小木曽 愛のボイトレブログ

Institute for vocal advancement (IVA) 公認ボイストレーナー


テーマ:
はい。めずらしくロジカルな話題が続きます。

今回は息・呼吸についてでしたね(^-^)/
伝えたい事を書いたらどうしてもちょっと長くなってしまいましたあせる
読み辛い所もあるかと思います。ごめんなさい。

この事柄には色んな考え方が存在しており
発声教育の現場ではある意味最も混乱を招いている事柄でしょう。
何故だか現代の発声教育は呼吸に過度に重きを置いた発声法が多数派ですね。
何故でしょう。とても興味深い事です。

その前に前回のおさらいです。声が出る仕組みは大きく分けて...

私たちは普段何かしらの感情が芽生え声に出し伝えたい!という気持ちができると無意識下で反射的に息を吸い空気が肺に運ばれます。

空気が肺から押し出され声帯のヒダを内転、振動をおこさせます。(声のモトが出来る)

声帯より上の空間で息に乗った声のモトが増幅される。

口の器官を使い口内の形を変形させ声に変化を与える(一つ一つの言葉の違いが出来る)

口から声として出てくる。


でしたね! この動きの中からまずは...


「私たちは普段何かしらの感情が芽生え声に出し伝えたい!という気持ちができると無意識下で反射的に息を吸い空気が肺に運ばれます」

↑これをについて書こうと思います。↑


前回書かせて頂いたとおり、声を出す時に始めに行うのが息を吸う事です。
ただ息を吸う時に


「さぁ~これから息を吸うぞ~!吸うぞ~!息を肺に送るぞ~!」


と、意識する事は必要ありません。
意識をしすぎると余計な緊張を与えてしまいかえって良い発声をさまたげてしまいます。

そして

「息を吸い空気が肺に運ばれます。」

の文字に目が行きがち、価値を感じがちでしょうが本当は


「私たちは普段何かしらの感情が芽生え声に出し伝えたい! という気持ちができると無意識下で反射的に......」


このくだりの方が非常に大切!!
ロジカルに考えながら歌を上達させたい!!
そんな方はこっちに目を向けて下さい!!

普段発声するシチュエーションって普段の会話だと思いますが、私達は普段の会話をしている時、呼吸について考えてます??

考えて無いですよね 笑。 

文字通り、無意識下で反射的に行っているのです。


「歌はしゃべっている時より長い音符を歌うんじゃないの!やっぱり呼吸の支えが必要でしょう!」


そう聞こえてきそうですが
私のおしゃべりが大好きなお母ちゃんは12秒位まで一息でしゃべり倒します 笑 
苦しそうにではなく、しゃべり倒した後はむしろスッキリした顔してますね 笑

みなさんも気の許せる仲間と会話を楽しんでいる時、きっと自然とうちのお母ちゃん程では無いでしょうが、まぁ問題なくおしゃべりし続けられる状態かと思います!
歌唱の中でそんなに長く一息で声を出す事は合唱曲とかをやらない限りほとんど無いです。

ですので息をお腹の前面、側面、背中が膨らむまでとにかく吸うと言うような、また横隔膜のトレーニング、胸を張るような姿勢をする等、呼吸の為の特別なトレーニングを行うと言う事は私はレッスン内で行いません。むしろ吸い過ぎは筋肉に緊張をあたえ良くないです。
ただ、呼吸時に肩が動いてしまうような胸式呼吸をたまーーにしていらっしゃる方がいる時だけ「肩動かさないでねー」程度にアドバイスさせてもらっています。

そう、苦しそうに肩を動かすことなく自然にしている呼吸こそが良く聞く腹式呼吸です!
眠っている時やリラックスしている時などにしている呼吸です。

息が肺に入ると肺は膨らみ、それにより横隔膜が自然に下がりお腹の形も変わりお腹が膨らんだようになります。この状態が発声には適しています。しかしボイストレーニングの世界では発声法によってはちょっと解釈が違う物もあり、凄く頑張ってお腹を膨らます事もありますね!
でもね、本当に自然で良いですグッド!


「じゃあ何で歌になると息が続かないの!それにしゃべるより高い音も歌うじゃない!」


こんな声も聞こえてきそうです。
実は呼吸だけではただ息が肺に取り込まれ、肺から出て行くだけで普段会話や歌で使うような声は出来ません。 肺ってまるでオルガンやアコーディオンの蛇腹みたいな息を貯め送り出すポンプのような役目でしかないのです! ですので息や肺自体が音を作り出しているわけではありません。

ただ!息は声帯を振動させ声のモトを作るきっかけとなり、またそれを乗せ口の方へ運ぶ役割があるので全く必要が無いわけではありません。
ただ無意識に呼吸はできるので特別な意識をする物でも無い。って所でしょうか。

と言うことで、次回は声帯について書いていこうと思います。


アメリカ発!世界中の優れた歌手たちが学ぶ発声法をあなたへ
Institute for vocal advancementをIVA公認講師から学ぶならAi Music Academy
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
みなさんこんばんはーーー≧(´▽`)≦

歌ってる!?!?

