我が家の歴代留学生の


「新しい単語を覚えた瞬間」です。




我が家にホームステイしていた


Brendanは、


今や日本語でメールをくれるほど


日本語の上達っぷりは素晴らしい。


メールの最後に必ず武錬男と漢字で書くとこも、


彼のこだわりっぷりを感じる。





彼がまだ日本に来て間もない頃、


でもすこ~し日本語を覚えた頃、


Brendanのお父さんからカードと写真が送られてきました。



Brendanのパパには最近孫(Brendanのお姉ちゃんの子)が


できたばかりで、


そりゃ~もう目に入れても痛くないラブラブっぷり。w


もちろんその孫娘の写真も満載で。







「うわ~~かわいい赤ちゃん♪」







「アカチャン?なんですか?」






「babyの事だよ。



ほら、生まれたとき赤いでしょ。



だから赤ちゃん。」






「へ~~~生まれたとき赤いから赤ちゃんなの??






かわいい☆」



そして、彼は何度も何度もかみ締めるように、




「赤ちゃん・・・・カワイイ。




この日本語が一番好き。」




と何度も繰り返しておりました。






その後、Brendanは、




「ボクは大きい赤ちゃん♪」



などの様によく使っておりました。(笑)

AD

「Kleenex」

「Kleenex(クリネックス)」


ティッシュの商品名なのですが、


アメリカでは「ティッシュペーパー」を表すとき、


Kleenexと言います。




ペプシでもコークって言っちゃうようなものかな?


(コークはコカコーラの意で、


ペプシはコーラだけど、コークではない。)




今日はそんな「Kleenex」のお話。




私は18歳の時、Oregon州におりました。


日本の大学のプログラムで、


英語と体育の単位が取れるというプログラムだったかな。


あまりアツイ思いなしに行ったけど、


(だから、留学生が熱くなくても許しちゃう。;笑)


帰る頃には、もう完璧第二の故郷。


帰国したその日、


たまたま「オレゴンより愛」っていう


ドラマがやってて、


部屋に引きこもって泣きじゃくったくらい。(←バカ)


ホント、逆ホームシック。




そんなOregonに22歳の時


卒業旅行で友達と帰ったついでに、


妹がホームステイさせていただいてたお宅が、


Oregonのお隣Washington州にあるので、


一人で友達と離れて


お邪魔させていただくことになった。




彼らは敬虔なクリスチャンで、


ベジタリアン、もちろん酒・たばこなど論外。



ベジタリアンじゃないしまだ若かった私にとっては、


「肉・魚・卵なしで、


生きていけるのだろうか??」


という未知の世界でした。(笑)


そんなおかしな不安はあっという間にふき飛ぶわけですが。



ホームステイが初体験だったのも、


これまた結構な不安で。


妹が楽しくホームステイさせてもらってたと聞いたのと、


先に電話でお話できたので、


ある程度不安は少ないといいつつも、


やっぱ緊張。ヽ(;´Д`)ノ




会ったその瞬間、


緊張もなにもなくなっちゃうんですけどね、


やっぱドキドキするもんですよ。


うちの留学生たちもお別れカードに、


「ホストファミリーどんな人だろうと思ってたけど、


ここにホームステイできてよかった!


