ご家族にアルツハイマー型認知症(以下、認知症)が気になる方、認知障害、軽度認知症の方がおられる方々、最近物忘れなどが酷く認知症が気になっている方、及び投薬だけの一時しのぎでなく認知症を根本から治したいと考える医療関係者の方ための講座ですグッド!


本講座は、昨年夏の講座をベースに、多くの改善指導実践から学んだ薬の副作用(ほとんどの方は複数服薬により病態を悪化させられています。)の恐ろしさを加えた、超~パワーアップバージョンです音譜



認知症の悪化は不条理な投薬による薬害といっても過言ではありませんパンチ! 認知症を予防する・治す薬などはありませんので、薬に頼らず正しい知識で正しく改善していくことが大切です叫び



道を迷って帰れなくなった程度の認知症でしたら、比較的短期間で元の生活や元の生活以上に回復することができますチョキ



ただし、認知症から普通の生活に復帰するためには、次の3つの条件を満たしていることが必要ですビックリマーク


①本人に回復したいという意思があり、軽い運動(できれば速歩など)ができること



②ケアーする人(or自分自身)が認知症発症の理由を理解し、日常の食事を作れることor自分自身で作れること(一般の惣菜や外食、病院食を食している限り認知症が良くなることはありません)



③認知症に2種以上を投薬しない病院であること、複数薬の服薬での改善は見込めません(認知症の改善には自身で改善しない場合は良い医師にめぐり合うことが重要です)


また、日頃の安易に服薬する風邪薬鎮痛剤胃薬抗アレルギー薬高血圧、高コレステロールの薬などの服薬によっても認知障害が起き、病態の悪化が加速するということを知ることも重要ですドクロ



本講座では認知症の発症メカニズムを学ぶと同時に、知らず知らずのうちにどのようなな危険因子に日々曝されているかを理解し、確実に認知症を改善していく方法が学べます目



続々とアルツハイマー型認知症から帰還されている方が増えています(ほとんどの方は以前より、より健康になられます)合格 とり掛りが早ければ早いほど帰還も早くなりますビックリマーク

手遅れにならないうちに“正しい認知症の予防法・改善法”を学びましょうグッド!



今年度の「認知症」講座は本大阪講座で最後となりますビックリマーク リンパケアとの相乗効果についてもお話します目



講座内容の概略は以下を参照ください。



大阪講座(8月27日)

・ダイエット https://lymphcare.org/training_sessions/44092/new

・鉄欠乏性貧血 https://lymphcare.org/training_sessions/44093/new

認知症 https://lymphcare.org/training_sessions/44097/ne w

・片頭痛アドバイザー https://lymphcare.org/training_sessions/44098/new



広島講座(9月11日)

・高血圧と低血圧 https://lymphcare.org/training_sessions/43285/new

・ダイエット https://lymphcare.org/training_sessions/43286/new

・うつ病 https://lymphcare.org/training_sessions/45747/new

・自分で治す片頭痛 https://lymphcare.org/training_sessions/43288/new

・片頭痛アドバイザー https://lymphcare.org/training_sessions/45759/new


東京講座(9月24日)

・酸化ストレス・炎症体質 https://lymphcare.org/training_sessions/45554/new

・マグネシウムと脳・筋肉の働きhttps://lymphcare.org/training_sessions/45588/new

・片頭痛アドバイザー養成講座https://lymphcare.org/training_sessions/44985/new

東京講座(9月25日)

・生活習慣病の原因と対策https://lymphcare.org/training_sessions/44987/new

・アレルギー・アトピーhttps://lymphcare.org/training_sessions/44988/new

・うつ病https://lymphcare.org/training_sessions/44989/new

・糖尿病https://lymphcare.org/training_sessions/44995/new


大阪講座(10月16日)

・酸化ストレス・炎症体質https://lymphcare.org/training_sessions/45589/new

・アレルギー・アトピーhttps://lymphcare.org/training_sessions/44997/new

・うつ病https://lymphcare.org/training_sessions/44999/new

・糖尿病https://lymphcare.org/training_sessions/45000/new


 


 



 


 

AD

○自分で治す片頭痛



「片頭痛は簡単によくなります」音譜

 

以下は、7月31日の東京講座に参加された鎌田美香さんからのお礼のメールですチョキ


「7月31日東京講座で、片頭痛の講座に出席させていただきました。その際は、分かりやすく教えて頂いて、どうも有難うございました。

 

あれから、先生に教えて頂いた万能健康ジュースを朝食にしています。初めて飲んだ日、通勤で身体、特に肩甲骨周りや肩の当たりがとても軽く、目がスッキリ、視界がクリアになったのには、とても驚きました!1回ですぐに効き目が出るとは思っていなかったのです。

 

万能健康ジュースは意外と量が多く、無事お腹もいっぱいになりました。万能健康ジュースを飲むと、全然間食しようという気持ちにならず、よくわからない食欲もなくなった感じです。

そして、2週間飲み続けて、お腹周りがすっきりしてきました。びっくりです!

頭痛は、寝不足で休めない日に2回ほど出て、そのときに教えて頂いたマグネシウム原液を入れたお水を飲んだら、1時間後にはすっと引いていきました。

今まで痛い思いをしながらじっと横になっていたので、ほっと安心しました。本当にどうもありがとうございます(^^)

 

9月の講座にも、どれかを出席させて頂きたいなと思っています。どうもありがとうございました。9月の講座を楽しみにしています。」

 

その後、マグネシウムに関する質問があり、「マグネシウムは抗ストレスミネラルといわれるようにイライラなども鎮まります」との返信に対して次のメールを頂きましたグッド!

 

「イライラしなくなるということには心当たりがありまして、お水にまぜて飲むようにして以来、不思議といつも気分が落ち着いているなぁと思っていたところだったんです。

それは、私の気のせいではなかったということなんですね。効き目がありすぎて、またびっくりです!

 

何が嬉しいって、まだ私の身体は丈夫に健康になる要素があるんだと、自分で実感できることです

これからは料理にも混ぜてみます。本当に興味深く面白いですね。先生のことを知る機会があって、私はとてもラッキーだと思いました。有難うございます。

何歳になっても、人生をもっと楽しんでいいんだ、と思えるのはとても幸せです。これからも、少しずつ勉強していきたいなと思います(^^)

 

このようなメールを頂くたびに、私ももっともっと伝えていかなくてはと思う次第です(鎌田美香さんには、多くの片頭痛の方に少しでもお役に立てればとの思いから、この転載のご承認いただきました)はてなマーク



今年度の「自分で治す片頭痛」講座予定は、9月11日広島講座で最終となりました。


ほぼ同様内容のDVDはこちらから求められます。

https://lymphcare.org/publish/goto_dvd.html  



○片頭痛改善アドバイザー養成講座


クライアントさんの真の幸せ(片頭痛を根本から治す)を第一優先とされる医療関係に従事されている方

鍼灸整体、カイロプラクティック、リンパケ、食事指導など、片頭痛の改善に携わってきた方で、片頭痛根本治療に向けたレベルアップを願う方

・自身の片頭痛が良くなるだけでなく、発症のメカニズムを詳しく学び、完全に頭痛から解放されたい方、またその改善方法を伝えていければとの思いの方



などなどの為に、今年7月中旬から開催を始めましたディプロマ付き講座です。

 

ディプロマ取得者にはメールにて出来る限りの無料フォローアップ指導も行います。

すでに5名の方がディプロマを取得していますので、お早めに受講されることをお勧めします(フォローアップ指導は取得番号の早い順にさせていただくことになります)。

また、来年2月以降はフォローアップ指導の時間が取れにくくなる可能性もあります。

 

内容の概略は下記を参照ください。




大阪講座(8月27日)

・ダイエット https://lymphcare.org/training_sessions/44092/new

・鉄欠乏性貧血 https://lymphcare.org/training_sessions/44093/new

・認知症 https://lymphcare.org/training_sessions/44097/new

片頭痛アドバイザー https://lymphcare.org/training_sessions/44098/new

 

広島講座(9月11日)

・高血圧と低血圧 https://lymphcare.org/training_sessions/43285/new

・ダイエット https://lymphcare.org/training_sessions/43286/new

・うつ病 https://lymphcare.org/training_sessions/45747/new

自分で治す片頭痛 https://lymphcare.org/training_sessions/43288/new

片頭痛アドバイザー https://lymphcare.org/training_sessions/45759/new

 

東京講座(9月24日)

・酸化ストレス・炎症体質 https://lymphcare.org/training_sessions/45554/new

・マグネシウムと脳・筋肉の働きhttps://lymphcare.org/training_sessions/45588/new

片頭痛アドバイザー養成講座 https://lymphcare.org/training_sessions/44985/new

AD

「貧血に良いというプルーンひじきほうれん草納豆レバーを食べ続けているがいっこうに鉄欠乏性貧血はよくならないしょぼんという方は多いのではないでしょうかビックリマーク

これは無意味なことをやってるからその通りの結果が起きているだけのことなのです叫び

 

因みに、プルーンの鉄量はスイカや夏みかんより少なくひじきの鉄分は全く吸収されることなく有害なヒ素だけはきっちり吸収され、納豆の鉄分もほとんど吸収されることはありません叫び ほうれん草の鉄量以上に小松菜、サラダ菜、大根葉の鉄量は多く、これらの葉物野菜には牛レバー3倍以上の鉄分(固形分当たり)が含まれています目

 

鉄製剤も鉄量が多ければ多く吸収されるというものではありませんショック!


鉄の吸収メカニズムや体内の動態を知り、正しい食事をとればすぐに鉄欠乏性貧血は良くなっていきますラブラブ! 鉄製剤も1錠の数十分の一程度摂れば非常に効率よく鉄分を吸収することができますチョキ

 

そもそも、鉄分摂取にかかわる根本的な大間違いとは、

1、ヘム鉄は非ヘム鉄より吸収率が高いということパンチ! 正しくは“鉄欠乏時にはヘム鉄ではなく葉物野菜を中心とした非ヘム鉄をとる”ことですグッド!

2、一日当たりの鉄の必要摂取量は10mg程度ではなく、“鉄の必要補充量は1mg程度”ということグッド!

 

非ヘム鉄の吸収率が2~5%程度で、ヘム鉄は15~30%といってるうちは鉄欠乏性貧血はよくなりません叫び 鉄の吸収の仕組みやどのように血清鉄がコントロールされているかが分かれば、どうすればよいかもすぐに分かります(拙著「鉄マグ欠乏症」もご参照ください)ビックリマーク

 

先日の東京講座でも大好評だった講座です(今回の大阪講座が今年最後の講座なります)ビックリマーク 知らないと随分出遅れてしまいますよひらめき電球

 

大阪講座(8月27日)

・ダイエット https://lymphcare.org/training_sessions/44092/new

・鉄欠乏性貧血 https://lymphcare.org/training_sessions/44093/new

・認知症 https://lymphcare.org/training_sessions/44097/new

・片頭痛アドバイザー https://lymphcare.org/training_sessions/44098/new

AD