”お告げ”復活です♪

テーマ:

16日の朝方に見た夢にヘムヘムが出てきてくれました。

夢の中では、はっきりとした形でヘムヘムとは解らないのですが、

なんとなく白っぽい感じで、夢から覚めてから絶対にヘムヘムだと確信できたのです。

 

時刻は夜でヘムヘムと一緒に飛んでいるのですが、彼女は私の後方にいます。

テレパシーで飛び方のアドバイスをしてくれていて、

”これからは水平飛行ではなくて、垂直飛行をしなければいけないのよ”

と伝わってきます。

そして、下を見ると地面スレスレのところをまさしく水平に飛ぶというか泳いでいるような感じです。

 

ひたすら水をかき分けるようにしながら、”う~~ん、垂直飛行って?”と

怪訝に思っていると、またもやテレパシーで、

”あのね、足にグイッと力を込めて、地面を蹴るような感じで、顔を上げて気持ちを上に向けるのよ!”。

”ああ~~、足に力を込めてグイッと地面を蹴って、顔を上げて、気持ちを上にね~・・・”と思いながら、カエルのような感じで飛び上がる私です。

”そうそう、そんな感じ。それでイイの!”と、いうメッセージが伝わった瞬間、

私は天に向かって高く高くとても気持ちよく夜空を飛び廻っているのです。

 

 

しばらくふたりで気持ちよく飛んでいると、

前方に鉄柱に取り付けられている大きなトロッコのようなものが観えます。

”なんだ~~?”と思い、近寄って鉄柱から突き出たバーのようなところに停まり、

よく見てみると、まるでお菓子が並べられた箱のような感じで、

5人づつくらいが5~6列くらいになって行儀よく座っています。

以前に知っていた人と目が合い、

”なんで、そんなところに座り込んでいるんですか?こんな風に外に出て、力を抜いて仰向けになれば、いくらでも飛べるし、気持ちいいのに~”とテレパスしますが、どうも旨く伝わらないみたいです。

あちらも私になにか言いたそうにしていますが、これも伝わりません。

 

そこで目が覚めました。

気分も身体もとても気持ちは良かったのですが、

目覚めたあとしばらくして、なんとなくダンテの”神曲”のイメージが浮かんできました。

そうか~~、ヘムヘムは私にとってのベアトリーチェなんだ・・・。

 

 

そして一日中、その夢のことばかりを考えていたのですが、

”そうか~~、これからは垂直飛行なのだっ!”と言葉や説明をを超えたところで、

妙に納得してしまったのです。

 

ヘムヘムが亡くなったのが5日だったのですが、

前日から覚悟は決めていたにも関わらず、やはり別れが目の前に迫ってくると

狼狽えてしまい、5日の朝にストーブの前でジッとしている彼女に

”ヘムちゃん、もししんどかったら、病院に行こうか?”と、言うと

”ジタバタしないの!私はもうあっちへ還るから、静かにさせておいて頂戴っ!

そうするってあなたも決めたでしょっ!”と怒られてしまったのです。

 

 

その後は、私のエッセンス鑑定が無事に終わるのを静かに穏やかに眠っているみたいにして待っててくれたみたいに、鑑定が終わるや否や容態がおかしくなり、ダッコして10分ほどでアッという間に、静かに静かに美しく還っていきました。

最後の最後まで本当に優美な王女さまでした。

 

 

あふもそうでしたが、

彼女の方がさらに猫アレルギーの人に対してもまったくなんの問題もない猫でした。

”ふたりとも猫じゃないのかもね”と皆さんがおっしゃっていましたが、

確かに、つくづく”やっぱり猫じゃなかったのかしら?”と思ってしまいます。

 

 

ヘムヘムは今回の夢にたくさんのメッセージを込めてくれました。

<”あのね、足にグイッと力を込めて、地面を蹴るような感じで、顔を上げて気持ちを上にむけるのよ!”。>

このメッセージを生かさなければ、また彼女に怒られそうです。

”いつまでもグジュグジュ言ってんじゃないわよ!しっかり、自分のすることをしなさいっ!”と。

これからも気持ちが折れそうになったら、この夢を思い出して垂直飛行しようと思います。

 