ホントにラッキー!」


って書いてくれる子が多いんですけど、


まさにそんな感じ。


とりあえず会うまで緊張。


会ったらほっとする、みたいな。



何より、彼らのあったかい笑顔に


「あ~私、ここにホームステイしていいんだぁ。」って


あっという間に緊張がほぐれる。



そして、短いホームステイの間、


妹がホームステイしていた時の話や、


自然いっぱいの家の周りの話、


あ、そうそう。この時初めて


セスナで農薬を撒くという


実にアメリカちっくな風景に出会ったりして。


Jean(ママ)の淹れてくれたコーヒーの温かさ。


Duncan(パパ)のマイルからキロメートルへの計算の速さ。w


3人でWashingtonの自然いっぱいの道を


延々車で走りながら、おしゃべりした事。


なにより見ず知らずのこの日本人を


異物としてではなく、


かといってお客様でもなく、


絶妙な家族の距離感で接してくれた事。



それまでUSの大学では


寮で暮らしていた私には、


友達はいても家族はいなかった。


ホームステイのプログラムもあったけど、


断ったくらいに、


性格から言うと、


ホームステイより寮暮らしのほうが合う私。


だけど、この経験はなにものにも代えがたく。




大学行ってる時、


ホームステイしたかったかもって、ちょっと思った。


もちろんルームメイトや他の寮生も大事だけど。




ホストファミリーのおうちには


旅行中のプチ旅行だっただけに、


2泊とかそのくらいしか泊まらなかった。


だけど、たくさん話して、たくさん一緒に家で過ごして、


すっかりそれが気に入ってしまった私には、


別れの時、


本当に大事な人と会えなくなってしまう寂しさがあって。




彼らの町から友達たちの待つOregonのホテルに行くため、


JeanとDuncanとハグして、


Greyhound(長距離バス)に乗り、


出発を待っていると


窓から、見送るJeanとDuncanを見る度に


涙が出そうでしかたない。


でも、最後は笑って別れたい。


でも泣きそう・・・・。



バスが出発して、


彼らの姿が見えなくなっていくにつれ、


涙が出てくる。


もっとふたりを目に焼き付けたいのに、


涙でなにも見えなくなっていく。



そして彼らが完全に見えなくなった後、


声を出さないようにそっと泣いていた私に、


グループで旅行に来ていた


おじいちゃんおばあちゃんの団体が、


「どこから来たの?」


「旅行に来たの?」


「さっきのご夫婦がホストファミリーなの?」


と話しかけてくれて、


答えているうちに、


さらに涙が出てきて。




その団体のおじいちゃんが、


「ホストファミリーとお別れは、


悲しいだろうね。


だけどきっとまた会えるよ。


君が会いに来ればいい。


たくさん泣いちゃったね。


Kleenexいるかい?」




今までに聞いた「Kleenex」の中で、


一番印象的だったこの経験。




今でもクリネックスを見る度に、


あの時の見ず知らずのおじいちゃん・おばあちゃんの優しさ。


短かったけどホストファミリーとの楽しくて穏やかな生活。


人は人の事を本当に思いやれるんだなぁという再発見。



人が泣いている時、


「Kleenexいる?」


って、そっと手を差し伸べられる人間になりたいな。


JeanとDuncanのようなホストファミリーになりたいな。


そんな事を思ったきっかけのひとつ。

自分のblogのテーマを1個追加してみました。


「新しい単語を覚えた瞬間」。




我が家にはたくさんの留学生が来ます。


そのうちの日本語学習者にとっての


日本語の新しい単語・言葉。


それと、実に中途半端ではありますが、


私自身、アメリカとオーストラリアに留学とかホームステイに


言っていた経験があります。


後は私がホストファミリーしながら知った言葉とか。


そんなのを書いてみようかと思ってます。




今日は「感動した」って単語です。。。


我が家の2人目の留学生Seanは


日本語学校で勉強していました。



マンガとB'zが好きな彼は、


我が家の中では日本語レベルが高いほうで、


日常会話もぼちぼち日本語でできるレベルでした。


私のマイミクにも入ってます。w


今や日本語をほぼ問題なく話せるレベルになった彼ですが、


当時は日本語学校のレベル分けテストで、


レベル1でした。




ある日帰宅すると、


「感動した、なんだ?」


と聞く。


「I was moved.だよ。」


「そっか!」


「どうしたの?」


「今日ガッコで先生に言われた!」


「そっか。好



その時は、どうやって「感動した」という言葉を


言われたか、聞かなかったけど、


まあ、彼の事だから、


日本語が上手で感動されたのかな、なんて思ってました。




その日、学校のカウンセラーさんから、


「とてもいい話があったので、


是非シェアしたくて、emailしました。」


と、メールが来て・・・・。









学期が始まってすぐのころ

同じクラスのアメリカの女子学生が

あまりにもクラスについていけずに授業後、

先生と相談したいと半分泣き顔で

事務局にやって来ました。

ショーンも一緒にいて

「僕もクラスが難しいので相談したい」というので

私は心の中で「彼は日本語できるほうなのにおかしいなあ」

と思いながらも二人を先生の所に連れて行きました。

それぞれ話しをする先生を決め、

一緒にいた女子学生がその場を離れると

ショーンは

「彼女1人だけわからないと思っちゃうと

可哀相だから自分もわからないふりをしただけ

だから先生と相談しなくて大丈夫」と言ったのです。

私はそんな彼の思いやりのある行動に感動し、

ショーンがとても愛しく(!)思えました。





彼にとって、「感動した」という単語を

覚えるきっかけとなった、エピソードでした。

わたしもちょっと感動した。

今、ゲストハウスにすんでいるAdriano。


スペインのバレンシアから来てる。





来日早々、


多分旅行代理店が適当なんだろうと思ってたんだけど、


学校の初登校日を知らず・・・・。






日本語学校といえば、


不登校になっちゃって、


毎朝メールで起こして、

(就業時間だったのでメール)


なんとか学校に行かせようと、


努力した子が今までにひとりいたため、


「学校には遅刻せず行かせなきゃ!」


「学校のスケジュール把握しなきゃ!」


と勝手なプレッシャーに押しつぶされる私。






もうどっきどき。


本人に聞いても、


「よくわからないけど~・・・・・。」と言うので、


来た当初から学校のスケジュールを学校に確認しつづけた。




このGWの予定も、




「よくわかんないけど、


彼らがBBQに行きたいって。」




って、




よくわかるように確認しようよ。ヽ(;´Д`)ノ


特に学校行事は!!




