2017年07月31日(月) 12時01分01秒

あの本に逢いたい秘話。

テーマ:○○秘話。

ども。あほせぶん@自分がおそらく小学校の3.4年生の頃  

大好きな本があったんだ。
 
 
それは図書館か学校の図書室にあった。
借りものだから返す訳だが  読みたくなってまた借りてきてしまう
そんな事を繰り返していたので、幾度も読み直していた。
 
もう一度あの本を読みたい
30年以上経った今  強く思った。
 
 
 
この気持ちを弟パヨリンに話したところ、彼もその本の事を覚えていた。
 
二人の記憶の中にあるキーワードを整理の上
本検索サイトからチャレンジするも ピーンとくるものが見つからない。
本のタイトルも作者も覚えてない、というのは致命的だった。

そもそも 30年以上前に読んだ児童書だ。
既に廃版になっているかもしれない。
 
 
 
パヨリンと私の記憶から出てきたデータは、以下の通り。
 
 
・小学生向け児童書   
・表紙はオレンジ色
・主役は 新聞社を営むアライグマ
・ライバル社に勝つため、事件を捏造した「あしたの新聞」を発行する
・するとライバル社も対抗して「あさっての新聞」を発行する 
・争いが過熱したところで捏造現場をカメに見つかり、不正を暴かれる
・アライグマは、カメの経営する「おとといの新聞」で
   従業員として再スタートする    という結末
 
 
うーーーん…  ここまで詳細に記憶があるのになぁ(-_-;)
 
「アライグマ」「新聞社」「あしたの新聞」「児童書」 
重要と思われる4つのキーワードで検索しても
らしきものはひっかかってこない・・・・
 
 
そもそも何でこんなに記憶に残っているのかというと
主役がアライグマだったからだ。
当時姉弟で取り合いになる程気に入っていたアライグマのぬいぐるみ
その子を主役に仕立てて 私も「あしたの新聞」を書いていたのだ。
文章を書くのが割と得意なのも、
もしかしたらそのせいなのかもしれない。
つまり、その児童書が私に与えた影響は小さくなかったわけ。
 
 
 
ラチュオ。
アライグマのラチュオくん。
今も実家で健在(毛玉だらけ)
 
 
試しに「アライグマ」のキーワードだけで児童書検索してみたところ、
何十ページも出てきてビビる。
めげずに最後のページまでくまなく見たが、それらしき作品はなかった。
(ラスカルばかり出てきてイラっときた)
 
ここまで手を尽くしても手がかりがないということは、
もう諦めるしかないのか…
 
この切なくて歯痒い気持ちを、相方に話したんだな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相方はものの10分で発見したんだな。
*゜Д゜)*゜д゜)*゜Д゜)エエェェ
 
 
 
 
ええ、ありがたいの一言です。
すっかり迷宮入りかと思っていた謎を速攻解決してくれて。
古い本なのでやはり既に廃版のようですが
タイトルがわかったので市内の図書館検索で調べたところ  
一件だけ該当あり!
早速グッスリンを図書館へ派遣した!  ←報酬・缶コーヒー
 
やった、30年ぶりに読めるぅぅぅゔ
_|\○_ ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!!
 
かくして私とパヨリンは、その本との再会に成功したのである。
゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
 
 
 
 
で、だ。
 
 
私は何故 あれだけ手を尽くしても
発見できなかったのか。
 
それはまさに「思い込み」が生んだ迷宮であった。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
{B32D47EC-BAC0-40D3-90C9-B1A85E746159}
アライグマじゃなくて
タヌキだったなんて
ε----===三三三   \__○ノガックリトォォォ
 
 
 
↓アライグマと信じて疑わなかった姉弟(ノД`)ぽちっとな


海苔文字弁当.com も よろしくね☆


ついったーフォロー歓迎☆  @ahoseven
follow me

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

あほせぶんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「○○秘話。」 の記事

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。