言いまつがい

テーマ:

私の昼休みは、


ほぼ日刊イトイ新聞から始まります。


その中で一番好きなのは、


言い間違いや聞き間違い、書き間違いを


読者の人が投稿するコンテンツ。


なんと、本も出ているよ。


言いまつがい (新潮文庫)/糸井 重里
¥540
Amazon.co.jp

金の言いまつがい (ほぼ日ブックス)/ほぼ日刊イトイ新聞
¥1,260
Amazon.co.jp

銀の言いまつがい/祖父江 慎
¥1,260
Amazon.co.jp


これが、おもしろい。






私の投稿も一回サイトにのったのよ~~。






そういえば、


この前英語でとんでもない言いまつがいを!!




来日予定の友達がCouch surfingのサイトで、


泊まらせてくれる家を探していると言う話から、


Couch surfingと言う言葉を私が知らないだろうと思っていた友達が、


説明からはじめました。






「あのね、


家事とか手伝ったりして、


タダで泊まらせてもらうシステムなんだけどね、


タダで泊めてあげるよ、って人が、


ウェブサイトに登録して~。」








「知ってるよ~





















Couch




















Sufferingでしょ?」


*suffering=苦難、受難、苦しみ







「ね~ちゃん、






違うよ・・・・。





Surfing!!!」






この話を後で語学の女王Sabrinaに話したら、







「Couch貸す方からしたら、


時々Sufferingかも知れませ~~ん!!にひひ





Sabrinaに座布団一枚。得意げ

AD

ホームステイのゲストを男女問わずにしていたのですが、


訳あって、女性かカップルのみに限定する事にした我が家。


ま~相方が嫌がるという・・・理由で。



限定開始以前にもらっていた予約の分は、


断るのもなんなんで、OKということに。




でも、今年は女子の予約が多いので、一安心☆




で、このBlogの最初に記事に、


○○人の女性、何月何日から何月何日までステイ


とか書いてるのですが、


ある日、一通のメール。






「Blogには


”フランスの女性”って書いてある期間に


予約してるのですが、








ボク・・・なんですけど・・・・


もしホームステイがダメなら、


別の家の部屋はありますか?」





叫び





Stephaneくんという、思いっきり男子な名前なのに、


脳内で、







Stephanie


女子力150%のお名前(笑)




に変換しちゃったYO!






ご~め~ん~~!




Stephaneくん。。。。。


でもカレの予約は限定開始前だったし、


うちの手違いだから、ホームステイOKよ~とメール。








は~。危ない。危ない。








で、ここ2,3日、


ゲストハウスのHyunahちゃん(女子)のルームメイトになりたいという、


Oliverさんとメールのやり取り。




なぜかここでも、


すっかり


Oliverさん=女子


と思い込み、


話を進めていたのだけれど、


昨日の夜、


突如、



ドイツの守護神、








Oliver Kahn  ←クリック♪








が私の脳裏を駆け巡る。
















し、しまったぁ~~~




Oliverって男子の名前やん。。。。(汗)






という訳で、


シェアはお断りしたのですが、


ゲストハウスには滞在するかもしれないらしい。








夜中に思い出すOliver Kahnは結構インパクトあり☆

34歳の恋

テーマ:

社会人になりたての新人研修のグループが一緒だったのがきっかけで、


私はその会社をとうの昔に辞めているにもかかわらず、


いまだ一番激しく遊んでいる(といっても月に1回あるかないか;笑)友達、


長年彼女がいなかったのだけど、









「最近ど~してる?



彼氏とうまくいってるか?



こっちもなんだかんだ



彼女できた!!のだが



飲みに行かない?」





と、深夜の携帯メール。







お~~~!!!






34歳、


めちゃくちゃいいヤツで、


コドモとかも大好きで、


子供に空手教えたりしてて、


仕事も本当一生懸命で、


気は遣えるし、


面白いし、


本当に仕事が忙しいだけで彼女できなかったんよね~~。




そりゃさておき(爆)



23:03に始まったメールのやり取り、



結局0:20までメール会話。








つか、だったら電話すればいいじゃんね。







と思うのは


私が携帯メールにいまだ慣れられない34歳だからですか?






あぁ、22歳の頃とかって、



34歳には落ち着いて結婚して子供でもいるかと思ってたけど、



あんま変わんないうちら。あはは~。



・・・私は結婚して離婚したけどさ。

Brianと私、よく日曜日の食材買出しに一緒に行くのですが、


いつも行くスーパーへは、





あの有名な



ステキな



品川区が誇る






戸越銀座商店街


戸越を愛する品川区民。フフフ。






を通っていくのですが、


この下町風情漂う商店街、






Theニッポンのいい所





って感じがして、


渋好みのゲストにはバカウケラブラブ







そんなステキな通りなので、



街には商店のおじさん・おばさんの、



「さ~いらっしゃ~い!!