ってことが多々あり・・・。






そして、今なぜか、


ホームステイやらゲストハウスの問い合わせで、


スペインから何件か問い合わせが来てて、


その中でスペイン人の若者が、


「MSNでチャットしてもいい?」と言うので、


時々話すんだけど、


「設備について教えて欲しい。」


と言うので、


思いつくもの全部並べると、


「Nintendo Wiiは??


あるんだよね?Websiteに書いてあったよね?」


って、


このBlogで施設チェック済みなら、


聞く必要はないのでは?_| ̄|○




いずれの子も


決して悪い子ではないんだけど、


むしろいい子なんだけど、


ぽか~~ん( ゜д゜)系キャラ。


そして、結構受け身系。(笑)






ああ、これがスペイン人の傾向なら、


スペインでビジネスしたら


大変そうだ・・・。


多分1日で帰ってくるよ。_| ̄|○

Adrianoのお母さんと、


おじいちゃんだかおばあちゃんのお友達という


日本人のおじさんに、




Adrianoは私のそばにいたくないのに、


お金を私が返さないから、


ムリしてここに住んでいるんだ




と、誤解されていた私。




「お金は問題なく返金するから、


という説明義務があなたにはあるでしょう!」


とオジサンに怒られ・・・


かなり凹んだ。


ただでさえ他の問題で頭が痛いのに。





電話がかかってきては、


一方的に切られちゃう・・・てな


悲しい出来事が3回もあり、


Adrianoに日本人のおじさんに電話してもらって、




「違うの。ボクが、いたいからいるの。」




と、言ったのか言わないのか、



まあ、言ったんだろうなぁ。



スペイン語わからんけど。



で、おじさんの誤解が解けたのが



1週間ほど前。




でも、お母さんとは話す機会もなく、




ああ。自分でこの誤解を解きたいんだけど・・・。


Adrianoはどうしてお母さんのメールアドレスを


教えてくれないのかしら。ヽ(;´Д`)ノ




と思っていた昨今。




今朝起きたら、


Adrianoのお母さんから、


謝罪のメール。





よかった誤解が解けたみたい。ヽ(;´Д`)ノ





今回、さすがに学校にも相談して、


日本人のおじさんへの説明やらなんやら、


代行してもらった。


ありがとうございます。

ダブルブッキング・・・

テーマ:

ホームステイを受け入れている我が家。



最初は団体・学校を通して紹介してもらう事が


ほとんどだったんだけど、


これが複数になると、


それぞれの団体・学校のルールが


ごっちゃ混ぜになって、アタマが爆発



で、インターネットで募集しちゃえば、


家庭のルールだけですむから、


ルール面では楽チン。



というわけで、主にネットで予約を受け入れる


今のスタイルに落ち着いたわけで。


サブで団体・学校から受け入れちゃえばいいや、と。




で、先頭記事のように募集しているわけです。




で、ほとんどのステイする人は、


来る前にチャットしたり、メールのやり取りしたりと、


何回も頭の中で予約再認識できるのですが、


今回、やっちまいました。(汗)



ダブルブッキング・・・・。


ヽ(;´Д`)ノ



予約帳にも名前がなかった・・・・。




謝り倒しました。


ごめんね。オージー・・・。


今度来る時は絶対ダブルブッキングしないからね・・・。

Bonjour. Ca va?

テーマ:

知る人ぞ知る、


私、言語能力全くなし。



東京に住み続けて早15年超。


いまだ、おかしな発音をしては、





「ごめんなさい。もう一度お願いします。」





と電話で聞かれることもしばしば。






数字の発音さえアヤシイので、


電話番号の案内やFAX番号の案内が



きびち~~。




そんな私なので、


もちろん外国語の発音は超適当だ☆


超適当で渡り歩いてきたのも相当キケンだ☆




英語はちょっとでいいから話せないと、


旅行やらなんやら不便があるゆえ、


ちょっとは頑張ってみたものの、




他言語はまったくもってムリなのだ。(笑)





日本人だから、


スペルとか覚えるのは得意なんだけどね。




で、



我が家にホームステイする人たちがここの所、


ヨーロッパ方面で埋め尽くされ、


ヨーロッパ言語にやや洗脳されつつある、


ここ2年ほど。




オランダ語の「Ik hou van ・・・.」(~を愛してる)


イタリア語の「Ciao!」(やあ?的な?)


