ホストファミリーになりたい

テーマ:

ホストファミリー楽しそうだね~、


うちもやろうかな?紹介してくれる?




と、よく聞かれるのと、


このblogの検索ワードの上位にいつも


「ホストファミリー」が君臨しているので、


今日はどど~んとご紹介してみようかと思います。


紹介文は個人的見解などが含まれていますので、


詳しくはそれぞれのサイトか、運営団体等に


直接聞いてみてくださいね。





それぞれ団体名・サイト名をクリックすると


リンクに飛びます。


リンクはTOPページに飛びますので、


団体等の概要を理解された上で


登録される場合はホストファミリーの項目に


進むと登録できます。


*登録はご自身で納得された上でしてください。


誠に申し訳ありませんが、登録後のトラブル等に関しては、


一切責任を負えません。ごめんなさい。


とは言え、団体・学校だとカウンセラーの方がいますので、


フォローはしてもらえます。


一方、インターネットで独自に探す方法では、


フォローはないものと考えて下さい。


なお、私のほうで回答できるような質問でしたら、


回答させていただきますので、コメントなりメッセージで


ご質問いただければ、と思います。


ちなみに私の外国語レベルは


英語のみ日常会話がおぼつかない程度(最初の記事参照;笑)ですので、


募集内容の翻訳等の依頼はお受けできません。




まず、全国規模でホストファミリー募集してるとこ、募集できるとこ


1.WYS (高校生の交換留学プログラム)


【期間】

みんな夏休みを除く10ヶ月の予定で来てるみたいです。

ある程度の都会で、地域に他にホストがいれば、短期間での受け入れでも大丈夫なようです。


【受け入れ条件】

1日3食(お弁当込み)の用意と、

部屋(個室が望ましいようですが、個室でなくてもいいようです。)の提供

ホストの外国語能力は全くなくてもOKみたいです。

というか生徒の日本語のレベルが異常に高い。(笑)


【留学生の年齢】

高校生対象の交換留学プログラムであるため、高校生のみのようです


【留学生の国籍】

結構ばらばらですが、前うちにいたDew(タイ)もAnna(ドイツ)も言ってたんですが、

意外とドイツが多いらしい。後はオーストラリアとか?


【謝礼金等の有無】

なし。

でも、交換留学なので、

自分の子供が高校生になったら留学させたいとかなら、

いいのかも。


【備考】

お住まいのところにホストスクール(留学生受け入れ可能な学校)があれば、

問題ないですが、

ホストスクールがない場合はホストスクールを探さなければいけないようです。

とは言っても、自分の出身校を団体に紹介するなどでもいいようです。

生徒の日本語能力の高さから言えば、他の追随を許さない感じです。

みんな日本の高校に行って、普通に授業してるので、

ホスト側の外国語能力はまったく必要なし。



2.IJEC (日本語学校)

もしかすると都市圏だけかも。

ホームステイだけでなく、ホームビジット(留学生による家庭訪問)

などもあるようです。


【期間】

通常30日~90日程度のステイですが

1,2週間からでも受け入れ可能なようです(学校に寮があるため)。


【受け入れ条件】

朝夕の2食と個室の提供


【留学生の年齢】

結構ばらばららしいです。

ただ、やはり多いのは若者かと。


【留学生の国籍】

これまたいろいろな国から来るようです。


【謝礼金等の有無】

1泊2,500円(銀行振込)


【備考】

ホスト側に外国語能力は必要なしですが、

若干話せるとコミュニケーションがとりやすいかもしれません。

でも「外国語全然だめです。」って言っちゃえば、

日本語上手な子が来るんだと思います。

これ、他の学校もそうだけど。



3.自分でインターネットに広告を出す方法

HomestayFinder

HomestayWeb

Japan-guide.com

自分のサイト・blog

など



【期間】

ゲストによる

ゲストの目的は、観光・就学など様々です。


【受け入れ条件】

個室提供

食事込みか込みでないか指定可能


【留学生の年齢】

本当にばらばら。

高校生から退職後のご夫婦まで幅広い。


【留学生の国籍】

これまたばらばら。

もし「言語学習のため、その言語話者を探したい」etcなどの時は、

条件を絞って探すことも可能。


【謝礼金等の有無】

言い値・・・って言葉が悪いか・・・。(汗)

自分で設定できます

。ただ、HomestayFinderはUSドル建てで広告を出します。

でもうちは日本円換算して、日本円でもらってます。

うちの場合、Paypalで予約金をもらって、

追加分は現金でもらってます。


【備考】

自分でインターネットに広告を出す方法です。

リスクは団体・学校の紹介に比べて高いことを

念頭においておいたほうがいいと思います。

割と、東京・京都・大阪など

外国人に人気の観光スポットの方が登録されている場合が

多いようです。

サイト自体を読むのとゲストとのやり取りで、

ある程度の英語能力があったほうがいいと思います。

が、日本語話者のみ受け入れ可能にすれば、

問題ないのかな?




次に、首都圏(東京近郊)で募集しているところ


4.KCPインターナショナルのUSプログラム

アメリカの大学の単位認定プログラム。

日本人向け日本語教師のクラスを併設しているため、

リンクはホストファミリー募集のところに飛びます。


【期間】

基本的にひと学期が約3ヶ月(ちょっと切るくらい)なので、

3ヶ月。

夏には夏短期学期があり、こちらは1ヶ月半。

複数学期を履修する生徒もいるので、3ヶ月×○学期という期間もあり。


【受け入れ条件】

個室と1日2食(朝夕)の提供

学校(新宿御苑)まで片道2時間までのお宅

お迎えは新宿駅のバスターミナル6pmくらいかな?


