会社の預金から300万円を着服したとして、警視庁本富士署が業務上横領容疑で、冷蔵冷凍機器製造会社「日本フリーザー」(東京都文京区)の元取締役総務部長佐藤松男容疑者(68)=埼玉県草加市谷塚町=を逮捕していたことが8日、同署への取材で分かった。
 同署によると、容疑を認め「遊興費や前の会社での使い込みの返済に使った」と供述。2004年5月から約2年間で二十数回にわたり、約7000万円を着服したとみられる。
 逮捕容疑は04年5月下旬、同区内の銀行窓口で、同社の預金口座から1500万円を別口座に移す際、このうち300万円を自分の口座に入金し着服した疑い。 

【関連ニュース】
JA課長補佐が2900万円着服=掛け金ごまかし「馬券に使った」
市職員、PCを無断購入・転売=「100台分横領、競馬などに」
元町長不起訴は不当=旧美里町・裏金問題
元投資顧問の大島被告に実刑=神奈川歯科大の詐欺事件
捕鯨船員は「不起訴相当」=鯨肉持ち帰り、検察審が議決

普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)
神奈川県議が首相らに申し入れ=「政治とカネ」で説明責任を(時事通信)
70代夫婦が綴る 心豊かな食卓風景 岡西克明さん・松子さんブログ(産経新聞)
酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
介護が政治に望むこと(6)「介護福祉士からキャリアアップできる専門資格を創出し、人材確保を」―介護福祉士会・石橋真二会長(医療介護CBニュース)
AD