ヘムヘムのお告げのおかげで、やっと”お告げ”をお届けできる心境に至りました。

これからも出来る限り続けていくつもりですので、応援のほどよろしくお願い致します。

※今週は、お花が好きだったヘムヘムへの哀悼を込めて、フラワーカードのお告げです。

 

 

 

牡羊座ヒーリング

もし、哀しみや憤りがあれば素直にその感情を表現しましょう。

過去にあった辛いことや思い出したくないことを、すべて手放すときです。

善き思い出だけを心の宝箱に保管して下さい。

そして自分自身を心から労り、真っ白な光で優しく包み込んで下さい。

心の澱を取り除き、新しい風を呼び込んで下さい。

意識がクリアーになり、視野が広がり、幸福が訪れます。

ラッキーアクションは自分に優しく、労りの気持ちを持つ

 

牡牛座沈黙

不必要なおしゃべりをやめ、沈黙を愉しんで下さい。

自分の内面と向き合うことに積極的になるときです。

本心をしっかりと自分自身がジャッジすることが大切です。

言葉ではときとして本心をまったく伝えられないことがあります。

言葉を重ねれば重ねるほどに、誤解や孤独感が生まれる場合があります。

自分の裡なる魂の豊かさを言葉ではなく、感覚で体感するようにして下さい。

ラッキーアクション自霊拝(自分の裡なる霊に感謝すること)

 

双子座柔軟

頭と身体を柔らかくして下さい。

こわばった筋肉をストレッチをしたり、軽い運動でほぐしましょう。

まずは身体をほぐせば、自ずと頭もほぐれてきます。

ものごとをシンプルに考え、なんであれ自分を責めないようにして下さい。

怠けているのかしら?、もっと頑張らないと、はしばしお休みです。

頑張らずに愉しむときです。

楽しくなくても笑ってみて下さい。

笑うことが、心身のストレッチには最も効果的です。

ラッキーアクションは笑うこと

 

蟹座謙虚

意味のないプライドを捨てましょう。

まちがったプライドはやっかいなものです。

本当のプライドとは、あるがままの自分を受け入れることです。

決して人と比較したり、競争の上に成り立つものではありません。

気に入らない自分も、好きな自分も、今在る自分をひっくるめて受容することが

卑屈さではなく、真の謙虚さを培うのです。

謙虚さはあるがままの自分に自信を持つことで、自然に身に付く美しい資質です。

ラッキーアクションは今の自分を100%受け入れる

 

獅子座寛容

我が儘で自己中にならないようにして下さい。

自分の内面にあるエゴを冷静に見極めることが大切です。

相手の立場に立って、ものごとを判断することを当たり前にしましょう。

相手を責める前に、まずは物事の真意をしっかりと把握するように努力して下さい。

聞き分けのない子供のような気持ちで、だれかを縛り付けたり、

思うようにならないことに癇癪を起こしたり、自己顕示欲に苛まれたり、

今週は感情の嵐に見舞われるかもしれませんが、深い呼吸と良い睡眠で

心を鎮め、寛容であって下さい。

ラッキーアクションは深呼吸

 

乙女座明朗

明朗快活、自由闊達に過ごしましょう。

身につけるものやインテリアなどに暖色系のものを使うようにして下さい。

特に黄色やオレンジ、赤系のものが最良です。

昨年暮れから年始へかけての疲れが出安いときです。

溜め込みやすく、頑張り屋さんの乙女座には適切なときに的確ななんらかのデトックスが必要です。

休養は怠惰ではありません。

次なるチャレンジへのチャージとして、自分へのご褒美としての休養を愉しみましょう。

明るさと愛嬌が、運気を大きくアップさせるでしょう。

ラッキーアクションは暖色系のコーディネイトをする

 

