2009-11-01 18:21:06

登山 (八ヶ岳縦走 「硫黄岳・横岳・赤岳」 - 晩秋のテント泊編)

テーマ:登山

■登山 八ヶ岳縦走 (Max 赤岳  2,899m)


 八ヶ岳リベンジ をして参りました。

 前回は天気も悪く、硫黄岳のみで折り返してきましたが、

 今回はテントを担いで主峰赤岳を目指す!

 そして、だいぶ寒いだろうにテント泊を決行!

 (なぜいつも企画が上がるのが3日前とかなんだろう)


<道具(1人分)> (下写真右上から)

 ・マット (サーマレスト)

 ・テント Croaker2 (小川キャンパル)

 ・ポール BlackDiamond 3段式

 ・ザック 49L (Dakine - Guide)

 ・水 (1L → プラティパス)

 ・マイボトル 500ml

 ・食器 (200ml,300ml(雪峰),まい箸,マイスプーン&フォーク)

 ・食事 (ランチパック、カップめんリフィル、カロリーメイト、ウィダーinゼリー)

 ・ジェットボイル

 (下段左から)

 ・袋 (替えコンタクト、鏡、Gatsby Body paper)

 ・ベリテン でもらったアンパンマン座布団

 ・すぐ乾くタオル

 ・地図入れ、コンパス

 ・救急セット (絆創膏、簡易サポーター)

 ・オイル式携帯懐炉

 ・シュラフ 3 season 化繊(Mont-bell)

 ・ザックカバー

 ・ゲーター

 ・レインウェア NorthFace

 ・行動食 (チョコ、アメ)

 ・コーヒーセット

 ・着替え (タオル、下着、毛糸の帽子)

 (写真外)

 ・買い足した食事、バナナ、おやつ

 ・ワイン (500ml)

 ・ヘッドライト

 ・ダウンジャケット Mont-bell

 ・デジカメ

Life in a Non-Daily

 ・食事もテントも自分持ちだと荷物が大変す・・・。

 ・忘れたもの

  - 携帯電話電池式充電器

  - アルファ化米


(この荷物を梱包すると、こうなります!)
Life in a Non-Daily Life in a Non-Daily


<行程>

 ・美濃戸登山口 (AM 3:30 着)

  - バス停があるところより、さらに上に登山口駐車場70台あり

  - 道は悪いので注意。バンパーの底擦った・・・。

  - 駐車料 1日1,000円

 ・(起床 AM6:00)

 ・美濃戸登山口出発 (AM7:00)

 ・1日目行程

   赤岳鉱泉→硫黄岳→硫黄岳山荘→横岳→

   赤岳展望荘→赤岳→行者小屋(テント泊)

 ・2日目行程

   行者小屋→美濃戸登山口

 (そうです。1日目が無茶です。

  2日目は天気が崩れる前に下りて、中央道混む前に帰ろう作戦!)


(ルート情報はこちらで→ヤマレコ !)


(美濃戸登山口 目指すは遠くに見える八ヶ岳主峰赤岳!)
Life in a Non-Daily


(AM 7:40 1,600m 登山開始)
Life in a Non-Daily Life in a Non-Daily

 ・落葉松(カラマツ)の紅葉がとてもきれい。


(AM 8:05 1,800m 日の出)
Life in a Non-Daily

 ・山の上から日が出て来ました。

 ・今日は秋晴れ。最高の登山日和かな。


(AM 8:55 2,000m 北沢)
Life in a Non-Daily

 ・川の水も冷たそうで。


(AM 9:20 2,000m 北沢のほとり)
Life in a Non-Daily
 ・日が出たのに、気温は5度を下回る。


Life in a Non-Daily Life in a Non-Daily
 ・凍った葉っぱがかわいいっす。

 ・こんなでかい霜柱久しぶりに見たよ。


(AM 9:36 2,000m おお!)
Life in a Non-Daily
 ・八ヶ岳が見えた!

 ・あの切り立った稜線は、横岳かな。


(AM 9:45 2,200m 赤岳鉱泉)
Life in a Non-Daily
 ・なにやら、クライミング練習施設が!

 ・横岳を目標に頑張るんかね。

 ・俺もいずれは!!

(AM 11:03 2,600m 硫黄岳目前)
Life in a Non-Daily
 ・硫黄岳から、横岳へ延びる稜線がもう目の前!


(AM 11:12 2,600m ついに稜線に出た!)
Life in a Non-Daily Life in a Non-Daily

 ・ 硫黄岳                              横岳      赤岳   権現岳

 ・パノラマでとっても収まりきらないこの山脈!!

 ・本日目指す、主峰赤岳も遠くに見えてます。

 ・とりあえずすげーテンションが上がってきますな。


(AM 11:16 2,600 硫黄岳へ)
Life in a Non-Daily

 ・さて、硫黄岳目指しますか。

 ・人間、小さ!

 ・でもこのでかい山越えてくんだな

 ・ここから硫黄岳までは前回も通った道

 ・前回あまりに何も見えなかったんで、雰囲気がぜんぜん違うね。


(AM 11:41 2,760m 硫黄岳山頂)
Life in a Non-Daily
 ・ここはなつかしの硫黄岳山頂

 ・後ろにうっすら見える避難小屋は、前回お世話になりました。

  →参考


(こちらに見えますのが赤岳です)
Life in a Non-Daily

(硫黄岳の裏は雪です)
Life in a Non-Daily

(横岳へ続く稜線)
Life in a Non-Daily
 ・ケルンがたくさん。

 ・きっと冬場にせっぴができるんで、目印なんではないかと。


(PM12:20 2,600m 硫黄岳山荘)
Life in a Non-Daily Life in a Non-Daily

 ・待望のお昼ターイム!

 ・お湯を沸かして、カップめん(リフィル)とランチパックを食った。

 ・エネルギー効率を考えた2大燃焼機器が並んでます。

 ・こいつら、道具好きでこまるな。


(PM13:30 2,600m 硫黄岳→横岳の鎖場)
Life in a Non-Daily
Life in a Non-Daily
Life in a Non-Daily
 ・横岳までなかなかハードな鎖場が続きます。

 ・風吹いたら怖いかも。

 ・下は数百mのがけです。


(PM13:41 2,829m 横岳山頂)
Life in a Non-Daily

 ・ちょっとかっちょえー写真が。

 ・ちなみに自分も写ってる写真は全部セルフタイマーでダッシュ!


(PM 14:18 2,800m 横岳~赤岳)
Life in a Non-Daily
 ・写真でよく見るような赤岳が目前に!


(PM15:00 2,600m 赤岳展望荘)
Life in a Non-Daily
 ・横岳~赤岳の間のコルにある、赤岳展望荘

 ・赤岳がよく見える。

 ・ってか、だいぶ日が落ちてきた。

 ・はたして、明るいうちにテント場に着けるのか??


(PM15:15 2,800m 赤岳へ) 
Life in a Non-Daily
 ・赤岳へ足場の悪い道を

 ・若干頭痛の気配も


(振り返れば、今日歩いてきた、硫黄岳、横岳)

Life in a Non-Daily


(PM15:43 2,899m 赤岳山頂)
Life in a Non-Daily
 ・主峰到着!

 ・っても、もう日没まで時間が無いので急ぎ出発。

 ・注:赤岳から文三郎道へ降りる際に、怪しい道があるので注意。

  赤岳南稜なる、クライミングルートです。無理っつって引き返す羽目に。

  正規ルートがちゃんとありますんで。


(ブロッケン現象)
Life in a Non-Daily
 ・北側斜面にだいぶガスが出てきたと思ったら、

  ブロッケン現象!!

 ・俺の影に後光が差しました。

 ・ここからは急いでたのと、俺のひざ、足首も限界になり、写真撮る余裕なし。

 ・マジできつい下りだった・・・。


(PM17:00 2,400m 行者小屋到着!!)

 ・長かった。ギリギリ薄暗い中での到着でした。

 ・本日、10時間の行程。無茶です。

 ・でも達成感ははんぱない!

 ・背負ってたザックを下ろすと、バランスがとれず前のめりに倒れます(笑)

 ・テント1泊 \1,000-

 ・泊まればトイレは無料


(PM18:54 2,400m 行者小屋)
Life in a Non-Daily
 ・ディナー!

 ・パスタを茹でてます

 ・水場があるので助かる


(ホットワインで乾杯)
Life in a Non-Daily
(気温は-3℃ 木の机も椅子もガス缶も凍ってます)
Life in a Non-Daily

(月明かりに、うっすら稜線が浮き上がってる感じわかるか?)
Life in a Non-Daily

(本日の宿。)
Life in a Non-Daily
 ・宿泊費 \1,000-

 ・個部屋、暖房なし、結露あり、騒音(風)あり、

 ・移動可能。ただし重い。

 ・得られる開放感。プライスレス。


(PM20:30 特にすることも無いので就寝)
Life in a Non-Daily
 ・寒いので夜中にちょいちょい起きる。(結局あんまり寝れてない?)

 ・そんな時はこのナイトキャップ!(ウィスキー)


(AM 6:12 行者小屋の朝)
Life in a Non-Daily Life in a Non-Daily
 ・みなさんと、おはようございまーす。

 ・朝焼けがきれいです。雲の流れが速く、かっこいい!

(行者小屋のテント場、けっこうテントが多い。きれいなテント場だな)
Life in a Non-Daily


(AM7:45 行者小屋発)
Life in a Non-Daily
 ・天気の良いうちに帰ろう作戦

 ・けっこう登ってくるお客さんともすれ違った。

 ・皆さんお気をつけて。


(AM 9:00 1,600m 美濃戸登山口着)
Life in a Non-Daily
 ・早。

(この薪ストーブかわいい)

Life in a Non-Daily

(帰りの車。八ヶ岳の麓は紅葉がピーク!)
Life in a Non-Daily
 ・渋滞が始まる前に中央道を抜け、12:30には千葉に到着。

 


ついに、八ヶ岳をやり切ったした!って感じです。

こんな寒いテント泊は初だけど、案外行けると思った。


八ヶ岳は、山小屋や水場もトイレも多いし、かなりスマートな印象の山です。

女性にも人気があるってものうなずける。

一方で、2,000メートル後半の山々が連なるスケールと、

鎖場、岩場なんかもたくさんあって、以外に硬派。

アクセスも良いし、いろんな楽しみ方のできるいい山だと思う。


AD

コメント

[コメントをする]

1 ■お疲れさま♪

写真、すごいキレイだね★
そして、なんてストイックな旅。。
凄すぎます!

2 ■Re:お疲れさま♪

>ゆりさん
ほんとに疲れたけど最高でした!
次回はぜひ!

コメント投稿

[PR]気になるキーワード