農業ビジネス参入コーディネート
18日、26日に那須おんせん朝市で販売予定。(元の足湯駐車場)
http://www.nasuclub.co.jp/nasu-asaichi/


しかし、4月の低温被害に逢い収量が激減していてとても苦しんでいます。


残った梨の品質は上記の通り間違いありません。
本日にもまだ青い梨を私に試食に持ってきて頂き食べましたが、青いにも係らずとても甘い。熟した梨がこの後どのように甘くなるか楽しみです。


特に、この生産者は有機肥料にこだわっているため格別です。
また、お客さんとの会話がとても好きですので脱線してしまうことも。


この機会を逃すと後悔すると思います。

AD

コシヒカリ生産量日本一の那須野農協。ダントツの100万俵。


煎餅の原料は一般的に食用に向かない「屑米」が使われています。

外国産米が多いのも事実です。外国で煎餅を生産したり、米粉を輸入して製造しています。


那須おんせん朝市に出店する農家は、

丹精込めて生産し食用のコシヒカリを煎餅業者に委託して煎餅を生産しています。

この機会を逃さず、本物との違いを確かめてください。


http://www.nasuclub.co.jp/nasu-asaichi/


那須おんせん朝市フェイスブックページ・・・シェアのお願い
https://www.facebook.com/nasuonsenasaichi

AD

農業ビジネス参入コーディネート

水曜日の午後に那須おんせん朝市の会場を案内しながら取材を受けました。

若くてカワイイ女性の記者でしたが、さすがプロの記事です。

... 4日にも那須おんせん朝市会場に取材にお越しくださるとのことで

那須の夏の美味しいものをタップリ食べてビックリ頂きたいと思います。


那須おんせん朝市フェイスブックページ・・・シェアのお願い
https://www.facebook.com/nasuonsenasaichi
AD


農業ビジネス参入コーディネート
那須高原を中心に、和牛繁殖農家の産地です。


母牛を飼育しその子供を11カ月程度飼育しせりで肥育農家に売ります。


肥育農家は約2年肥育させて主に東京の市場に出荷します。


那須は水稲のワラ及び牧草や牛用のトウモロコシの生育に適していることもあり、生産者自らが栽培し牛に食べさせているので美味しい肉質になります。


私の父も飼育していて、品評会に入賞した賞状を額に入れて玄関に飾っていました。現在は飼育していませんが、近くの和牛農家に稲刈り後の稲ワラを提供し、その見返りに堆肥を水田に散布してもらっています。


那須おんせん朝市では、


那須町の肥育農家の出荷した和牛を特別に取り寄せました。


手頃な価格で味わって頂くため肉を串焼きにして販売します。


とろける脂身は絶品ですが、生産者の熱意の赤身を堪能できます。


http://www.nasuclub.co.jp/nasu-asaichi/



農業ビジネス参入コーディネート

那須高原もその一翼を担っています。


那須おんせん朝市では、りんどう湖ファミリー牧場と那須高原今牧場が出品いたします。


今牧場チーズ工房ではヤギのチーズも人気です。臭みが少なく食べやすいのが理由のようです。


●りんどう湖ファミリー牧場のジャージー牛アイスキャンデー


●(有)那須高原今牧場チーズ工房
(ホームページより)


朝一番に搾乳室に入ってくる、元気な牛のフレッシュミルクで作ったチーズ。


チーズでありながら、新鮮なミルクの甘さがしっかりと伝わってきます。


そのフレッシュさは、今牧場のミルクの甘さが伝わり、乳質の良ささえ感じられます。

http://www.nasuclub.co.jp/nasu-asaichi/


那須おんせん朝市フェイスブックページ・・・シェアのお願い
https://www.facebook.com/nasuonsenasaichi


農業ビジネス参入コーディネート

昔は那須のあちこちで栽培し出荷もしていたようです。米と同様に一袋は一俵で取引されていたようです。


現在は、機械化の進んだ北海道や海外に栽培が移ってしまったようで寂しいです。


そんな中、那須おんせん朝市に出店くださる和菓子屋さんを紹介します。


ホームページから写真やコメントは引用させていただきました。


なかむらや志水さんといい那須町中央地区黒田原でコツコツと餡から手づくり和菓子を創作しているお店です。


 当店の和菓子は、添加物や甘味料を絶対に使用せずに素材の旨味を生かす和菓子創りを大事にしています。


最近のお勧め商品は、地元の名前を生かした!那須ブランド認定商品!那須町黒田原 郷土銘菓 だっぱら!!!