ああ・・・イタリア語については下ネタも満載だった・・・。(汗)


フランス語の「Ca va?」(元気?)


デンマーク語の「Skal!」(乾杯)



現在、別宅にいるスペインのAdrianoの、


スペイン語を一個も覚えてない・・・。(笑)




などなど、


中途半端なフレーズを覚えつつあり。




一度、年始にゲストハウスの内見に来た、


フランスの人(二人連れ)が、


冷蔵庫を見ながら、



「☆×○・・・?」

(たぶん「どうよ、この冷蔵庫?」的な?;笑)


「Ca va! Ca va!」

(「あ~いいね~。」みたいな?;笑)



の言い方がかわいかったので、


その後、フランス人のPascalにメールするとき、



「Bonjour. Ca va?」



で始めてみたら、


次、Skypeしたとき、




「美紀~。



フランス語の勉強はどうですか~~~??」





勉強してないです。



冗談だけです。_| ̄|○




「一緒にフランス語やりましょう♪」





いや、君は私の言語センスのなさを



全くわかってないと思う。

Do you have a HONDA?

テーマ:

すごく好きだったCMがある。



こどもたちがバイクレースするHONDAのCM。



そのBGMが THE HIGH-LOWS


(元ブルーハーツの甲本ヒロトのね。ナツカシ~。)


の「日曜日よりの使者」だった。




こどもバイクレースのCMがyoutubeにない・・・。


でもシリーズもので。


http://www.youtube.com/watch?v=PvwFOthpcPo


http://www.youtube.com/watch?v=TuiW4H765LM





この歌をサイトで検索してたら、


嘘かホントかわかんないけど、


ブルーハーツ解散後、


日曜日に自殺をはかったんだけど、


ダウンダウン(の”ガキ”だろうね、日曜だし。)の


まっちゃんを見て、


笑っちゃって、



「なんだ、オレ、まだ笑えるじゃない。」



って、自殺をやめたそうな。





私は自殺は考えてなかったけど、


このところ落ち込む時は、


これを聞きながら、TOMOS(HONDAじゃないし!;笑)で


通勤してました。



なかなかいい歌詞だと思う。


日曜日よりの使者になれるかな。(笑)



http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/9873/Y020692

古今東西;鼻のかみ方

テーマ:

今日はちょっとキタナイ話に


聞こえるかも。


潔癖症の人は読まないでね。






うちのご近所の中国から着てるご家族の


お父さんは、


鼻をかむ時、道路でティッシュを使わず、


片方の鼻の穴を指で閉じて、





ふんっ





と華麗にかまれるらしい。





ちなみにそれを見た人は、




「ほんと、



”すぽっ”ときれいに飛ぶんだよ。」




と、ちょっと感動・・・?









環境問題が騒がれる昨今、


ティッシュ1枚もムダにしない、


その精神に、


LOHASを感じる・・・・。







けど、聞いた時びっくりした。


そして、爆笑しちゃった。(笑)








で、歴代ホームステイした人々で、


モナコ(女性)とフランス(男性)の人が、


食事中でも、ポケットからティッシュを出し、


鼻をかみ、


そのティッシュをポケットに戻すのは衝撃だった。(笑)


そして、どうもそれを何回か使ってるトコにも


更なるオドロキ。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ





日本では、


なんか昔は人前で鼻をかむ人なんて、


オッサンくらいしかいなかった気がするけど、


最近は割と友達同士とかの前なら、


気兼ねなくかんでるようで、


女子高(女子高だからか?)に留学してて、


うちにホームステイしてた子に、



「あれ、ヘンだよ!」



と指摘された。(笑)





うちは結構いろんな国の子が来るけど、


大体みんなトイレとか自室でかんでるのか、


一人のときかんでるのか、


前述の2人以外はあまり気にもならず。


いや、目の前でかんでるけど、


食事中じゃないから、


気が付かなかっただけかも。(笑)




それぞれのお国で、


どんな鼻のかみ方が華麗なのか、


ちょっと気になりました。

失敗したなぁと思うコト

テーマ:

うちにホームステイに来る人が


我が家を知る方法として、



1.ホームステイサイトで見つける


2.日本語学校や団体を通じて紹介される


3.直接このブログを見つけてくれる



と言うのが主なようで。





で、3の場合、


一番上の記事を読んでくれて、


メールをくれるわけなのですが・・・。




一応記事にうちらの名前は書いてあるものの、


結構いい確率で、「ahoahofamilyさま」って


メールが来ます。(笑)


ま、そりゃそ~だ!


このブログでの名前がそうなんだから!




もっとマシな名前にしておけばよかったな、


と最近本気で思っております。_| ̄|○




変えられない・・・・・よね?