「今日は鮭が安いよ~~ビックリマーク




という呼び込みの声。




通りには買い物客が込みすぎず閑散ともせずいい具合で歩いてて、


非常によい!





最初中央区から引っ越してきた時は、





「ホンマに東京か!?



って思ったけど、結局ここに家を買うほどの愛着ドキドキ






そんな戸越銀座商店街、


ワンコを連れて歩く人が結構いる。



最近は私の好きなイタリアングレイハウンドも増えたし、


コーギーやらシーズーやらもたくさん。


そして日本が世界に誇る!?柴犬も結構見かけます。







Brianはそんな柴犬ラヴ恋の矢





「あの犬は日本の犬?」




「そだよ。柴犬って言うのさ~。」




「どういう性格?」




「おとなしくて、頭よくて、従順らしいよ~。」




「完璧じゃない!


カナダで見たことないよ~。」




「でも輸出もされてるらしいよ。」





「あぁ・・・でもレアなんだろうねぇ。















ね、







あの犬飼おうよ。」







え?今?


うちでですか?



ちょっと日本滞在中に犬と戯れたかっただけ~~!?叫び


・・・そういやRyanも「犬飼って!」とか言ってたなぁ~~。





みんな、帰国後にワンコの世話するのは誰だかわかっているのだろうね!?

大阪人に渡す東京土産

テーマ:

東京に住んでいる友人が大阪に行くので、


何を土産にすればいいのかと、私にメールが来た。



微妙に関西圏だけど、


主に名古屋圏に入れられる三重っ子に聞いていいのか?友よ。。。。




東京にあって大阪にないもの・・・・


う~ん



芋ようかん?



Top'sのチョコケーキ?



私が実家に土産をもって買えるときは上の二つのうちのどちらか。


母が好きだからという理由なんですけどね。




で、いいアイデアがないものかと、


同僚Tちゃんにアドバイスを求めると・・・・






クリスピークリームドーナツ





そう。


未だ行列ができている(?)らしい、


アメリカ生まれのドーナツ。


日本進出して間もないから、


東京にしか店がないらしい!?




お~~!!




って思ったけど、


友はイギリス人。




東京からイギリス人がアメリカのドーナツもって大阪行ったら・・・・


まぁ、ネタにはなるか。軽ぅく。

火曜日ですね~。


先週の週末は各々外出して満喫した我が家の面々。


家であまり休まなかったせいか、お疲れ気味。



朝起きたばかりの女三人、


顔が疲れてます。(笑)



花がないよ~花が~~。



そんなお疲れ気味の朝、


Sabrinaは元気な時は日本語で話すけれど、


疲れてくると英語の方が楽チンなので、


英語で話します。




が、今朝、



相当疲れていたのでしょう。







スペイン語で話しかけられました。









・・・わからんってSabrinaぁ~~(爆)

Sabrina、


一応ホームステイの予定が5/11までだったんだけど、


就職も決まってビザも申請できるようになったので、



延長希望ニコニコ



ほんと、うちみたいな放置系ホストファミリーなのに、


続々と延長希望をもらえるのはありがたい・・・。



で、でも夏のホームステイの予約って言うのが、


うちに空き部屋ないからゲストハウスステイでもOKな人含めて


既に前年の秋には8部屋全部満タンになるくらいで、


延長は嬉しいけれど部屋の確保が難しい!



しかしタイミングのいい事に、


ゲストハウスと我が家を行ったり来たりにはなるものの、


Sabrinaの部屋確保!



5/11からはゲストハウスに引っ越すSabrinaだけど、


ロケーションの問題もあり


やっぱり我が家に早めに戻って来たいそうで。



そんな中、私、今年は夏休み、


ちょっとお出かけを企んでいて、


年中無休のホストマム業をどうしようかなぁと思っていたところ、



Sabrina


「私がホストマムやりましょう!」



Sabrinaおかあさん・・・・。




そう。Annaが連絡なしに遅く帰ってきた日に、


ママっぷりを発揮したSabrinaママ



私が夏休みの間にSabrinaが私の寝室で寝起きして、


ホストマムをしてくれれば、


確かに助かるのではあるが。



一応来るゲストのOKをもらわなきゃいけないけれど、


予定されているゲストが、


スペインの女性とフランスの男の子だと知ったSabrina。





「フランス語・英語、問題ない。



スペイン語も大丈夫!



日本語も大丈夫!!」




そっか。全部の言語しゃべれるのよね~。



本当にすごいんだわSabrina。


しかもかなり頭も性格も顔もいい。


どこに悪いところがあるんだ、Sabrina・・・。

離婚後、


美しくなるために・・・・


と言うよりは、今まで自分にお金をかけなかったので、


いつもすっぴんな(化粧品アレルギーなんす)皮膚のケアに、


美容皮膚科に通っているのですが、


そもそも病院に縁のない私、


さらに予約の必要な病院(歯医者とか)にまったく無縁な私、


やっちまいました。




予約忘れ。




厳密に言うと、


予約してたことに予約時間の3時間前に気づきました。




とは言え、


一応ホストマム。


毎日の皆の晩御飯の用意くらいはばっちりこなしたいところ。





予約時間の3時間前に気づいた=晩御飯の用意してない





やばすぎる。





じゃ、買って行けばいいじゃないか、


と思っても、


一応解凍したブラックタイガー・・・・


えびフライ用。



帰ってから料理しては、


晩御飯が8時になっちゃう。(いつもは7時。)



でもまあ、SabrinaもAnnaも日本に来るまでは8時ぐらいにご飯食べてたっていってたし、


Annaは台湾行ってていないし、


しかし疲れたなぁ・・・・今から料理しなきゃ・・・。



と思いながら帰った我が家。



時すでに7時近く。



ドアを開けると、











ん?トマトソースの香り???









ガスコンロの上に放置された、


見事に残り物野菜で作ったトマトソース・・・。




メールをチェックすると、




Brianから


「残り物でパスタソース作っといたよ。


ソーセージ残ってると思って入れたら、




レモン味のソーセージだった。




もし取った方がいいと思うなら、取っちゃって。」




最近お疲れ気味の私を見て、


料理を作ってくれたのだった。




ちょっと手を抜いて、


自己嫌悪に陥っている私を見て、




「みんな、


美紀のホームステイが大好きだよ!」




といって慰めてくれて、



「夏にかけて、


たくさんゲストが来るから、


料理とか手伝うよ~。


だって、いっつもご飯食べさせてもらったりしてるし。


いろんなゲストと会えるの楽しみじゃない!?」




って、手伝い志願してくれて、


本当にありがとう!!




ホストダッドになっておくれ。(笑)

そば好き

週末、長野まで桜を見に行ったので、


お土産に蕎麦を買って来ました。



我が家では、


Sabrinaが大の蕎麦好き。



Sabrinaのおばあちゃまはイタリアの方で、


麺っぽいものと言えばパスタだったので、


冷たい麺と言うものに全く縁がなかったSabrinaなのですが、


日本に来てから、ざる蕎麦を食べてみたところ・・・・







えっ




























いける!ラブラブ!






と大ヒットしたんだそうです。









そんなSabrinaの朝ごはんにざる蕎麦を出すと、


嬉しそうに食べてくれました。






そんなSabrina、


3月の下旬にvisaの関係で、


一度日本から出国しなければならず、


韓国旅行に行ってきたのですが、


韓国も美味しいものが盛りだくさんだと私は思うのですが、


そこは辛いもの苦手なSabrina、


曰く、



「他に食べるものがなかったから、


(↑多分辛い物を避けた結果。べーっだ!





そば食べたの~。」




「ええぇぇ?日本のぉ?」





「そう。






でも、コシがなくて



あんまり美味しくなかった。。。。」









だ、だ、だってさ、



韓国で日本の蕎麦だもの。


韓国だったら冷たい麺つながりで




是非冷麺を食べて欲しかった・・・・。




冷麺大好きホストマムは代わりに韓国に行って、


食べたかったよ~。割り箸


(↑ちなみに蕎麦よりうどん派)

愛母弁当

最近、晩御飯のドタキャンが多めなのと、


みんな思ったより食べなかったり(逆に思ったより食べたりもあるけど)、


晩御飯が残る事が多く。



その残りモノは翌日の私の弁当となるのだけど、


最近、Sabrinaがいつも置いてあるパンを昼ごはんに持っていくのを見て、


Sabrinaの分もお弁当を作ってみました。



まぁ、基本残り物で、


色気がなさすぎなので、


若干補充はして、


持って行った初日の昨日。



帰宅したSabrinaは、



大感激ラブラブ!



会社の同僚にも



「日本のお弁当ね!!」



と言われたとか。





「私のホストお母さんが作ってくれたの!!」




って自慢してくれたとか。







母(私)34歳


Sabrina27歳




・・・なんだけどね。(笑)








そんな話を聞いた2日目の今日。



気合を入れて作ってしまった・・・・。




おだてられるとすぐ木に登りますよ~。