今、愛に行くからね

テーマ:
所詮千尋の今!愛に行きます!

という、タイトルで全国単独コスプレパフォーマンスイベントを今年2月から行っている。

仙台、名古屋、大阪、京都、札幌、福岡、東京、仙台(凱旋公演)

を、年内に巡る予定で、京都まで無事終了。
もう折り返し地点だ。早い、あっという間。

私が、このツアーをやるきっかけ...

コスプレパフォーマンスを初めて早2年。
些細な理由で気軽に始めたものの、コスプレという、キャラクターの皮を被り、喋らずとも動き仕草、所作などで、細やかに表現の魅力にどっぷりと浸かってしまい、まるでキャラクターに取り憑かれたかのように、月に1キャラがベースで演じ続けたりしていた。

振り返れば、なぜ、こんなに(笑)と思う。

このキャラにはこの歌詞の歌や振付似合うだろうなー。こんな寸劇いれてみたーい、面白そう。単に自己満足が大半を占めていたんだが、動画を通し、私の表現する動画作品にたくさんの思いを馳せて、応援してくれる人達が増えてきたんです。

少しずつ、少しずつ

動画越しだけではなく

時には直接ライブにも来てくれて

とても嬉しいです。
動画は手軽に今やどこでも見る事ができて、SNSを通して繋がることも手軽になってきました。些細なきっかけでコスプレパフォーマンスはじめたけど、こうして応援してくれる人も増えて『やったー!』また他のキャラをやったら演じ分けの発見や、応援してくれる人にも喜んでもらえるかもしれない。

一石二鳥

続ける理由は、主にこのふたつ。

そして
2016年11月26日、自分の誕生日。
初めて生誕祭ライブというものをやってみよう!と踏み切った。コスプレは......なし。

正直、不安もありました。

それはまず集客面。
人前でやる事、チャレンジして行くこと、自分が組み立てたプランを遂行するのもそうですが、やるからには、出来るだけ生で見てほしい。たくさんのお客さんを呼んで私を見てほしい、という気持ち。

でも応援してくれる人が増えたのは、コスプレパフォーマンスをする私を見てのこと。コスプレをしないでのパフォーマンスは経験上、集客が減るんです。当然です。作品の人気を借りる事が出来ないから。どれだけ今の状況がコスプレする作品に助けられているか...まざまざと突きつけられるんだろう、と思っていました。

でも、それを恐れていては、変わるものも変わらない。やってもいないのに、決めつけない、それが私の中の長年のルール。

結果、生誕祭は合計60名を超える方々に見て頂けました。誕生日当日という、特別な日だからこそ、かも、しれません。でも、純粋に嬉しかった。コスプレしていない、ありのままの私をみんな笑顔で迎えてくれて、たくさんたくさん練習して来たのに、楽しくなっちゃって歌詞も吹っ飛んで、騒いだり、動画越しでは決して味わえない、目の前のみんなとのコールアンドレスポンスに感動しないわけがありませんでした。

たくさんの手紙、プレゼント。お花、サプライズプレゼントの数々。そして遠路遥々、上は北海道、下は九州からたくさんの方々がこの記念日に会いに来てくれました。

あ、知り合ったきっかけはコスプレパフォーマンスだけど、今、ありのまま自分を愛して貰えてるんだ。なんて。

コスプレパフォーマンスをしていないと、自分になにかキャラクターか張り付いていないと、みんな離れていちゃうかもしれない、それが怖かった。

直接対面し会うということ。
自分の肉声と体温を伝える事が出来ること。

この便利な世の中『会う』という尊さに気づけなくなってきているのでは?と思う時がある。

会う...幼い頃、近所の友達と遊ぶ事、思春期に学校に行けばクラスメイトや部活のメンバーと会える事、成人して仕事で会う気の合う仲間など、環境が整えば『会う』なんていとも簡単にできる。

でも会いたいのに会えないのって辛い。
私は遠距離にいる、友人・恋人・家族がいた経験があります。


会いたいのに会えないんです。


Skypeで何時間一緒に過ごしても足りない。
良かれとビデオ通話にしても直接は会えないもどかしさに更に悲しくなる。

寂しい、悲しい、そんな感情なぜ、あるんだ
と、思った事もありました。なんでこんなに辛い思いして泣かなきゃ行けないんだと。

遠距離をどうにか縮めれば物理的会える。
会いに行こう、と会いに行く時もあった。会える時もある、でも、それでも会えない時もあった。

タイミングである。

お互い会いたくてもタイミングが合わなければ、会えない。直接会うということは、交通費がかかる、時間もかかる、諸々雑費もかかる、コストがかかるんです。

その条件が全て揃った時に会うことが出来る。

でもそれはみんながみんなできる訳ではない。だから会えない時も必ず出てくる。


私は動画を投稿したことで、応援してくれる人が増えたパターンの人間です。ネット環境がなければ、動画を投稿しなければ、今のこの現実はなかったことです。全国...言い過ぎれば世界でも見られる動画。少なくとも、日本という母国で、こうやってなんとか都合をつけて活動拠点の東京でのイベントに足を運んでくれる、みんなの事を思ったんです。