天秤座余裕

人や自分に対する先入観や思い込みを持たないようにしましょう。

こうあらねば、こうすべき、という”ねばべき”をmy dictionaryから排除です。

自分に対して厳しい人は、人に対しても手厳しいものです。

厳しさはときに大切ですが、それが過剰になると息が詰まってしまいます。

この程度のことができないなんて、私に出来るのだからで来て当然、自分や誰かに対し、

そのような思い込みをいっさい捨てて、過剰な期待をしたり、勝手な理想化をしたり、

必要以上の信頼を押し付けないようにして下さい。

心地よいマイペースで、相手のペースを尊重することがより良い人間関係を広げます。

ラッキーアクションは物事を余裕を持って見守る

 

蠍座普遍的愛

大らかな気持ちで、愛を体感し表現して下さい。

日々の些細な出来事すべてが”愛”に満ち溢れていることを受け入れましょう。

返事ひとつ、ちょっとした物言いひとつ、朝夕や天候などの挨拶、眼差しひとつ、

ほんの少しだけ優しくありたいと思うだけで、すべてが魔法のように変容します。

眉間に皺を寄せているのがカッコイイと思っている人もいるようですが、

柔和な人は愛そのものです。

動植物は言葉ではなく、気配でそれを察知します。ニンゲンも以心伝心。

心を柔和にすれば、自ずと”愛”はこぼれ落ち、周りに波及していきます。

どのようなときも柔和な気持ちを忘れない週にして下さい。

ラッキーアクションは柔和な笑みと言葉使い

 

射手座意志

物事に安易に流されることなく、強い意志を持ちましょう。

曖昧さは後々のトラブルの元となります。

イエス、ノーをはっきりと言うこと。

意見を求められたら明確に意思表示をすること。

小さなことにもきちんと向き合い、積極性を持って臨むこと。

例えば、何人かでレストランに入って、みんなの注文に安易に同調したり、

それ以前に食べたくない店なのになんとなく入ってしまう、などということがないようにして下さい。

日々の些末なことに対する向き合い方で、意志は鍛えられるものなのです。

ラッキーアクションどのようなことでも自分にきちんと問い、納得すること

 

山羊座軽快

もし、今重荷を背負っているのなら肩の荷を降ろしましょう。

そうでないのであれば、今週はいろんな相談に積極的に乗るようにして下さい。

山羊座の持って生まれた資質がいろんな形で試されるときです。

解決不可能!と思われるような案件も持ち込まれるやも知れませんが、すべて解決可能です。

ただ、少々エネルギーは必要ですが。

頼まれたらいやと言えない山羊座タイプは、場合によれば活き活きするかもしれません。

エネルギーは使えば使うほど、より大きなエネルギーが入ってくるものです。

今週は積極的に人助けをして下さい。

ラッキーアクションは世のため人のために動く

 

水瓶座リーダーシップ

大いにリーダーシップを発揮するときです。

真の指導者は決して支配的でも独善的でもありません。

余裕を持って大局を俯瞰しつつも、緻密な観察力で的確な状況判断のできる人です。

他者の言葉に冷静に耳を傾け、決して上から目線ではない道理の通った説明で、

納得の行く理解を促すことのできる、気持ちに余裕ある人です。

なかなかに難しいことですが、今週はこのような資質をいろんなシーンで試されそうです。

スキルアップは自らの意志でどうとでもなります。

難題であればあるほど、解決する歓びも大きいものです。

ぜひ、Mission:Impossibleを愉しんでください。

ラッキーアクションはリーダーシップを愉しむ

 

魚座正直

素直に無邪気に感情表現をしましょう。

すべての感情表現に格好をつけないことです。

本当はこう思っているけれども、こんなことを口にすると子供っぽいって思われるかも?とか、

だれかに悩みを打ち明けたり、愚痴をこぼすなどとんでもないと思っていたり、

大袈裟な感情表現はみっともない、などという虚栄心は捨て去りましょう。

弱みをみせないことは美徳でもなんでもありません。

人の心は弱いから、そこに愛を感じられるのです。

正直な感情表現はニンゲンとしての深みと厚み、そしてなにより高い共感能力を養ってくれます。

今週はとにかく自分の気持ちを正直に現すことです。

ラッキーアクションはオープンな感情表現をする

 

 

 

 

 

 