うぉぉぉぉぉーーーーーー!!!!!!
↑って聞こえた気がする。という事にしたい 笑↑

よしっ 笑。

蒸し暑い日々が続いていますが、体調など崩されていないでしょうか。
私はいつも通り!風邪もひかず体調も良く元気ですグッド!
生徒さんに「いや~先生いつも体調崩さず元気ですよねーー!」
なーんて言われるくらい 笑。


こんな私もたまにはですね~
真面目に声について書いてみようと思います音譜


まずは発声の事を学ぶ時、ある程度頭でロジカルに理解したいという人もいると思うので
そういう方向けに数回にわけて書いていきますね。

基本的な声が出来る仕組みを大きく押さえると、ゆくゆく細かく学ばれていく過程で何かとイメージしやすいのでまずこれを書かせていただきますね。

『声を出す』と言う事はほとんどの方が普段あまりにも自然に行っているので正直仕組みなんて考えず声を使っていると言うのが自然ですよね!

実は無意識のうちに私たちは沢山の事を行っているのですビックリマーク

とりあえずざっくりと大きく分けて...。


私たちは普段何かしらの感情が芽生え声に出し伝えたい!という気持ちができると無意識下で反射的に息を吸い空気が肺に運ばれます。

肺から押し出された空気が声帯のヒダを内転 • 振動をおこさせ、声のモトが出来ます。

声帯より上の空間で息にのった声のモトが増幅される。

口の器官を使い口内の形を変形させ声に変化を与える事で一つ一つの言葉の違いが出来る

口から声として出てくる。

これらの過程を通り、普段私達は声を使っているのですニコニコ

また声のモトが移動する声帯から唇までの長さは約17cm位。
他の楽器と比べても小さいですねハチ

しかも、個人差、息の圧 • 量などにもよりますが、通常の声を出している時の息は1秒で350メートルも進める程のもの凄い速さで移動しているのですビックリマーク

早っっっっ走る人走る人走る人
そしてちっちゃいっっ叫び叫び叫び


いや~これらの過程を初めて知った時、ただただ
声を出せると言う事自体に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
当たり前が当たり前ではなかったと良くわかった瞬間でしたラブラブ


さて、次回からはこの1つ1つの過程を書いて行こうかと思います。
ここに書かせてもらった順番通りまずは息について書いていきますね(⌒0⌒)


アメリカ発!世界中の優れた歌手たちが学ぶ発声法をあなたへ
Institute for vocal advancementをIVA公認講師から学ぶならAi Music Academy
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
みなさんこんにちは!
気温37度越えのアメリカロサンゼルスより帰国し
先週の金曜日よりレッスンを再開しています音譜

いやぁ~もう、昼間はアップ真夏アップでしたね。
でも湿気が少ないので体感温度はもう少し低く感じましたがニコニコ
アメリカは温度の表記が華氏ですので、
ニュースをつけた途端、98度とキャスターが言っていて
聴いただけでクラクラしましたガーン

Institute for vocal advancement (IVA)初クラッカー
Conferenceという事で、世界各国から100名程の先生達が集まり
互いに勉強し理解を深める事が出来ました。
クラスも発声理論的にも芸術的にもかなり充実し
かゆい所にし~~っかり手が届く
私にとって、とても素晴らしい時間になりました。

そして先生方一人一人の学ぶ姿勢が素晴らしいです!!
先生として、シンガーとして、すでに素晴らしい
成功を収めた人達に沢山お会いできましたが
みんな一貫しているのは
さらに自分を磨き進化させようとしている姿勢。
そして誰にでも平等で謙虚な心。
今でもロサンゼルスで過ごし出会った方達の事は
忘れられません。
今回私に関わって下さった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

いやぁ~。
こういう志の高い方々と一緒に仕事が出来る環境に
いる事ができると言う幸せをかみしめ、
やはりこの恵まれた環境で私自身が学び続ける事が
生徒さんへレベルアップしたレッスンをお届けできるのだ
という事を再確認することが出来ました。

とにかく沢山の知識、体感、感動、を受け取ったので
少しずつでも確実に私自身で理解し
皆さんにお届けできるよう、がんばって行きたいと思います。


アメリカ発!世界中の優れた歌手たちが学ぶ発声法をあなたへ
Institute for vocal advancementをIVA公認講師から学ぶならAi Music Academy
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード