ゴールデンウイークですね~。



私は明日からゴールデンウイークです。



やっぱり、ゴールデンウイークは、


都内は微妙に人もまばら?・・・と思いきや、


昨日の新宿は結構な人でした。



ていうか、品川区に比べるとね。ははは。



品川区の住宅街の人口密度に慣れているので、


新宿とか都会に行くと、


人だかりで頭痛が・・・・。




それはさておき。


ゴールデンウイークの谷間。


休んでいらっしゃる方も多いのでしょうが、


私は仕事なんです!


仕事してる人だって多いんです!




なんでちょっと怒っているかというと、








コンビニの弁当コーナーの商品棚がガラガラ。







お昼ごはん、買いそびれますやん。



そんな経験を4/28にしたので、


今日はちゃんと弁当を持って来ましたよ!



晩御飯の残りだけれど。




残り物だけに、


おかずの1/3は芝漬けでしたが。(涙)



そんなこんなで、


久しぶりに


”あまり役に立たない英会話教室”




本日のキーワードは、



残り物=left-over



I'll bring left-over for my lunch.


昼ごはんに残り物を持っていく。




ネイティブチェックは・・・通してません!(爆)


・・・だから役に立たないんだよね~。

AD

英語の勉強?

 

TBしてみた☆

 

というか、TB成功したので、

 

試してみたい時期なのだ♪

 

 

我が家ではここ3ヶ月くらい

 

「英語禁止令」が出ている。

 

1単語100円というシビアな価格設定!!

 

「Well, I mean...あっ(^▽^;)。」

 

で、300円だ。

 

よく考えたらなんてあこぎな価格設定。

 

 

でも、実際に徴収されたことはない「名ばかりの罰金令」だけど。(笑)

 

 

ちなみに、「O.K.」は100円だが、「オッケー」はセーフである。

 

「hair cut 」は200円だが「ヘア~カット」はセーフなのだ。

 

ポイントは母音であるっ!!!

 

「McDonald's」は日本語読みが難しいらしく、

 

最初は「まくの・・ま・まくどんる・・・がぁぁっっ。」となる。(笑)

 

まぁ、それはさておき、

 

日本人で、私のように英語が苦手な人が英語で話そうとすると、

 

直訳になりがちだ!

 

実はうちの留学生たちも、

 

それぞれのバックグラウンドが垣間見られる

 

直訳を繰り出す。

 

例えば、

 

歴代留学生の中で唯一複数いるアメリカ人の子たちは、

 

「prohibit」を「禁ずる」とか「禁止する」と訳すので、

 

「パソコンを家で使うのを禁ずるでしょ?」

 

と、謎の直訳文章が繰り出される。

 

意味は通じるんだけどね。

 

 

で、逆にその直訳から、

 

あぁ~そうか~そういえばそういう表現、映画やテレビでするよね~~。

 

という勉強にはなったりするので、

 

よいのではないかと思います。

intestines

焼肉はサイコー。

私は10日に1日焼肉を食べてる!たぶん・・・。
ぐらいに好き♪

そして、昨日も焼肉でした。
そして、はずせないメニュー。それは、

















ホルモン♪














大好き(^▽^)


しかし、Ryanが来てからというもの、

「ホルモンを食べる」という行動にもれなくついてくるテストがあるのです。





う~テストきらい。








それは、

Ryan「腸は英語でなんですか?」

みき「・・・(撃沈)・・・。」

Ryan「何ですか~~?」 ←この時はめちゃくちゃ意地悪なヤツ

みき「・・・・電子辞書つかっていい??」

Ryan「い~え。だめで~~す。もう何回も言ったでしょ~。」
 
 ↑ この時はやっぱりめちゃくちゃ意地悪なヤツ

みき「ヒントくれ~。(;-;)」

Ryan「inte・・・。」

みき「そこまでは覚えてるんだけどぅ。」

Ryan「腸、カンタンで~す♪」

↑超カンタンに聞こえて余計ヘコむ。でも、実際「超カンタン」のつもりで言ってる可能性も20%・・。







と、いうテストが毎回繰り返され、
なのに毎回忘れる私。






頭が悪いです。(;▽;)






明日の夜は

松阪牛の焼肉屋(かなり安くて松阪牛が食べられる♪もちろんウマ~。)で、

絶対そのテストに受かってやるぅ~。


という訳で、
今日は特訓。



intestines intestines intestines intestines intestines intestines

↑ 3個目以降はコピペ・・・・















だめじゃん。私。



ホストファミリーとかしてると、
「英語しゃべれるんでしょ?」って思われがちですが、














・・・全然。(笑)



中学生レベルでゴメンして。(^^;)





この前、初めてTOEICなるものを受けましたが、
英語の実力もさることながら、
2時間って、じっとしてられるわけねぇ~~~じゃん!
最後のほうは おしりの痛さ との戦いでした。
それ以前に、ビール大瓶2本平らげてから会場に行ったので、
たぶんご近所に座った人、『酒くせぇ』と
思ったかな??
この場を借りて、



「本当にすみませんでした。」


猛省。


スコアはまだでてませんが、
でたら、笑いましょう。
たぶん爆笑のスコアですから。


ところで、
中学校や高校で英語やったのに、

なんにも全然わかりましぇ~~んという、
よくいる私のような日本人にぴったりの(?)
テキストを発見しました。
(歴代留学生の持ち物から!)

それは・・・














外国人が日本語を勉強するために使うテキスト



ね?ね??
意外と、ウケるでしょ?


あ、ウケないか。


いや、でも結構
物事はいろんな角度から見ないと!(?)

英語圏の学生に大人気なのが、
「げんき」シリーズ。
でも、「げんき1」は英語がたくさん載っているけど、
「げんき2」は日本語割合が高くなるので、
「げんき1」がオススメ♪

友人Kさんも買いました。



著者: 坂野 永理
タイトル: 初級日本語〈げんき〉 (1)



著者: 坂野 永理, 坂根 庸子, 渡嘉敷 恭子, 大野 裕, 品川 恭子
タイトル: 初級日本語「げんき」〈2〉

ところで、
最近Ryanに習った英語~。

nerd=辞書には、「変わり者」ってありますが、ワタクシ的訳は「オタク」

wus(slangゆえ、spellは不明)=臆病者=いわゆるchickenと同じらしい
とりあえず、ジーニアスには載ってなかった<wus

いやぁ~~~。使えませんな。

今度は使える英語を掲載しましょう。(^^;)