AD

最愛のヘムヘムが逝ってしまって、あっと言う間に10日が過ぎてしまいました。

夕闇が訪れるころあたりから、切なさが募ってきます・・。

眠くなるのを待ちながら、本を読んでいますが、

内容がいまひとつ頭に入らない・・。

やっとウトウトして、なんとか朝になり、目覚めると、

あ~~・・、と思ってしまいます。

 

 

家にいるのが辛いので散歩に出かけるのですが、

散歩に出ても、今度はパートナーと一緒に歩いたところに来ると、

さらに苦しくなり、帰ろうと思ってもだれもいない部屋を思うと、

にっちもさっちも行かなくなってしまいます。

 

”魂”が立ち往生しています・・。

2015年から3年連続で、次々に愛するものたちを喪失しています。

かなりタフな方ですが、今回のヘムヘムが逝ってしまったことはかなりのダメージです。

あちらの世界を信じていますし、彼女は幸せであるとも信じています。

が、残された者にとって愛する存在の形がなくなり、まったく五感に感じられなくなることは、とてもとても寂しく、辛いことです。

 

 

アガサ・クリスティの小説ではありませんが、

”そして誰もいなくなった”部屋にいると、心が寂寞感でいっぱいになってしまいます。

哀しみに胸が張り裂けるという形容は、本当です。

 

哀しいし、寂しいし、辛いし、切ないし、弱っているな~~、と思いますが、

たくさんの方々が、本当によくして下さるので、なんとか持ちこたえられています。

そして、3年の長きに渡り、愛するものたちの死を通して、

私がマスターするべきことは、なんなのだろうか?と思える冷静な自分も同時に存在しています。

その冷静なもうひとりの私がこれらの感情を敢えて観察しています。

確かにとんでもない寂しさの極みなのですが、決して自分を不幸だとは思わないのです。

むしろ、哀しみのどん底の中にあって幸福を感じているという、

なんとも矛盾した不可思議な感じなのです。

 

 

あふや母、パートナー、そしてヘムヘムが教えてくれたことは、

人はやはりひとりでは生きていけない。

ご縁のある方々と共に歓び、共に悲しみ、共に痛みを感じ合い、

共に労りあい、すべての人が愛に溢れて生きていけることが、

最高の幸せなのだ、と改めて心の底から思い至りました。

 

ずいぶん長きに渡って、ずっと毎朝のアファーメーションで

”どのようなときも、人の歓びを自分の歓びとし、人の哀しみを歓びに変え、

人の怒りを和らげ、人の痛みを理解出来る愛深い私でありますように”と

唱え続けていましたが、

ここ3年も続けて、心の傷の癒える間もなく過酷な体験をさせられてきたことは、

それを本心から実践できるようになることを、

促されてきたのだと思います。

 

 

ヘムヘムが亡くなった日からずっと毎日、

いろんな方々がエッセンスの鑑定にいらして下さっています。

”え~~!、まったく知らずに・・、大丈夫ですか?”と気遣って下さいます。

”大丈夫ではないのですが、大丈夫です”と、ひとしきりヘムヘムの思い出に

涙させてもらい、スイッチを切り替えて鑑定を始めます。

以前からワンコが亡くなったときも、

なぜか急にエッセンスの鑑定が忙しくなるというパターンが続きました。

まさにアファーメーション通りのことを、体得させてもらってます。

そして、鑑定させて頂くことによって私も元気を頂けています。

ますます天使の存在をリアルに感じられるのです。

 

 

ある時期から自分の感情には100%素直でいることにしました。

楽しければ楽しみ、哀しければ哀しみ、喜怒哀楽に格好をつけないことにしています。

だから、今も哀しいときは大いに泣き、愚痴をこぼし、叫びたいときは叫んでます。

ヨワヨワな自分を労っています。

気遣って下さる方達に大いに寄りかからせてもらっています。

 

価値観は人それぞれだと思いますが、2017年という年の始めのこの体験は、

今後、共に笑え、共に泣ける同じ波調の真の人間関係が始まったような気がします。

日々の出来事すべてが、今生の貴重な学びです。

私はあなた、あなたは私、繋がるご縁をこれからも大切にして生きていきたいと思います。

 

