜はちょっとだけ乾杯に出かけようかなワイン

$みんな元気にしてるかな?
写真は建設中の病院(1989.9頃)
AD