臓器提供の意思表示の機会を広げるため、警察庁は3日、運転免許証の裏面に意思表示欄を設けることを決めた。本人の意思表示と署名が記され、家族の承諾が得られれば、臓器提供が認められる。

 改正臓器移植法施行に伴う措置。厚生労働省によると、健康保険証の裏面にも同様の欄が作られる。

 選択式で提供したくない臓器を選ぶことができ、臓器提供そのものを希望しない意思を表示することも可能。特記欄に「家族優先」などと条件を書き込むこともできる。

 これまでも社団法人「日本臓器移植ネットワーク」が発行するシールを免許証の裏面に張れば意思表示はできたが、幅広く機会を提供するため様式を見直した。

 意思表示欄は、同法が施行される7月17日以降に更新する免許証に設けられる。

厚労省幹部「これでは国民の支持得られない」(産経新聞)
<口蹄疫>風評被害ズシリ 業者「宮崎産 返品の山」 感染区域外でも(毎日新聞)
辞任でも移設拒否変わらず=訪問先の札幌で名護市長(時事通信)
辞任会見開催に首相「私が決めることでない」 出邸は15分遅刻(産経新聞)
障害者自立支援法の一部廃止などを要望―全腎協(医療介護CBニュース)
AD