【留学生の年齢】

アメリカの大学の単位認定プログラムで、

彼らの専攻が日本語とは限らないため、

大学1,2年生が多いようです。

大体18~21歳くらい。

ただ、アメリカの大学以外からももちろん来るので、

若干上の年齢も来ます。


【留学生の国籍】

アメリカが多い。

うちではアイスランドの子ひとり以外

全員アメリカからでした。


【謝礼金等の有無】

サイトに記載がないので、はっきりとは言えませんが、

大体他の学校と同じかと。


【備考】

学校は半日ですが、宿題が山ほどあるらしく、

単位をかけて学生たちは必死で勉強してます。

がんばれ!CREDITもらえるんだぞ!!(笑)



5.エスパスラング東京

原宿にあるフランス語話者向け日本語学校

日本人向けフランス語教室も併設しているため、

リンクはホストファミリー募集のところに飛びます。


【期間】

基本4週間。

2週間、3週間のプログラムもあるようです。


【受け入れ条件】

個室と朝食・夕食の提供

原宿まで60分以内のお宅

お迎えは学校まで普通夕方みたいです。


【留学生の年齢】

結構高めみたいなんですよね。

20代後半から30代とか。

7割が学生で3割が社会人なんですね。(サイトより)


【留学生の国籍】

90%フランス人

他、カナダ・スイス・ベルギー・モロッコなど

うちはモナコの子もいたよ。


【謝礼金等の有無】

2週間:3万5千円(1,2,5月の2週間プログラムの時)
3週間:4万5千円
4週間:6万円(7,8,9月は光熱費としてさらにプラス5千円)

学生のピックアップに学校に行った時、

コーディネーターさんから手渡し。


【備考】

おもしろかった~。(笑)

何故かエスパスラングから受け入れた後、

やたらフランスの方と微妙な接点が生まれ、

なんなんだろうなぁ・・・。

フランス語の勉強しろって神の啓示?



6.九段日本文化研究所 日本語学院


【期間】

2週間~(都合に合わせて)

【受け入れ条件】

個室と平日2食、週末3食の提供

(週末3食って言うのは他の学校もそうなのかも。

っていうか、食べさせるし!;笑)

九段下まで1時間半までのお宅

【留学生の年齢】

まだ一人しか受け入れてないからわかんないな~。^^;

【留学生の国籍】

うちは台湾のWayneが来ましたよ~。

結構ばらばらみたい。

【謝礼金等の有無】

1泊2,800円

84,000円/月

手渡しで留学生経由で持ってきたので、

Wayneが超びっくりしてました。(笑)

そりゃアタシもびっくりよ。

今度から銀行振り込みになるみたいで、

銀行口座の照会がありました。


【備考】

Wayneの場合は挨拶以外は英語でしたが、

連れて来たお友達は彼のクラス(「ひらがな・カタカナコース」)の

ひとつ上のクラスだって言ってたけど、

結構日本語上手でしたよ~。




で、なんでホストファミリーはじめたかって言うと、


自分がホームステイして面白かったから。


で、ホストファミリーにあれこれ行きたいトコとかの


相談した時や、


わかんない英語とか、


いっぱい手伝ってもらったから、


今度は手伝いたいなと思って。



結構、周囲の人のイメージとしては


ホストファミリーは大変って思うみたいだけど、


何も赤ちゃんを預かるわけでもなし、


毎週末BBQに連れて行かなきゃいけないわけでもなし、


適度に手伝って、適度に放置してる我が家としては、


「いや~~おいしいトコ取りですまん。」


って感じなんですよね。



もしちょっと興味あるなぁって思ったら、


とりあえず短期間から始めてみたらどうでしょう?


もちろん人と人だから、


合わなくてダメだ~ってこともあるかもしれません。


だけど、それ以上に


「うわ~この人に出会えてよかった。」って


思うことがすごく多いです。




とりあえず第1歩、


踏み出してみるのもいいかもしれないです。




日本に来る人、日本で迎える人、


どちらもそこそこに力抜いて、


楽しい時間を共有できますように!





゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


なんか、よさげな書籍類を並べてみました~。




うちには「A Dictionary of Japanese Food: Ingredients & Culture」という本があって、


「この食材なぁに?」という質問に的確に答えられる素敵な本なのですが、


Amazonで買ったはずなのに、


検索しても出てこない・・・・・。



(1)たぶん、「ホストファミリーやろうかなぁ?」と

お悩み中の方によさそうな、体験談系

(いずれも読んだことがないですが・・・)

ホームステイがやってきた―ホストファミリーの体験&ノウハウ/清水 祺子
¥1,680
Amazon.co.jp

サミーのばかっ ホストファミリーわくわく日記/留学生サミーブログ
¥1,050
Amazon.co.jp



(2)留学生にいろいろ聞かれたときに役立つ系

(持ってるけど、ちゃんと読んでないけど!;爆)



いっそイラスト ニッポン単語帳 日本を英語で知る/酒井 うらら
¥1,365
Amazon.co.jp

海外からのゲストを日本に迎える英語表現集 (CD BOOK)/石津 奈々
¥2,730
Amazon.co.jp

ああ、でも私のオススメ本はやっぱり、




「A Dictionary of Japanese Food: Ingredients & Culture」




なんだけどな~~。





たぶんAmazon.co.jpの洋書のとこか、


Amazon.comで買えます♪

AD

コメント(15)