旅立ちの日に

テーマ:

{2DEE21A1-78D3-4135-9D2B-760147845A31}

今日の仙台は晴れ。
高校、中学校に続き、今日は多くの小学校で卒業式みたいです(^。^)。

ご卒業おめでとうございます(^_−)−☆

息子の卒業式は、小学校も中学校も、この曲を合唱していました。




平成25年4月、私が入院した頃、すなわち、喉や肩など全身腫瘍だらけだけど病名未確定で「とりあえず、窒息しないように」喉の気管を切開した頃(^_^;)、私の頭の中は、ひと月前、息子の小学校の卒業式で聴いたこの曲が、ぐるぐる回っていました(^_^;)。

当時は、もう、あかんかなあ…と思っていましたが。

なんだかんだ言いながらも、死ぬ死ぬ詐欺を続けながら、もう4年になるんですね(^_^;)。

今、大変な時を過ごしている方もいらっしゃるかと思いますが。

こんなヒトもいますので、希望を捨てずに、みんなで死ぬ死ぬ詐欺を頑張りましょうねっ!

ちなみに、今日は、異動内示があるみたいですが、私はまだ1年目なので、とりあえず、のほほんとしております。4月からどんなメンバーになるのかな(^_^;)。
AD

厚生労働省のホームページより。

{DD858BB5-E9D0-42DE-B889-2FFAFFB7C62E}

{9F36ADBE-6F68-414E-9293-C2F57056E7BB}

{1CCF0257-AE24-48C6-8B10-B5353BD2A9F9}

なんだか詳細はよく分からんのだが、厚生労働省のホームページに、見慣れたお薬のお名前が。4,573件の副作用症例の報告遅延とな。

ひとごとかと思ったら、その薬、ワタシ使うんですけど(笑)。

レブラミドはずっと使ってたし。再発したらポマリストの出番かも知れないし、レナデックスも大切な相棒。

原因が特定できない海外の死亡事例…って言われるとやっぱり気になるなあ。

いずれにせよ、製薬会社には、情報を(とりわけ副作用情報は)、きちんと報告して欲しいよなあ。

おぢさん的には、裏に何かあったのでは?と勘ぐっちゃうぢゃないか(^_^;)。
AD

外来の結果。

テーマ:
一昨日は、二ヶ月に一度の血液科外来。結果はこのとおり。どうやら、再発することなく、新年度を迎えることになりそうです。多発性骨髄腫と分かって、かれこれ四年になります。

{10044160-0740-43B4-B2AD-61BAD437E5CA}

2013年
3月:病的骨折
4月:腫瘍生検・気管切開
5月:多発性骨髄腫(igD)確定・ベルケイド・レナデックス→PAD療法による寛解導入療法
9月:造血幹細胞採取・自家移植
10月:生着・退院
12月:職場復帰

2014年
1月〜7月:レブラミド・レナデックス維持療法
8月〜12月:血小板減少等の副作用のため休薬

2015年
1月〜7月:レブラミド・レナデックス維持療法
8月〜11月:血小板減少の副作用のため休薬
11月:レブラミド・レナデックス維持療法再開

2016年
4月:レブラミド・レナデックス維持療法をいったん終了。今に至る。

というわけで、多発性骨髄腫のなかでも、予後が悪いといわれたigD型の割に、今のところは平穏無事に過ごしています。

こうして四年を過ごしてきましたが、その間、新薬も続々と登場しました。

はじめは単純に嬉しかったんだけど。
前評判(海外)では効果がとてもあり、副作用が少ないとの情報ばかりだったのに、実際、日本で使ってみると、あまり奏功しなかったり、副作用が酷かったりと、話が違うやん…ということも多かったりする。

これらの問題も、日本での使用例が増えれば、使い方、量、その他使用上のコツが分かってきて、使いこなせるようになり、解決されるもの…と期待しては…いるんだけどね。

私は完治まで望んでいるわけではない。
ただ、それなりに奏功して、副作用が軽く、長く続けられる薬がふたつみっつあればなあ…と思ったりはする。それだけで、十分なんだけどな。

東日本大震災から6年。
14:46  たまたま行った蔦屋書店泉店にて、家族揃って黙祷しておりました。
思うことはたくさんありますが、うまくまとめられないので、今日は、受診結果のみご報告させていただきました。









AD