会いに来てもらったんだから
今度は私からみんなに会いに行こうって

会えない理由
未成年・学生・受験生・仕事・主婦・子育てなどなど、それらにプラスして東京は遠い。

なんでもかんでも東京基準になってしまうのは、どこか違う。

遠いなら、その距離は縮めればいいこと。
なるべく近くまで行くから、よかったら会いに来てほしい。

そんな気持ちで、コスプレパフォーマンスを初めて2年目の2017年、このツアーを行うことを決心しました。

でも不安もあります。初めての単独ツアー
人が集まらなかったらどうしよう、というもの。

距離を縮めても、他のタイミングが合わなければ、会うことは出来ない、でもそこを考えすぎてもきりがない。

また私の長年のルールがやってきて、とりあえずやってみよう!失敗を恐れるなとツアーをはじめました。

第1回目、2月、仙台。
ボロボロの衣装や防具を新調しました。この新調する事にと様々なドラマがありました。この活動を経て繋がった方々のサポートなくして完成はしなかった。期待されていました、でもその期待に応えられるか、不安でした。でも自意識過剰なくらい思いっきりやってこよう!と。役者は衣装・小道具・小道具・照明・音響が整うと途端に華がやって来ることがあります。より表現の魅力が増すと言いますか...。私の代表されるキャラクターは生まれ変わりました。初めてのツアーということもあり、段取りも悪く、やりたかったことが出来なかったことも多かった。


第2回目、4月、名古屋
動画投稿2周年の月、ゲストを迎えての遠征。リクエストの多い代表キャラクターも連れて、コラボでのパフォーマンスをお見せすることにより、よりキャラクターを強調させる事にする。ゲスト様のお力添えもあり、仙台で出来なかったことがスムーズに出来たりとても感謝。距離が近いからこその、みんなとの接し方もなんとなく分かってきたような気がしました。

第3回目、5月、大阪
関西2日間連続公演のチャレンジ。この日はいつも1日2キャラだった所を、1キャラのみにしてみる。またゲスト様をお招きし、時間にもパフォーマンスにも余裕がみられるようになる。集客も安定してきて、会場選びにも気を使わないといけない。

第4回目、翌日、京都
ツアーに慣れてきた頃。私もゲストも1日2キャラの挑戦。お客さんも最多。予定よりも時間が大いにずれる。キャラクターの演じ分けの差も大きく出るため、自分自身のやりがいに比例し、お客さんにもそれは伝わったのではないかなと体感。自分ひとりやゲスト様のお力添えあってもまかなえない程の盛況でした。


ここまで。
ツアーの半分はもう終わりました。


早い。


あと半分あると言っても
とても早く感じる。

ここぞとSNSの力を借りて宣伝し、残りもなんとか成功を納めたい所存です。

頂くお手紙、差し入れ、イラスト、手作りのお品物など、毎回有難く頂戴し、全て仏間でご先祖さまにお見しております。

なるべく、この今いる自分の状況と遠方で応援して下さる、みなさんのタイミングが合う限り、会いに行けたらと思っています。

いつか...いつか...
コスプレはやめると思います

コスプレをして2次元のキャラクターの力を沢山借りる感覚からいつかは脱却すると思うのです

でも、役者は辞めたくないのです
過去の旅公演で全国を巡った時、強く強く誓った事です


単純に好きなんです、表現することが

コスプレパフォーマンスはひとつの通過点


でも通過点とは言え、無下にするつもりは微塵もありません。たくさんの発見と出会いと感謝を数え切れないほど、身に余るほど、幸せすぎて明日にも死ぬのではないかなと、思うほど、私は今...恵まれています。

好きという感情は無限大の可能性がありますね
誰かを思う気持ち、物を思う気持ち、キャラクターを思う気持ち...好きだからもっと、こうしたい、という欲も尽きない。なるべく長く長く好きは続いてほしい。飽きるくらいに続いてほしい。自分の一部になる程に。


表現する事が好きな自分

そんな素の自分でも応援してくれる人が増えたなら、また新たな事に挑戦し続けりると思うんです

いつ病気や事故が起こるかもわからない
いつ応援してくれる人も増えたり減ったりするかもわからない

今が大事です。

未来はまだ分からないけど
今は見えるから大事です。

次に繋がる今を大事に大事に。

みんなになるべく会って、楽しんでもらいたい、驚かせたい、ときめいてもらいたい、笑顔をたくさん引き出したい、直接肌で、目で、耳で、感覚で味わって欲しい。




平たく言えば他人である。

でもいいじゃないか、そんな他人を全力で好きになりたい。

今は今しかない。先にはない。
同じ時間は、作れない。

みんなが私を見てくれている分
私もみんなを見ています

あの時くれた、プレゼント
応援するために作った小物類
熱い思いの詰まった、手紙

なるべく名前も顔も覚えたい
1発で覚えるのは難しいかも、しれないけど(笑)

最近どうよ?(笑)

なんて、言えるくらい、そばにいたいよ。


好きはいつまで続くのか...。
終わりはまだ決めていない...。

噛み締めて刻み込んで
自分の糧にしていく

後悔はなるべくしたくない
でも後悔を恐れたくない

幸福な今を最高のまま維持できたなら...






......。





ああ、言葉に出来ないや。






ありきたりだけど、使い慣れているかもしれないけど、ただひたすらに、ただただ、純粋に真っ直ぐに...


みんなに出会えて本当によかった

私を活かしてくれてありがとう

できたら、また一緒に楽しもうね

もっと声を聞かせてほしい

もっと傍に来て欲しい

もっと愛して欲しい





好きなんだなー
私もみんなの事が...




だから、会いに行くよ
好きだから、会いたい


『いつも、ありがとう』
...を直接、伝えに行きたい。





全国ツアー、残り半分も、楽しみにしててね。
AD