1、癌で悩む前に「ラブレクラウト」をチョキ


ラブレクラウトは、癌予防・癌転移予防、および腸内細菌の健全化の目的で作られていますラブラブ!


健康に良いと思っている魚介類と野菜の組み合わせの食事をすると発癌物質ができるということは余り知られていないのではないでしょうか叫び

実は、魚介類や肉類に含まれている第二級アミンという物質と、野菜や漬物に含まれている硝酸塩(または、亜硝酸塩)という物質は胃の中で反応をし、ニトロソアミンという発癌物質を生成するのですドクロ


特に日本人に胃がんが多いのはこのニトロソアミンのためであるとも言われています叫び 勿論、ニトロソアミンは癌の転移にも影響を与えますドクロ


魚介類は特に第二級アミンを多く含みますので、魚介類を多く食べる日本人にとって、癌といえばまず第一に考えなければいけない大きな問題なのですビックリマーク

これらのことを踏まえ、癌に援軍を送らず、押さえ込もうと作られたのが「ラブレクラウト」です合格


ビタミンCは胃の中でこの第二級アミンと亜硝酸塩の反応を阻害しますグッド!

また、キャベツには体内での発癌物質の生成を抑制するイソチオシアン酸塩という抗癌物質が含まれていますチョキ

腸内で活躍するラブレ菌にもNK細胞を活性化し癌を抑制する効果があるといわれていますラブラブ!

このように「ラブレクラウト」は胃の中、腸内、体内で発生する発癌物質を何段もの防御体制で癌を制圧するように考えられています合格


また、日本古来の漬物は善玉乳酸菌などを効率よく腸内に取り込むことはできるのですが、概して塩分が高いため、多く摂ることは好ましくありません叫び

しかし、「ラブレクラウト」は塩分が少なく比較的多く摂取できるように作られていますので、腸内細菌の改善には絶大なる効果を発揮することができるのですラブラブ!

また、「ラブレクラウト」は腸内細菌を健全化し、癌を予防したり癌の転移を防ぐ目的以外にも、ビタミンUによる胃を丈夫にする効果も期待できます合格

AD