※”お告げ”を楽しみにして下さっておいでの方々には、申し訳ないのですが、

まだ心身が完全には整っておりませんので、メッセージを受け取ることが出来ません。

今、しばらくお待ち願えればと存じます。

AD

さよならヘムヘム

テーマ:

以下の理由により来週のお告げはお休みさせて頂きます。

 

 

ヘムヘムが1月5日の午後2時20分に、あちらの世界に還っていきました。

その夜はほとんど眠れず、明け方ウトウトして目覚めると雪が散らつき、

とても寂しい朝でした。

 

荼毘に付すのにこんな寂しいのはとても耐えられない!と思い、

”どうぞヘムヘムをお日様の光で包んでやって下さい”とお願いしたら、

5分後には雲がどんどんと消え、青空が広がり始め、空が輝き始め、

パーッとお日様が暖かい顔を覗かせてくれました。

それ以降はとても暖かく気持ちの良い日差しがずっと続いてくれたのです。

 

パートナーの荼毘のときも前日とは打って変わり、

素晴らしいお天気に恵まれましたが、

今頃は大好きだったパートナーが大喜びで迎えてくれ、

あふや亡くなったワンコ達に大歓迎されていると思います。

 

 

 

ヘムヘムとの出会いはあふが来て、翌年のことでした。

たまたま目についた里親募集サイトにこんなヘムヘムの写真が掲載されていたのです。

 

 

 

 

確かに凄まじい形相なのですが、なぜかそんなヘムヘムを私はとても愛おしく思えたのです。

そして、なんとしても彼女を家族に迎え入れたい!と強烈に思ったのです。

ご縁って、本当に不思議です。

 

 

でも我が家にはすでに、先住犬の櫂とも仲良くなりやっとリラックスしてきたあふがいるので、果たして新しい猫が来たら?とパートナーは渋っていましたが、とにかく逢いたいので、逢ってみて無理だったらあきらめるから、と言って猫ボラさんのところに出かけて行きました。

 

 

さるペットショップでトリマーの練習台にされて6年間もケージに入れられっぱなしだったヘムヘムでしたが幸いにも猫ボラさんにレスキューされ、逢いにいった時にはかなり可愛くなっていました。

”あなたに逢って、とてもはしゃいでますよ”と言われ、さらに帰り際には超無口な彼女が大きな声で”ニャニャ~~~~ン!”と言ってくれたので、これはもうウチに連れて来るっきゃっないっ!としっかり覚悟を決めて帰路につきました。

 

 

”一週間のお試しで、先住犬や猫との相性が無理だったら、返せるんだって”、

”いやあ、ホント可愛いのよ~~、あふと同じ種族だからきっとうまくいくよ”とかとか得意のマインドコントロール作戦(?)で、なんとかパートナーを説得し、受け入れ態勢は万全。

避妊手術を無事終えて、数日後に到着したヘムヘムは速攻で馴染み、あふはストーカーよろしく彼女に付かず離れず、熱い視線を送りっぱなし。

 

 

櫂はほとんど無関心でしたが、いやがる風も無く、

ごく自然に接してくれ、まったく問題なしでした。

やはり、私とのご縁の深さの賜物だったのでしょう。

 

 

猫ボラさんのところで手厚いケアをしてもらっていたのですが、

トリミングの練習台という過酷な過去の小さな傷跡があちこちにありました。

クリームチーズを試しにあげたら、とても気に入ってくれたので、

これにルリジサオイルを混ぜて食べさせました。

その夜は私のベッドの枕元(あふの指定場所でしたが、やさしいあふは黙って譲ってあげてくれました)で安眠。

 

 

翌朝もすこぶる快調に、食べ、出し、遊び、眠り。

毎日の”可愛いね~~”、”良い子だね~~”、”大好きだよ~~”のべた褒め攻撃で、

アッというまにこんなに愛らしい王女さまになりました。

 

 

 

 

 

それ以後はますます王女さま路線を一直線。

どんどん可愛く、素敵なヘムヘムになっていってくれました。

 

 

 

 