写真は、黒田原どら焼き!通称黒どら

!!
栃木県那須町の黒田原地域のイメージキャラクターである。馬のキャラクターがクロロ!女性のキャラクターがゆめな!の焼印を押した名物。


http://www.nasuclub.co.jp/nasu-asaichi/


那須おんせん朝市フェイスブックページ・・・シェアのお願い
https://www.facebook.com/nasuonsenasaichi


農業ビジネス参入コーディネート
アクが少なく柔らかいので

スライスして、サラダとしてドレッシングやマヨネーズで美味しいです。

... 少し大きめに切って、味噌汁も出汁もでて美味しいです。

普通のゴボウより栽培期間が短く、長さも30cmから40cm程度です。

タキイ種苗の「サラダむすめ」という品種がオススメです。

ちなみに、キク科に所属します。
キク科は、代表的なものに菊やヒマワリ。野菜ではレタスもキク科です。
それぞれタンポポのような花が咲きます。

那須おおんせん朝市で販売されますが、少量のため売り切れの際はご了承願います。

http://www.nasuclub.co.jp/nasu-asaichi/

那須おんせん朝市フェイスブックページ・・・シェアのお願い
https://www.facebook.com/nasuonsenasaichi
もっと見る

農業ビジネス参入コーディネート

リンドウ、バラ、キクを中心に多彩です。

写真は那須おんせん朝市出店者にお願いして持って来てもらったものです。

私は農協に就職し最初が花農家担当でした。主にリンドウ栽培農家の拡大でした。高久町長さんんもその一人でした。
...
那須には3件のバラ生産農家がいます。

那須おんせん朝市に出店するバラ農家は安価で販売予定です。

予約や宅配も当日に受け付けてます。


那須おんせん朝市フェイスブックページ・・・シェアのお願い
https://www.facebook.com/nasuonsenasaichi


農業ビジネス参入コーディネート

 


那須野が原の環境が柔らかいナスに適しているようです。

東京の大田市場ではトップの価格を占めたことも何度もありました。

栃木県のナスの出荷量も全国で有数。その中でも芳賀野に次ぐ出荷量を那須野は占めています。

... 最近、直売所を中心に「水ナス」が人気急上昇です。その中でも「美男(びなん)」がダントツの人気です。

特に浅漬けが絶品です。口に入れると解けるような食感がたまりま

市販の「なす漬の素」で半日から一晩で漬かります。

ただ、市販のものは塩分が高いので表示の2/3程度の量がオススメです。

那須おんせん朝市でも販売しますが、量が少ないので売れ切れの際はご了承願います。
せん。


農業ビジネス参入コーディネート

 


北海道に似た環境で首都圏の工場に近いため栽培されていました。

全盛期には200名以上の生産者がおり、農協の時に私も出荷に立ち会ったことがありますが、

700kgのコンテナにジャガイモを入替えて出荷。ジャガイモの山を思い出します。

最近では、いろいろな種類のジャガイモの栽培が拡大しています。

... 男爵やメークインといったものの他に、赤や紫のジャガイモもあります。

原産地のアンデスでは数千種類あると言われています。

その中で一番人気で栽培面積も多いのが「キタアカリ」です。

少し黄色がかつた断面が特徴でとても美味しいです。

ポテトサラダに多く使われています。

那須おんせん朝市にも出荷されます。

手頃な価格で常温でも日持ちしますので買いだめしておくと重宝します。