名古屋出身!酉年社長のブログ

まだまだ未知の世界を突き進む名古屋出身酉年社長記をお楽しみください☆


テーマ:


http://jp.techcrunch.com/archives/20110618ribman-groupon-bashing/



この記事のコメントの続き!



まずこの記事を読んでいただきたい。




とても気持ちがいい。





最近上辺の風評にとても腹がたつので書かせてもらう。





基本共同購入の成果報酬型の送客のビジネスモデルに関してはネガティブ記事は多いがボジティブ記事やポジティブなお店の声はなかなか上がってこない。





というか成功パターンを築いている店舗はノウハウ公開する必要ないので上げる必要ない。




日本ではまだ少ないと思うけど。





なぜならば媒体側がネットには詳しいけど、サービス業の気持ちや経営に興味がもともとないから一心同体になって成功モデルを築こうとしない。





店舗、ユーザーの機会創出を最大化を目指す仕組みを追求し続ける弊社の媒体でもやはり積極的に出てくるのはもちろんネガティブ意見。それは同じ。





でもポジティブ意見はたくさんあり、ポジティブ意見が出るまでやるスタンスの店舗もたくさんありオンライン×オフラインの次世代マーケティングの意識の高い同士がたくさんいて嬉しい限りだ。





基本どんなサービスでもネガティブな意見は頂き易いが、ポジティブな意見は聞かないとでないのがほとんど。







ネガティブ発言は媒体運営における財産、宝の山。







そのネガティブは勝手な妄想からのわがままなのか、ごもっともなのか。努力するつもりのない店舗なのか、本気で活用を考える店舗なのかが重要。









ネガティブ意見から始まる改善、工夫の積み重ね→スーパーポジティブ発想→成功パターン多数生み出す。







これの繰り返しがオンライン×オフラインビジネスには必要不可欠。







またこれがインターネット×サービス業で成り立つ弊社のビジネスの原点である。







大きな口を叩くが、だから自分がやらなければいけないと思っている。





そんな人間がいないと、せっかくもメリットがたくさんある革命的な仕組みも、ネットの会社は・・・っていう言い訳でお店がチャレンジを諦める。





厳密にいうと、お店だけではチャレンジできないのがオンライン×オフラインサービス。





もちろんネットだけでもチャレンジできない。






ただし、原則は企業の経営者としてこのマーケティングツールが自分のビジネスにとって有効かどうか、経営者が自分の責任で判断すべき。







有効である可能性が高ければ一緒にリスクを負ってチャレンジしよう。







そのリスクが最大に共有できるビジネスモデルでも実はある。




運営会社であればわかるはず。






そしてやはり成果報酬型の爆発的な送客力及び、一瞬の膨大なPR効果は革命的なメリットがあるのは事実。他にこのメリットを埋めるものは現在ない。







ただ使い方、リスク、メリットを媒体運営側と経営者が一緒になって成功パターンを創り上げるのが真のWEBマーケティングであり、その努力や失敗を惜しんではいけないし諦めてはいけない。







成功パターンを探さずに小手先でメリットだけを追求する媒体、店舗はマイナスPR効果、ただの割引損、スタッフのモチベーションの低下でいいことは一つもない。






成功させることがすべてに置いてメリットを最大化する。






ひとつだけ店舗に言いたいこと・・・





1度や2度失敗して諦めるな!!




共同購入がすべてではないし、これが一番だとは思わない。



ただこれは間違いなくオンライン×オフラインサービスの次世代マーケティングの入り口であり、また入り口に過ぎない。






それを感じなければ2度とやらなければいいし、





感じたのであれば成功パターンを一緒に模索できる会社と作り上げるまでやり続けよう!





それはあなたのお店の一つの最高のマーケティングノウハウであり財産になる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2005年からオフライン×オンラインのインターネットに軸を置いてこれまでやってきた。



これまではオフラインでのライフスタイルとオンラインでのライフスタイルが完全に分離していた時代から、



オフラインのコンテンツをオンラインで提供⇒共有。

オンラインサービスからオフラインサービスへ。

軸はオンラインでもオフラインでもなく人。




『モバイルインターネットが数年で劇的な進化をとげ、ソーシャルサービスインフラによって鎖国が開放』




ここ数年すべてはこの一行で完結する。





簡単にいうとライフスタイルの軸にインターネットが入り込めて、日本と世界がインターネットによって本当につながったということだと意味がここにあると思う。




人の役に立ち、楽しみになり、人を刺激し続けるサービス。


これが自分の今まで目指してきた事業。


ライフスタイルに密着し、人とのつながりが刺激を生む。


もうネット・リアルという言葉ではなく、オンライン・オフラインという言葉が適切だろう。





自分自身も一インターネットユーザーとしてここ1年ほどはインターネットサービスを本気で楽しんでいる。それまでは役に立つけど本気で楽しくはなかった。



ビジネスの上での情報収集の革命、趣味、ライフスタイルの共有の形の革命、そしてなにより国を超えた世界共通のインターネットというのが実感できることがなによりわくわくする。




感じたこと、面白いこと、新しいこと、気持ちを人と共感し、刺激しあうことで化学反応?が起きる。




オンライン&オフラインでどちらでもそれが出来るようになった。



これは日本の本当のインターネット革命だと思う。





今まで無我夢中でオフラインでの世の中へオンライン上でのユーザーとの結びつきにすべてを費やしてきた気持ちがここから本当に無限の可能性に開放されることを考えるとわくわくする。





オンライン完結のサービスは強烈な刺激と非現実的なエンターテイメントを人に与える素晴らしいもので、短期で大きく膨らむ可能性が高い。




その分刺激とエンターテイメント性を追求し続けないとすぐ終わってしまう。



この分野には今まで手を出してこなかったし、これからも出すつもりはない。
なぜなら自分がユーザーとしてそれを感じれない人間性だから。




でもこの分野で挑戦し続けている人が周りに沢山いることによって、人を強烈に刺激することについてたくさん得るものがある。


もち屋はもち屋というのはまさにこのことかもしれない。




一方必要とされ続けるサービスは人のライフスタイルに密着し、役に立ち、面白く、ライフスタイルの中で刺激し合えるものだと思う。


これがオンライン×オフラインサービス。




今日本はその時代に突入しつつあり、これまですべてを掛けて追求してきたことが開放されるインフラも出来上がりつつある。


そのインフラは国境はない。


弊社の企業理念の『サプライズ×感動』に加えて、『×追求』を加えよう。(心の中で笑)


追求し続けることがやっぱり自分の性にあってるし、


追求し続けることがたくさんのチャンスを産み、可能性を高めることがここ数ヶ月感じることができた。






日本は震災の襲われて、ピンチの中でたくさんの気づきとチャンスが生まれ、たくさんの人が試練を迎え、たくさんの人が底力を出す機会となっているに違いない。



スーパーサイヤ人になっている。



自分も同じだった。




言葉の選び方がいいのか悪いのかはわからないけど、


破壊的創造。


自ら価値観や常識、守りたいもの破壊できる人間は少ない。


ネットの世界も同じく破壊的創造を遂げている。


もっと日本のインターネットは破壊することが必要だと思う。


ハードもソフトも世界の黒船に奪われないように守ることよりも、


一旦何が必要で、何が人が根底で求めているのかを0ベースで考えて一度勇気をもって破壊することが先だと思う。





自分はこれから破壊的創造から生まれるオンライン×オフラインサービスにすべてを捧げる!

















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。