5年前に東京から札幌に映りましたが、そのときも怖くて一日半ケージの中で死んだフリをしていたあふとは正反対で、新しい家に着くや、すぐに部屋中をチェックしてまわるという豪放磊落、自由闊達な素晴らしい性格の持ち主でした。

 

 

あふとも適度な距離感で良い関係を築いていましたし、

無口故、一見無愛想でクール、でも、大らかで頼もしく、さらに可愛い猫でした。

パートナーが亡くなってからも、ヘムヘムのおかげで随分と元気づけられました。

 

実は1年半ほど前に軽い脳卒中で身体が左に傾き、歩くのもヨタヨタしていましたが、フラワーエッセンスやマッサージで全快し、以後は全く支障無く過ごしてきてくれたのですが、昨年の秋頃から徐々に衰えが見え始めていました。

でも、私をまだひとりにはできないと思っていたのか、

相変わらずクールにマイペースで過ごしていましたが、

昨年の暮れあたりから、不調の波の間隔が狭まり始め、今年に入るや

”そろそろあなたも本気で自立しなさい”、とでも言うかのように

さっさと逝ってしまいました。

 

 

 

昨年秋あたりからは鑑定や講習に来られる方全員にお別れのご挨拶のつもりだったのか、ティータイムには必ずテーブルの上に上がり、大好きなクリームチーズや生クリームをみなさんと一緒に愉しむようになりました。

 

 

暮れからお正月にかけては東京の親しい友人や息子たちにも逢え、

2日には彼女なりにとてもはしゃいで、人生最後のクリームチーズを心行くまで味わっていました。

そして翌3日、まったくご飯を食べなくなり、4日は水すら飲まなくなり、そして5日の14時20分に私の腕の中で息絶えました。

 

パートナーが亡くなってからは、

毎日毎日、どうぞ今日もヘムヘムが元気で楽しく過ごせますように!という

アファーメーションを唱えていました。

そして不調が見え始めてからは、

”もし、ヘムヘムがあちらに還りたいのであれば苦しむことなく、

どうぞ穏やかに安らかに逝けますように”ということを付け加えていましたが、

その願いが叶えられ、亡くなる前日はやや落ち着きがなくなってウロウロでしたが、

殆ど苦しむことなく、私の腕の中で数回大小の息を吐き出しながら、

とても静かに安らかに逝ってくれたのがなによりありがたいことでした。

 

 

丁度エッセンスの鑑定にいらして下さっていた方と一緒に看取ることになったのですが、その方は介護の仕事をなさっている方で、とても落ち着いて対応フォローして下さり、危うくパニックになりそうな私にとっては神様が使わして下さった方なんだと思わざるをえませんでした。

 

今までたくさんのワンニャンと暮らしてきましたが、

ヘムヘムは言わば”最後の砦”的存在でした。

年齢的に次の動物と一緒に暮らすには無理がありそうです。

友人の中には”なにかあったら面倒観ますよ”と言ってくれる人もおいでになるのですが、やはり気になります。

 

男ばかりのワンニャンの中での紅一点であった唯一の娘ヘムヘムとの

この上なく辛く寂しいお別れでしたが、これも私にとっての”神の計画”なのでしょう。

青森の友人の、

”ヘムヘムちゃんは、みんなに迎えられてあちらの世界に誕生したんですね”

という言葉でとても心を軽くさせてもらえました。

 

かつての旧友や友人からお花をいっぱい頂きました。

ありがとうございました。

お花が好きだったヘムヘムも喜んでいると思います。

私もヘムヘムも、本当に幸せものです。

 

 

形がなくなってしまったことは、本当に本当に寂しいことですが、

今までの子たちも含め、ヘムヘムもこれからもずっと私のハートの中に居続けてくれます。

2017年初頭のこの出来事を真摯に受け止め、

彼女が教えてくれたことをこれからもしっかりと胸に刻みつけ、

またみんなと逢える日を楽しみに、自分の天命を全うしていきたいと思います。

 

 

私の私的なヘムヘムへの想いを最後までお読み下さり、

ありがとうございました。

ご心配下さったみなさまにブログ上ではありますが、心からの感謝を申し上げたいと存じます。ありがとうございました。

 

 

 

 

AD